« 梅雨の合間の朝 | トップページ | 夜の風景 »

朝の光

6月7日 (土) 晴れ

朝めざめると、梅雨入り後はじめて雲ひとつない青空

太陽の光がまんべんなくあたりを照らしていた。

コンクリートの建物にはただ光を当てているだけだが

窓のカーテンを閉めてあるその中に居るであろう人には

「朝ですよ~!」。とおひさまが声をかけている。

すると、さっきまで何も見えていなかった小さな雲が

ひとつ、ふたつと浮かび上がって東へと動いて行きながら

「ボクもいるよ!仲間にいれてよ」。

「おお、出てきたのかい」。とおひさまはにっこり

明るい朝のはじまりです。

|

« 梅雨の合間の朝 | トップページ | 夜の風景 »

風花のひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の合間の朝 | トップページ | 夜の風景 »