« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

春を探して

2月28日 (木)

春一番は、黄色い花が咲くと言うけれど

青色の花も、寒いだけのイメージではなくて・・・

晴れの日の青空のように、さわやかにおひさまにあいさつしてる。

二輪の花

| | コメント (3)

ツグミの散歩

2月27日 風が冷たい水曜日

ここは、枯れ草が片付けられ剪定も済んだ梅畑。

梅のつぼみがやっと、ふくらんで来たところ

「ことしの春は、ちょっとおそいなあ」

さっきまで晴れていた空に、強い風が大きな雲を運んで

ちょっとだけ暗くなって、一段と寒くなってしまった。

「ボクには関係ないよ!」 小鳥の声の主はツグミくん

草のちいさな芽が出て来たり、土の中の虫もいるんだ。

だから、せっせと畑の淵を散歩中、じゃましないでね。

遠くから見たツグミ

| | コメント (2)

静かな日

2月26日 (火) 天気予報通りの日

くもりのち雪の予報に、雪はもういいよ。

「雪はもう結構です」 と、ちゃんと断らんといかんとですsign02

家に居ると、いろいろな勧誘の電話がかかってくる。

さっき電話のベルがなって、受話器を取ったら切れてしまった。

アンケートなら、結構だけど・・・雪の中のお地蔵様

誰からだったのかな?

必要なら、またかけてくれるよね。

なんて、呑気に構えている割には

やけに気になったりもする。

雨も雪も必要だけど

外はみぞれが降っている。

おじぞうさまといっしょに

どうぞ、明日は晴れますように。

| | コメント (2)

ひだまりの詩

2月25日 (月) 朝は凍みた日

おやおや、こんなところに気がつかなかったなあ。

梅の古木に、しっかりとついている猿の腰掛け?

~~~こんな声が聞こえてきた~~~chair

こんにちは、今日は風がないから、ちょっと休んでいきませんか。

梅の花も、やっとつぼみがふくらんで、春になるね。

オオイヌノフグリの青い花も目立って来たし、気持ちが良いね。

あら、もう帰るの? お茶も入れないけど、また寄ってね。

サルノコシカケ

| | コメント (2)

エンジェル

2月24日 (日)

そろそろ春一番と行きたいところだが、晴れた空に

いたずら好きな風さんが、おおあばれしてる。

こうなると、部屋の中で暖かくしている方がいいね。

・・・で、再びキティーちゃんグッズの登場 heart02

神戸の限定版、金色のハート型の鍵をかかえてる。

背中には、白い羽根をつけて、お空を飛べるのかな?

「心の鍵を開けてね」 と言っているのだろうか

赤いリボンのかわりに、桃色のハートに羽根もつけて

かわいい天使のキティーちゃん、誰の元に届けられるのか

いっぱい、いっぱい幸せ運んでくださいね。

桃色スカートのキティーちゃん

| | コメント (0)

おみやげ限定品

2月23日  どんより土曜日cloud

おみやげのエピソードで、漬け物が○○の名物とあり

家に帰って、ゆっくり見ると製造の住所が我が地元だった。

なんてことがあったりするから、要注意 sign02

さあ、このキティーちゃんグッズはちょっとかわっていて

名古屋版、「はろうきてい エビフリャ~」 と書いてある。

ボールペンの飾りだけど、どうして食べ物になっちゃうの?

おしゃれな洋服が似合うんじゃないのかなあ。ribbon

左側の黄色いリボンが似合っているキティーちゃん

なんとも言えない、しあわせな顔をしているね。

うっとりお目々のキテイちゃん

お皿の上のエビフライ

| | コメント (0)

ヤマガラ

2月22日 (金)              ヤマガラ

昨年おじゃました知り合いのお家から

「小鳥が来てるから、いつでも来てね」 

ずい分前に電話をいただいていた。

暖かい日差しに気を良くした私は

ちょっと重たい望遠レンズに付け替えて一路向かう。

もう少しで到着の坂に差し掛かると,小鳥のさえずりが聞こえて

それでも、いざカメラを構えると小鳥はあらわれない。

あっ、来た。素早い動きでピントを合わせる間もなく・・・

こんどこそ、よし、今だ!!

あ~ぁ 「やぁ~だよ」 とそっぽを向かれた。

いいえ、「あっち向いてホイ!」 をして遊んだのです。

水飲みに来たヤマガラ

| | コメント (4)

大空

2月21日  ぽかぽか木曜日 sun

久~しぶりに北風小僧さんが、ひと休みしたくなったのかな?

昼過ぎの車の中は、窓を開けても走れるくらいにポッカポカ

寒すぎた日々を忘れさせてくれるほど

空には、柔らかな雲がそぉ~っと流れて

ラジオからは、「飛行機雲がひとすじあります・・・」

運転中で眺められなかったが、家に帰って久しぶりの散歩道

出会ったいろんな人に 「久しぶりだったなあ、寒かったなあ」

この寒さで、洗濯機が故障してな・・・と世間話に花を咲かせ

そうしているうちに、今日のおひさまが山にかかる時が来た。

風さんが 「お~い見て! 魚雲だよ~どう?」 と見せてくれた。

大空いっぱいの雲

| | コメント (4)

ふ・く・ろ・う

竹の皮のフクロウさん eye まん丸おめめで、どこ見てる?右から見たふくろうさん

不・苦労と言われて人気者

持ってる人がみんな苦労無しなら

文句はないよね。

だけどね・・・。

そんなこと考えて買ったんじゃないの

とても個性的で、可愛くて左から見たふくろうさん どんな気持ちで作ったのかな

一生懸命、作られたんだね。

一列に背の順に並んでた

いっぱい、欲しかったけど

ひとつだけ選んだの

うん、いつ見ても良いお顔だね。    2月20日記

| | コメント (2)

イルカの本

2月19日 (火)

イルカのパワーって信じますか?

泳げないけれど、いつかイルカと海のなかで遊びたい・・・

そんな、夢を抱いています。

あのボディの曲線とクィックィッと話す声がすてきです。

何度かイルカのショーを見たけれど、頑張る姿に感動します。

手元に一冊だけイルカの写真集があります。

広~い海を悠々と泳ぐ、イルカの群れ

「青」というだけでは、あらわせない深い海の色

この本の中で、一番気に入っているページがあるのです。

~ 奇跡が起きるのってこんな日だよね。~

海の中から水面を見上げ、少しだけ光の帯が見えている

このページでは、うん、そうだよね!と思わずにはいられない。

夢と希望が湧いて来る不思議な一ページ。

| | コメント (8)

春を待ちわびて

ねぇ、ハーモニカの音色聴かせてくれませんか?

楽譜とミニハーモニカありますよ。

こどもの頃、授業で習うハーモニカが苦手だった。

クラッシックの音楽鑑賞は、眠くなって、感想がまともに言えず。

ミニハーモニカをもっていた友だちが、すごくうらやましかった。

もう、忘れかけてたハーモニカのこと・・・

思いが、地球を何周したのかわからない,誰が伝えてくれたのかな?

何十年か過ぎた今、手の中にあるペンダントになったハーモニカ

授業でしっかり習っておけば良かったものを、今頃知るとは。

寒くてなが~い冬に、吹いてみたら、春が早く来るかもね。

セピア色の楽譜

                   2月16日記       風花

| | コメント (4)

バレンタインチョコ

2月14日 (木) バレンタインデー

この不景気で、愛情の節約?ではないが義理チョコもいいかな?

メタボリックにしてしまっても悪いしなあ・・・言い訳タラタラ・タラリ。

そんな我が家に、手作りチョコが、届けられた。

サンタさんではないから、プレゼンターのことはなんて言うのかなあ。

かわいいトリュフチョコ、もったいないから、すぐには食べられないね。

ふたつ並んだチョコ

| | コメント (2)

世界遺産

2月11日 (月)  連休最終日は晴れ

え~と、何からお話しようかな?

自慢だけど・・・本州から出たことが無いんです。

北は青森県十和田湖畔、南は鳥取県の砂丘の入口のドライブイン

そして、一番の思い出は、5年前に行った岐阜県の白川郷。

ずっと前から、写真雑誌で見ていた合掌造りの家並み

さっきテレビの旅番組で、冬の白川郷が紹介されていた。

あっ、そうそう、そこを歩いてあった、あった。

秋に訪ねることが出来た長~いバスの旅、日帰りで強行だった。

それでも、白川郷に居る時間は、ゆったりと流れていた。

帰りに高台に登って、歩いていた道をたどることも出来た。

狭い高台では、誰もが譲り合い、順番に写真を撮ったり眺めたり

日本の原風景にふれた時、人は誰でも優しくなれると思った。 風花

秋の白川郷

| | コメント (5)

こまったさんの洗濯機

2月10日 (日)

こまったことに、洗濯機が故障しちゃった。

4年前に買った全自動の洗濯機、最初からごきげん斜めだった。

まず、3ヶ月目にストライキで、メーカーさんもごきげん直せず

新品と交換されて、気を取り直して、お仕事してた。

1年も経たずに、またストライキ。今度は脱水がいやだと動かず・・・

修理に来た時、直った振りして、直っていなかった。

これまた交換となり、そして1年が過ぎたら、またストライキ!

そんなに使い方が悪いのか。何が気にいらないのかわからない。

昔のように、せんたく板とたらいで、洗いなさいってことかなあ。

どうなってるの?こまったさんの高いお値段の洗濯機。

| | コメント (6)

外は大雪

2月9日  (土)  午後から雪が降り積もる

雪が残るところにまたもや、雪がとめどなく降っている。

明日の朝、外を見るのが怖い気もするが・・・

この間の積雪後の晴れた空には、「ワンちゃん、空を飛ぶ」の感じで

すっきりとした空が、見えたんだけどな。

また、元気な空に、動物たちが飛べたらいいな。

青空に白い雲

| | コメント (4)

だ~れだ?

2月8日 (金) 寒さにすっきりしない・・・

待ち人来たりの用事が済んだので、ちょっとだけ外に出てみた。

いつもの散歩道は、ずっと足元がぐしゃぐしゃでUターン。

雪の残る道を戻ろうとした時、「おや?ねずみ色した鳥の羽だ!」

誰の羽かわからないが、きっとロウバイの枝に来た時のおとしもの

だけど、すごいね。羽毛は暖かいと言うのはほんとだね。

羽のゆりかごみたいに、まぁ~るく雪が溶けている。

残雪の上の羽毛

| | コメント (0)

鳥の落とし物

2月7日 (木) ひなたぼっこが出来た日

昨日の寒さのせいか、ひだまりの暖かさにほっとして

まだ雪が残る家のまわりを探検してみた。

雪の重みで曲がり、そのまま凍った木が折れてしまっている。

春の開花を楽しみにしていたのに・・・

枝を起こそうとしたが、固く凍ってびくとも動かない。

あ~ぁ! こちらは、ロウバイの花。

首を長~くして待ってた、咲いたばかりの花を鳥がつっついた。

つぼみも、ころころといくつか、散らばっていた。

鳥さんも待っていたのだろうから、仕方がないね。

雪の上のロウバイの花 つぼみと?

| | コメント (0)

ドレスアップ

2月6日 (水) 気温上がらずの日

幸せの蘭

昨日の続きです。

やっぱり、踊る蘭

すみれの花~♪

咲く~頃~♪♪

衣装も豪華に勢揃い

ピンクのドレスが

似合います。

| | コメント (2)

蘭のクレスくん

2月5日 (火) 小雪のち晴れ

ボクの名前はクレスと言います。

ラン博士の本には、「ペルーの高山の木の上に住み、おとぎの国の

こびとたちがマントを着て、ホルンを吹きながら踊っているようです」

初めて見た時から、ハワイアンダンスを踊っているようだと思った。

だから、私が会えたのは、クレスさんだったと思う。

やっぱり、「クレスさん、こんにちは」 とあいさつして来ちゃった!

一人きりのダンス

| | コメント (2)

雪の朝

2月4日 (月) 凍りつく朝に

昨日の雪が溶けたその後に、夜の寒さで粉雪が舞った。

こんな日は外に出るまいと思っていたが、白銀の世界が気になって

アイスバーンの道路では、ゆっくり、ゆっくり車が通る。

道路脇では、誰かが歩いた上に、積もった雪が少しだけ光っている。

ふたつのお山の下には何があったのか、小さなピラミッドのよう

今度、行った時には何か見えるかな?

溶けたら、どこだかわからなくなりそうだね。

ちいさな雪の山

| | コメント (4)

節分

2月3日 (日)  雪

「鬼は~外! 福は~内。」  豆まきです。

それから、歳の数だけ豆をいただきます。

ふと思った、そんなにお年でもないけれど

半分は明日食べてもいいのかな?の発言に家族は笑いました。

やっぱり今日食べておいた方がいいよね。

ひぃ・ふぅ・みぃ、しっかり噛みしめて何だか身体に良い感じです。

自分の中の「鬼」も出て行ったかな?

| | コメント (3)

春よ来い!

2月2日 (土) 曇りで山には雪雲

ふきのとうの絵手紙

春のおとずれが、待ち遠しくて・・・

昨年はじめて、挑戦することになり

大切な人にと思って書いた絵手紙

牛乳パックの手作りハガキが

用意されて、それも初めてで

何だか、愛おしくて出せなかった。

そろそろ、出しても良いのかな?

                                  

| | コメント (6)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »