« 土手の雑草 | トップページ | ついに完成! »

柿すだれ

12月5日 (金) 雨

昔はこの時期あちこちの軒下にぎっしりと吊されていた。

今は衛生管理の必要性から黒いネットでおおわれている。

皮むきも機械化されてきたようだが大変な作業である。

後継者不足でこの時期でもたわわに実った柿の畑を見ると

きれいで写真を撮る風景としては良いのだけれど

これで良いのかな?と複雑な気持ちになってしまう。

この写真の柿すだれは風雨にさらされているが鑑賞用で

観光客を楽しませているが明後日には片付けられてしまう。

地元の私たちも珍しげに見に行ってしまった風物詩である。

板塀の前の吊るし柿

|

« 土手の雑草 | トップページ | ついに完成! »

風花のひとりごと」カテゴリの記事

コメント

風花さん、こんばんは。
今日は雪が舞い寒い一日でしたね。体調は如何ですか?

柿すだれはこの地方の秋の風物詩だったのに、見られなくなり残念です。
軒下に干してある家もありますが、寒冷紗に覆われて風情がありません。
我が家も昔は干し柿を少しばかり作っていて出荷していました。単純な手回しの柿むき器で、夜なべをして剥いていました。
イオウ燻蒸(くんじょう)の後、取り出すのが大変でした。今の時代の変り様には驚くばかりです。

昔の風物が消えていくのは寂しいかぎりです。

投稿: いしあたま | 2008年12月 6日 (土) 18時20分

いしあたまさん、コメントありがとうございます。
時代はどんどん流れて考えが付いていけないことや
地方の良さと言うのも変わっていますね。
昔ながらの暮らしなんて遠のいて行きそうで残念です。
だから「今」を写真で残しておきたいと思っています。
雪が舞って寒い日でしたがいろいろ予定があって午後は
出掛けっぱなしでした。

投稿: 風花 | 2008年12月 6日 (土) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土手の雑草 | トップページ | ついに完成! »