« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年のおわりに

12月31日 (月)  うっすら雪景色の大晦日の朝

いよいよお正月を迎える気持ちになって来た。

しかし、昔と違って元旦から店舗は営業し、食材も年中豊富である。

どこのお店でも、おせちコーナーは縮小されて選ぶ楽しみが減った。

それでも、我が家の伝統?お重箱は欠かせないものなのだ。

さあ、準備に忙しいので、この辺で今年のブログの終了です。

皆様、それぞれのお正月をお迎えくださいませ。

植物のなかまたち

2008年はどんな出会いがあるのか楽しみにしています。

| | コメント (3)

お天気いろいろ

12月30日 (日)

天気予報では、雪と言っていた年の瀬。

雨で良かったのだが、雰囲気としては雪でも・・・と勝手に思いながらの午後一時、ガラス越しに空を眺めていた。

すると、目の前で雨から、あられに変わるではないか。へぇ~!!

パラパラと白い粒からすぐに雪へと変わり、なんと晴れ間が現れた。

一年のまとめか、こんなお天気の流れは、初めてのことである。

そこで、夕べまとめたブログに登場した昆虫たちの全員集合です。

昆虫たちの写真

| | コメント (0)

雨上がりの午後

12月29日 (土)  今年もあと3日

昨日の夜は、なぜか強い雨音だった。

今日も雨なのか・・・と思っていたが、やんでくれた。

少しだけ柔らかなひざしに外へ出てみる。

まん丸つぼみのロウバイに雨粒が、透明な飾りを作っている。

その球体の中に入った風景は、小さいながらに宇宙を感じさせる。

黄色のつぼみと雨粒

| | コメント (2)

ホトケノザ

12月27日 (木) この冬一番の寒さ

つぼみを固く閉じているホトケノザ

このまま春を待つなんてことはないのだろうが・・・

なかなか咲けない雑草に霜がしっかりと降りた。氷の柱は幾つ?

数える間もなく、ほほえむ太陽のあたたかさに溶けていった。

霜に凍える雑草

| | コメント (5)

おはよう!

12月26日 (水)  

寒~い朝、おひさまの光は眩しく輝いていた。霜の帽子のさざんか

凍えたさざんか、さぞ冷たかろうに

暖かいひざしを受けて、にっこりと

「おはよう!」のごあいさつ

| | コメント (0)

クリスマス

12月25日 (火)   どんよりとした曇り

クリスマスシーズンで、にぎわいを見せているのは余所事か・・・

あらまあ、家のカレンダーにもクリスマスの文字がありました。

雪が降らずサンタさんが来なくても、クリスチャンじゃなくても

今日はそれぞれの、クリスマスの日に間違いない!!

ガーベラとUKカレンダー

| | コメント (4)

オオイヌノフグリ

12月24日 (月) クリスマスイブ

寒い風に暖かい色をみたいものだが、清々しい色の花をみつけた。

コバルトブルーのオオイヌノフグリ、3~5月の春を告げる花である。

一輪だけの花  誰のために・・・

 何のために・・・

 なんて、聞かないでね。

 春を待ってるみんなのために咲いています。

だけど、今日はお天道様とお話してたみたい。

どうも、おじゃましました。

| | コメント (0)

つぼみ

12月23日 (日)  雨上がり

さざんかの花が咲いている。

垣根沿いに並んで、植えられているまだ若木である。

一本の木だけ、つぼみが葉の間にふたつ付いている。

まるで、「あっちむいて、ホイ」をしているかのように・・・

そっぽ向いているけど、なかよしなんだね。

咲きかけの花とつぼみ つぼみがふたつ

| | コメント (4)

冬の小道

12月22日 (土) 冬至 くもりのち雨

小春日和だった昨日のこと。

蝶にも会えたけどちいさな春がいっぱいあった。

そのひとつであるナズナの花冬のナズナ

ちょっと茶色いのは寒さのせい

春は茎が緑色になって・・・

その時を待っていますよ。

日記・コラム・つぶやき | | コメント (0)

蝶との出会い

12月21日 (金)  昼過ぎまで暖かだった日

久しぶりに朝飯前ならぬ、昼飯前の散歩に出かけることにした。

昨日チョウのことを思ったが、さすがにもう居るはずもなく・・・

ところがどっこい、これは、これは居ました!

羽がぼろぼろになっているのは、キタテハさんかな?「こんにちは」

近づいても、気にせずに青いネットの上で触覚を伸ばしている。

何の味がするのかな?甘い味が染みついていたのかな?

畑のネット上のチョウ

| | コメント (3)

今年のチョウは?

12月20日 (木)

忙しいことは良いことだが、カメラを持つ時間がなかった。

それで、思い返してみたチョウのこと。

春から晩秋までいるベニシジミに今年はあまり出会えなかった。

どうしたのかな?あのオレンジ色が大好きなんだけど。

一番会えたのはアカタテハ、赤と名がついてもやっぱりオレンジ色。毎日のように菊の花の上でミツバチと一緒にランチをしてた秋。

桃色の菊とアカタテハ

| | コメント (2)

冬の太陽

ケヤキの樹越しの太陽

朝の太陽は希望の光

昼の太陽は温もりの光

夕方の太陽は感謝の光

昔は写真に太陽の反射が写り込むと(今もかな?)悪い見本とされていた。ましてや太陽にレンズを向けるなんて眩し過ぎて出来なかったのだ。それが・・・デジタルの時代になってファインダーを覗かなくても、撮れてしまうんだな。何だか虹色でいいじゃありませんか。

            12月19日記

| | コメント (4)

風花です。

じゃあ~ん!! 田んぼに映る影

早くも参上・・・誰も求めてなかったかな?

寒々とした風景に撮るものもなくて

だけどね。

この時期は誰でも巨人になれるんです。

     12月17日記

| | コメント (5)

冬の植物

12月16日 (日)  山に雪が来た日

風が冷たい散歩道。

何度も霜が来て枯れ草ばかりの土手に近寄ると

白く透けてしまったナズナ群団にハートマークがいっぱい!

中にある種にもハートマークがひとつ

枯れてはじめて、生まれる次へのつながりを知る。

その近くには、寒さに耐えて咲く白いナズナの花もあった。

ナズナの種

| | コメント (4)

秋の思い出

風が優しかった秋、建物の隙間からひとすじの光が延びていた。

スポットライトの先には、誰も気にしない一枚の葉

花も枯れて、片付けられてしまう草のミズヒキ。太陽に透けた葉 虫に食べられ穴があいた、 ただそれだけの葉っぱ・・・。

ちょっと輝いた姿に「ご苦労様でした」と言ってみたくなった。

         12月15日記

| | コメント (2)

てんとう虫

12月14日 (金)  待ってた青空になって

さあ、今日は誰と遊ぼうかな。

先週バッタさんに会えたひだまりに向かうと、てんとう虫さんが

あらら、最初はかくれんぼ。そしておにごっこ。

足だけみえてるよ 地面を走るテントウ

今度はにらめっこしようよ。

| | コメント (4)

クリスマスカラー

12月13日 (木)  雨が降ったり止んだり

そろそろ年賀状の準備をしないと・・・。気忙しいばかりでクリスマス気分もなければ、昔みたいなお正月の楽しみも無い。

そうだ!子供の頃はサンタクロースが居ると信じていたり、お年玉が楽しみだった。今は何をするにも出費ばかりが気になる。

どこかの国では13人のサンタクロースが居て、ドアをドンドン叩く者やご馳走を食べてしまうとか?いたずらサンタさんばかりが居るのだと、初めて知った。

ツツジの枝 写真は12月のはじめに霜が来たツツジの葉である。凍えながらも紅葉している姿は赤と緑のクリスマスカラーである。白い霜は雪のイメージで、ちょっとだけクリスマス気分を味わうことにしよう。

| | コメント (0)

喜怒哀楽

もう、昆虫たちもいなくなってしまったと思った先週のこと。

柿の木畑のその下に、ひょっこり現れたヒナバッタ。夏には素早くかくれんぼしていたが、ひなたぼっこをしているのか、こちらを見ているのにじっとしたままだった。横目でみているバッタ

バッタは怒ったことはないのだろうか、ちょっと悲しそうな目をしている時はあった気がするが、ほとんどは「元気だよ」という顔にしか見えなかった。

話すことができたらなんて言うのか。結構不満だらけだったりして、「棲みにくいなあ」なんて言われたらどうしよう。  12月12日記

| | コメント (2)

温もりの葉

12月10日 (月)  寒い青空の日

家の中で温風ヒーターの番人ばかりの午後、散歩に出てみた。光輝く葉

まだ2時過ぎだというのに、風は冷たく太陽は、随分低い所から光を放っていた。

今朝の霜で凍えていたであろう木の葉が、赤く輝いている。引き込まれるように見入っていると、一枚のブルーベリーの葉がほほえみを返してくれた。

| | コメント (3)

あの夏の日

夏といえば、ひまわりが思い浮かぶ。ひまわりとみつばち

熱いひざしの中で、ミツバチがせっせと蜜を集めていた。
こんなに一心不乱で花粉まみれのミツバチに会った日もあった。

             12月8日記

| | コメント (3)

ふしぎなカタツムリ

12月5日 (水)

晴れてはいたが、寒い一日だった。

写真の整理をしていたら、9月に撮ったカタツムリさんがあった。こんな顔してたっけな、困っているのか笑っているのかわからないけど、山ぶどうの葉の上に2センチに満たない体で、存在していた。

あの日以来、見かけたことはないが、また会ってみたい。

ちいさなカタツムリ

| | コメント (2)

柿の実三兄弟

12月4日 (火) 晴れたり曇ったり

重たい雲の空に、気持ちまで沈みそうになる。それでも風はなく、久しぶりにいつもの散歩道を散策した午後だった。遠くの山は雪が舞っていそうで白く山肌を隠し、暗い空に柿の色だけが目立っていた。

しばらく見ていると、枯れた落ち葉にみぞれが、ポツポツと音をたて数えられるくらいだけ、冬のあいさつをして通り過ぎて行った。

三つ並んだ残り柿

| | コメント (2)

イチョウの記録

異常気象が続いた今年はいろいろな現象があった。

これもそのひとつだろうか、紅葉しないイチョウの葉。最初に訪れた時は紅葉が遅れているだけと思い、十日ほど待ってもう一度行って見たが、色が少しだけ変わってしおれるように散っていた。黄色いジュータンを想像していたのだが、赤いサクラの葉だけがいつもの秋を演じていた。         12月2日記イチョウの額縁 落ち葉

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »