トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

緑の風の詩

押し花緑の額 明日はあしたの風が吹く

心配したって仕方がない

あしたになってみなけりゃ

わからないのだから・・・

きっと、良い風が吹くから

今日はきょうの風を楽しもう

みどりいろの風にのせて

  10月31日(水)   by 風花

| | コメント (2)

秋の風物詩

10月29日(月)   部屋いっぱいの柿     

この秋の紅葉は例年より一週間ほど遅れているようだが、里でもちらほら見かけるようになった。

知人の家に行くために通りかかった狭い道沿いで、皮をむかれて間もないような柿が見事に吊されていた。昨今は干し柿がブランド化されて、商品になるまでには大変な規定があるようで、こと衛生管理がむずかしそうだ。いずれにしても、我が家で口にするのはお正月くらいでやっぱり高級品なのである。干し柿は一つ一つ丁寧にむかれて吊されていく。子供のころ祖父母の家でクギが四本出たところに柿を刺し左手でグルグル回しながら、右手で皮むきを持って手伝ったことを思い出した。

| | コメント (0)

てんとう虫に学ぶ

10月28日(日)  台風一過の晴れ

昨日の風雨で、湿気った体を乾かしているてんとう虫をみつけた。羽を広げる七星

まずは前足で顔をぬぐい、何回かくりかえして納得できたのか、次にハネを広げては閉じる。準備運動ができて飛んで行ってしまうと思ったら、またおひさまに体を温めてもらっているようにじっとしていた。

そうか、いつも何も考えないで呑気に遊んでいるのかと思ったら、結構いろいろ考えたり元気でいる為に切磋琢磨しているのではないかと・・・てんとう虫も楽ではないのだと思った。

| | コメント (0)

雨って好きですか?

10月26日 降水確率80%

やっぱり、雨が降ってきた。ちょっと憂鬱になるがそんな時思い起こすのは、庭のアマガエルさんのこと。

いつも、どんな時でも黙って葉の上で冷静にしている。そして顔を合わせた時には決まって「今日も、元気?」と問いかけて来る。そんなカエルさんには「うん、元気だよ!」と返している。

くもりの日のカエル

それと・・・♪雨にぬれてもの曲♪ランララ、ラララララ~軽快なメロディーで、傘を持つのも悪くはないかと思ったりもする。

あっ、雨がやんでいる。ちょっと外へ行ってきま~す。

| | コメント (3)

一瞬の光

10月25日(木)

さあ、今日も一日がはじまった。朝露はほとんど消えていたが、松風草の葉には少しだけ残っているところがあった。

ちいさな手のひらのような葉に乗ったつゆ、もう一枚と思ったが東の空には大きくて厚い雲の登場で光のショーは終了となった。

となりの葉ではてんとう虫が飛び立つ練習をしていた。

葉の上につゆ てんとう虫

| | コメント (2)

朝の輝き

10月23日 午前10時

寒い朝だったが、やっと太陽の光が照らし出したいつもの散歩道でシジミチョウがまだ羽を休めている。通り過ぎようとしたら羽を広げはじめたので静かにカメラを向けると、久しぶりに見せてくれたきれいな瑠璃色でレンズ越しに見た小さな蝶はとても輝いていた。

少し進むとてんとう虫やとんぼも心地よさそうに遊んでいる。さあ、しっかり深呼吸できたから帰ろうかと思ったら、暖かな陽差しのお日さまが、「もう少し歩いてみたら」と背中を押してくれた。 ありがとう。

ルリ色のシジミチョウ

| | コメント (2)

これ、なあに?

中の種は真っ黒 昼下がり、こんな天気の良い時はあまりカメラを持ち歩く時間ではないのだが、午前中は出かけていたので、ちょっと自然観察を・・・例年なら花が咲き終わったら片付けてしまうのだが、カタツムリが来たりシジミチョウが休みに来ていたので、ずっとそのままにしておいたニラの種である。

よく見るとはじけた種が、花かクローバーの葉っぱのような形をしている。ニラは刈り取ってもまた緑色の葉が出て増えて行くのだが、この種も新たな生命になるのかと思うと愛おしくなった。 10月22日記

| | コメント (4)

柿の実その2

10月21日(日) 快晴

暖かな朝だったが、仙丈岳に昨日の初冠雪がまだ少しだけ残っていた。日曜日なので朝はのんびりと昼近くになってから、太陽の恩恵を受けることにした。

17日の写真の柿の実は朝日が当たらない日陰で変化はなかったが、東側の枝は大きくしなり地面に着きそうで、葉はしっかり秋色になっている。同じ一本の木でもこんなに違うのだ、足元の草むらには赤や黄色の落ち葉が散らばっていた。

柿の実 柿の実

まぶしい太陽の光に照らされて、いっそう頬を染めていく柿の実たち

| | コメント (4)

おっとっと!

10月20日

昨日の雨は上がり朝の陽差しが明るかった。庭のホトトギスの花にはいつものようにミツバチが集まっている。それをカメラに納めようと構えるがじっとはしてくれず、羽音が「こっちだよ!」と右に左に行ったり来たり、結果この一枚。成功とは言えないが飛んでいるのはなかなか撮れないので消去せずに取っておくことにした。

午後になって南アルプスを眺めると仙丈岳にうっすらと雪が見えていた。昨日の雨、山は雪だったのだ。ミツバチより朝の山々を撮っておくべきだったかな?

ミツバチ 

| | コメント (7)

雨の日に

青い空  10月19日(金) 午後から雨

雨が降らなければやりたいことがあったのにな。こればっかりは仕方がない。

まだ残暑が厳しかった初秋の青い空を思い出してみた。

夕方五時を過ぎているのにこんなに明るかったのだ。それにやわらかな風が吹いて雲といっしょに遊んでいるようだった。

| | コメント (2)

趣味もいろいろ

これからは寒くなるばかりで外に出るのもおっくうになるので、早々と冬ごもり?の準備を始めようと夏から考えていた。97歳のおばあちゃんの作品をお手本に押し花を教えてもらえることになり、最初は見ているだけだったがやっと我が家にある葉っぱを押してみた。

100円ショップで探した額「写真用」に和紙を合わせその上にそっとおいてみたが、なかなか決まらない。のりが指にくっついてあ~もう。こんなのできました。

押し花

| | コメント (2)

柿の実

2007年10月17日(水)

秋の食べものと言えば、栗とマツタケ、りんごにぶどう

う~ん、それと柿かな?

これは渋柿で一ヶ月前は青かった実が今は柿色になってきた。

あと一ヶ月後は・・・どうなっているのでしょうね。

青々とした柿の実 オレンジ色の柿の実

| | コメント (2)

草むらの中

 10月16日 (火)

この間にらめっこして遊んだイナゴたちは稲刈り終わって、ちょっと居場所に迷ったのか一番最初に出会った頃のように、恥ずかしそうにかくれんぼ。

草のなかのイナゴ   

草の中のイナゴ

| | コメント (4)

散歩の寄り道

九月はじめに生まれた子犬を一週間ぶりに見に行ってみた。

四匹いたのだが、先日二匹は新しい飼い主の元へと行ったそうで

にぎやかさはなっかたが、一匹はすぐ駆け寄って来た。

まだ寝ていたかったもう一匹のわんちゃんは犬小屋から出されて

文句は言わなかったが、大きなあくびをしてから二匹そろって

犬小屋へと戻って行った。       

ふたつ寄り添った尻尾がとってもかわいかった。  10月15日記

あくびをするこいぬ   

| | コメント (4)

曇りのちくもり

   10月14日(日)

今朝は少しだけ青空が見えていた気がするがどんよりとした一日で太陽を見ずに過ぎてしまった。こんな日は何もやる気が出ない、何か良いことないかな?昨日見たコスモスは今日も元気に咲いているかなあ。

風にゆれる秋桜

| | コメント (0)

曼珠沙華の記憶

先日まで咲いていた赤い曼珠沙華、この複雑な形の花の旬をどうやってカメラに納めようか考えていた。満開を迎えた頃に雨が続き雨上がりが待ち遠しかった。

赤い曼珠沙華

| | コメント (5)

夕暮れ

秋らしい雲が空をおおっていたので、夕焼け空を期待しながら散歩にでかけた。風にゆれる草越しに見上げていると少しだけ赤くなって来た。もう少し赤くなるのかなと思っていたら、雲が暗くなりはじめて今日も一日ありがとうと言う間もなく、暮れてしまった。

じゃあ、また明日ね。

Img_4695_2  Img_4704

| | コメント (1)

そして秋の日

いつもの散歩道でイナゴを見つけたよ。
ちょっとだけにらめっこして遊んだよ。

Img_08091

| | コメント (1)

はじめに

Img_16081 雨が降る日に出かけてみたら、花いっぱいに涙をためたマリーゴールドに出会った。

| | コメント (2)

トップページ | 2007年11月 »