« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

雨上がりの朝

6月30日 (月) 晴れたり曇ったりの朝

カーテンが開けられて、一日のはじまりです。

青い空が少しだけ見えて、優しい雲が行進してる。

このまま晴れるのかなあと期待していたら・・・。

西の方から灰色の雲が、東の方へ押し寄せていく。

なあ~んだ。つまんないないよ~。

と勝手につぶやく風花が居た。

ぼーとそのまま窓の外を見ていたら

トンビが一羽雄壮に大空をひとり占めして飛んでいる。

その後ハトが三羽仲良く飛び回るのが見えた。

元気な鳥たちの姿に、梅雨空でも捨てたもんじゃないと思った。

| | コメント (2)

願えば叶う

6月27日 (金) 晴ればれお天気

青い空に白い雲。とっても見たかったの。

今居る部屋からは北と西の空しか見えないから

おてんとう様の顔は見えないのだけれど

大きな雲の上で小さな雲が風に吹かれて

楽しそうに遊んでいる。

やっぱり、雲さんたちもおてんとう様に会いたかったんだね。

みんないっしょで、願いが叶ったのですね。

| | コメント (4)

今日のひとこと

6月26日 (木)

今日の天気はどうなるのかな?

雲が空いっぱいに広がっている。

雨になるのか、蒸し暑いね。

お天道様に会いたいなあ。

この雲の向こうで元気にしているんですよね。

お天道様はお見通しだから、元気にしていないとね。

| | コメント (0)

雨ってなあに?

6月24日 (火) やっとこさの晴れ

雨とは・・・。

地上の水分が蒸発して循環しているもの。

なんて難しいことは置いといて。

雨に濡れたくない人

そして濡れてはいけない人が居るかと思えば

雨降りに傘をさすのがいやで、濡れて帰りたい人

自分中心では考えられないいろいろな人がいるのですね。

雨って不思議なものですね。

| | コメント (5)

怒りモード

6月18日 (水) 蒸し暑い日

本気でおこったことって、最近なかったんだけどね。

面と向かっておこるなんて風花ったらなんて人でしょう。

大切なものを預けたら、行方不明になってしまい

ちょっと使えなかっただけなのに、プンプンと頭にきてしまったの。

しばらくして「すみませんでした」。と持ってきてくれた人に

「もう預けませんから!」。と強い口調で言ってしまい

あわてて、「みつけてくれてありがとう」。で納めましたが

怒りモードのスイッチが入ってしまって、笑っちゃうでしょ?

| | コメント (6)

初めての味

6月17日 (火)  晴れ

ジュンベリーって知っていますか?

初めてジュンベリーの木に花が咲いたのを見た春

梨のような葉っぱに花びらが白くて細長い形だった。

「これなあ、赤い実が成るって言うもんで植えたんな」。

「へぇ~楽しみだなあ」。と教えていただいたまま・・・。

昨日の夜、久しぶりに知人が訪ねて来てね。

自宅で成っているという実をだいじそうに持ってきたの。

「これジュンベリーっていう実なんだけど、知ってる?」。

「わぁ~見たかった果実だったんです」。

今朝ね、早速食べてみたら、一粒目はうーん味が良くわからず

10個くらい食べたら、種が沢山あるけれどなんとも美味でした。

うれしいプレゼントをいただきました。

| | コメント (6)

夕焼け雲

6月16日 (月) 週はじまりの晴れ

先週の土曜日のことでした。

この場所での定点観察が始まって二週間

初のきれいな夕焼けを見た。

山を横切るように幾すじかの雲があり

赤く染まっていくではありませんか。

シャッターチャンスと言いたいけれど・・・。

五分ほどの夕焼けショーが終わって

街の灯りが青っぽく光はじめた。

きっと空気が澄んでいるんだね。

今日も一日ありがとう confident

| | コメント (4)

ハトのおさんぽ

6月11日 (水) 薄日差す朝

ここ4階のベランダの手すりの上から

きれいなハトさんが、こちらを見ている。

小首をかしげながら、こう言ったみたいなの。

「どうしたのかな?もう朝なのに寝ているの?」。

それに答えて、私は心の中でこう言ったの。

「うん、早くベッドから起きだしたいけどまだ動けないの」。

ハトさんは、ゆっくり一歩ずつ歩きながら聞いてくれて

「じゃあまた来るからね。元気だしてね」。

そんな目をして飛んで行った。

ありがとサンキューまた来てね。

| | コメント (7)

夜の風景

6月9日 (月) 

先日のこと。

夕食を終えてから何気なしに外を見ていた。

暗くなると、点々と照明がついてくる。

まだ仕事をしているのかビルの四角い窓がいくつか見える。

どこかのお店の大きな看板が明るく光っている。

アパートの一室やあちこちの家の窓も見えてくる。

楽しい会話があるのかな?

それともひとりでテレビを見ているのかな?

真っ暗な外より、ちらほら灯りが見えるのは

心にもあかりが、ともるそんな気分です。

| | コメント (0)

朝の光

6月7日 (土) 晴れ

朝めざめると、梅雨入り後はじめて雲ひとつない青空

太陽の光がまんべんなくあたりを照らしていた。

コンクリートの建物にはただ光を当てているだけだが

窓のカーテンを閉めてあるその中に居るであろう人には

「朝ですよ~!」。とおひさまが声をかけている。

すると、さっきまで何も見えていなかった小さな雲が

ひとつ、ふたつと浮かび上がって東へと動いて行きながら

「ボクもいるよ!仲間にいれてよ」。

「おお、出てきたのかい」。とおひさまはにっこり

明るい朝のはじまりです。

| | コメント (0)

梅雨の合間の朝

6月6日 (金) 薄曇り

朝一番の窓越しに見えたものは

大きな山の向こうから、大きな白い雲が湧いてくる。

山の谷間からも。優しい雲が湧き上がる。

大きな雲はゆっくりと、山の上をなでるように動いていく。

山肌の木たち一本一本に声をかけているように。

「おはよう!」 「おはようさん」。と流れていく。

| | コメント (2)

人はそれぞれ

6月5日 (木) くもり

ねぇ、完璧な人っていませんよね。

いろんなことを考えて、悩んでいるんですよね。

でもさ、考えられるってことは頭が使えているってこと。

悩めるってことは、心があるってことですよね。

痛さを感じない人がいたら・・・

その方が辛いですよね。

人生、泣いたり笑ったり変化がなけりゃ楽しくないよ。

たまにはさ、大きな声で笑って見ようよ。

| | コメント (6)

梅雨入り

6月3日 (火) ちょっと静かな雨

雨は憂鬱なんて思っている人はいませんか?

雨雲がどんより山の頂を隠している。

雨を蹴散らしながら、車が通る音だけが聞こえる。

雨も降らないと、水不足になってしまうから

潤いある地球を保つために必要なのです。

だから、日本の風物詩として楽しみましょう。

| | コメント (4)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »