« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

ハルジオン

   4月29日 (水) 晴れ

 昭和の日だけど私の中ではみどりの日。

忙しい大型連休でひと息付いて歩く散歩道。

これから耕される田んぼの土手は草花がいっぱい。

もうすぐ刈られてしまうまでのひとときの風景である。

やっぱり毎日見ることができるこの道の静けさが良いな。

ハルジオンの花たちが太陽に向かっておしゃべりしている。

太陽が沈む前に風に吹かれながら背くらべしているのかなあ。

土手のハルジオン

| | コメント (2)

菜の花畑

   4月25日 (土) 雨

 早くもゴールデンウィークになった人もいる。

喜ぶどころか仕事が忙しくないってことでもある。

日頃疲れていることでしょうから休んで頂きましょう。

今日は雨降りだったから、出掛ける気持ちも起こらず

の~んびりゆったり過ごさせてもらっちゃった。

写真は1.3ヘクタールもある菜の花畑です。

荒れていた所を開墾して観光農園に仕上げたそうです。

3年前に初めて案内されて感動した菜の花の色と香り。

夏にはひまわり畑に変身するのです。どちらも黄色で

明るい花畑の協力費は竹筒の中へチャリンチャリンとね。

阿南町平石農園

| | コメント (2)

こいのぼり

   4月23日 (木) 晴れ

 良い天気でしたね。

今日もいろんなことあったね。

青い鯉のぼりさんにも会ったよ。

一匹だけでもいいじゃないですか。

雨の日はどうしているのかな?

いろいろな方向から風が吹いて来て

鯉のぼりさんもやっぱり風まかせだね。

逆さになっても大丈夫だよね。

いつも頭の上には太陽があるんだもの。

風が吹いて思いっきり泳ぐ鯉のぼりが良いな。

太陽と鯉のぼり

| | コメント (4)

花桃の里

   4月22日 (水) 晴れ

 観光名所に行ってきました。

例年より早い満開の花桃の里。

勿論、カメラ仲間に誘われて即OK!で出発。

新緑の山々を見ながら新しい道路を抜けて着いた

駐車場は随分遠くて一方通行に規制されていた。

協力費兼駐車料金を払って移動させてもらった。

思う所から撮れなかったけど時期に見られて良かった。

風が強い日だったから見ているうちに花びら散って

気分は最高潮で太陽も燦々と輝く春の日でした。

満開の花桃

| | コメント (2)

れんげ草

   4月20日 (月) 晴れのち曇り

 長らくご無沙汰していた散歩道。

いつから咲いていたのかなあ。

レンゲの咲く畑はすぐ近くなのに気づかないなんて

もう満開でミツバチさんやいろんな虫たちが来て

てんとう虫さんがこの花びらに穴を開けたのかなあ。

「ボクは端から食べるからね」 じゃあ違うね。

「ねえ、怒らないでこっちを向いてくれないかなあ」。

レンゲの花びらはとってもおいしいのですね。

レンゲの花とテントウムシ

| | コメント (0)

御衣黄(ギョイコウ)

   4月18日 (土) 晴れ

 今年も咲きました!

緑色した花びらの桜の花。

回りの薄桃色の桜に比べれば

きれいとは言えないかも知れないが

ちょっと高貴な色は何とも言えない。

緑の桜

| | コメント (4)

テントウムシ

   4月17日 (木) 雨のち晴れ

 昨日に続いて今日も病院。

でもご心配なくいつものリハビリの日です。

ちょっとこの頃曜日が定まっていないのは

自分の気持ちと同じなんだよね。

遅めのお昼を食べていたら予報通りに晴れて

やっぱり行きたくなった昨日の公園。

桜の他にはと見ていたらもみじの葉が青々と

そこにふたつ星があるてんとう虫さんがいた。

カメラを向けていたら子供さんが寄ってきて

葉っぱをちぎったものだから逃げて行った。

でも近くにいたから、そっと手に乗っけて桜の

所でモデルさんになってもらおうと思ったが

手のひらから手の甲に歩いて来てね。

なんと、かじりはじめてちょっぴり痛かった。

ひぇ~そんなにおいしいですか。参ったなあ。

モデルさんになってもらおうなんてタダじゃいやだって

そっと地面に散った花びらの上に居てもらおうと

思ったら飛んで行っちゃった。さようならだね。

モミジの葉とテントウムシ

| | コメント (0)

桜もいろいろ

   4月16日 (木) 晴れのち曇り

病院に向かう道沿いの公園で咲き始めた八重桜。

時間に余裕はないから、明日にでも撮りに来ようと

思いながら到着。まずは採血「ちょっと痛いですよ」と

言う看護師さんに限って痛くなく「ああ、良かった」。

検査室のある二階に行くと長椅子に座りきれない人

「混んでますねえ」が合い言葉であったが呼ばれる

までの時間は短く感じた。そして一階のレントゲン。

診療時間丁度になって、いざ結果を聞くと大事な薬の

影響もあって血管年齢と言うのを初めて聞いたが

実年齢を遙かに上回ってちょいと落ち込み気味に

やっぱり今朝見た桜をゆっくり見に行こうと決めた。

家に帰ってお昼を済ませ写真クラブの例会に行き

さあ公園へ、半日過ぎただけで随分咲いて重たそう。

桜もめまぐるしく咲くから自分も一緒に動いている。

ハードスケジュールで悩んでる暇はありませんね。

ショウゲツ(松月)

| | コメント (2)

全力疾走の春

   4月15日 (水) 晴れ

雨で潤いを得て益々加速する春。

西部では桜と花桃が一緒に開花と新聞で知る。

桜開花情報も昨日の「つぼみ」から今日は「満開」

そんなに急いで何処行くの?あわてなくても

一日、二十四時間はかわらないのにね。

例年ならゴールデンウィークを思わせる陽気で

山桜も散って新緑がはじまっていた。

新緑を見たら落ち着くかと思ったが眩しすぎる

太陽に追いかけられて疲れちゃった。

木々たちもみんなあわてん坊になっちゃうね。

谷間の新緑

| | コメント (2)

風にふかれて

   4月14日 (火) 雨

 久しぶりの雨でお花見もひと休みの日となった。

昨日満開だろうと訪ねた家からほど近い桜。

「ああ、終わっちゃった」と帰ろうと思った時に風が吹き

高い所にある桜から夢かと思うくらいの花吹雪を見た。

見入ってからカメラを向けたが遅かりし

もう一度「風よ吹いて!」そんなの無理だね。

枝には花びらが少なくなって葉っぱの出番となった。

竹藪の前の桜吹雪

| | コメント (0)

旅立ち

   4月12日 (日) 晴天

 昨日に続いて新しい生命の誕生の日。

今度こそ産まれる瞬間を見たいと思ったが

外に一時間あまり出ているうちに産まれていた。

お昼前でまだ柔らかい羽の時だったから

捉まるのに良い所を決めて連れて行った。

ここに止まりたかったかは聞いてないから

分からないけどここで撮りたかったからね。

羽がしっかりするまでずっとしがみ付いていた。

さあ羽を広げるかと思ったら昼の暖かさで

練習する間もなくヒラヒラと飛んで行った。

カラスアゲハの横顔

| | コメント (0)

カラスアゲハ

   4月11日 (土) 最高気温27度の晴れ

 春の花に気を取られていた午後のこと。

我が家の廊下に置いた飼育ケースの中で

物音がして黒い影が動いた。しまった!

こんな狭い中にいたら羽が傷んでしまう。

羽化したらすぐ外に出してあげようと思って

昨年の秋に外敵から守る為に家に持ち込んだ。

せっかく産まれて来れたのに閉じこめてごめんね。

ケースの中に手をさしのべると人恋しいかのように

すぐに移って長い足でそっとつかまって来た。

そお~とそっと外に出てミツバツツジの花にと~まれ

あれ、「いやだ」と言って下に降りてしまった。

風が寒いようでどこかに隠れたいんだね。

また指を前に出すとそのまま乗っかってきた。

蜜を吸わなくて良いのかなあと花の近くに寄せると

もう大丈夫だよって大空高く舞い上がって行った。

手に乗るカラスアゲハ

| | コメント (4)

空が・・・。

   4月10日 (金) 晴れ

 「暑いですね」のあいさつで気温が高い日。

リハビリがなければ桜見物行っていたかなあ。

流石に疲れるからお休みしていたと思うよ。

この間の桜をもう一度観賞してみようかな。

空が見えないほどの桜の競演は暗くなるくらい

厚みのあるカーテンのようだったとさ。

重なる桜の枝

| | コメント (0)

桜の額縁

  4月8日 (水) 晴れ

 桜三昧の今日この頃。

もしも電車で行ったら幾つの駅を通過するのかな?

絶対に一人では行かない所ですが以前にも

車に乗せてもらって行ったことがあるが時間がかかった。

なぜってこの場所にだけ行くなら分かったけど

桜に誘われて右に左に行くから迷って遠回りの旅。

桜ばかり追いかけていたからちょっと一休み。

二本の桜の枝に囲まれて一緒に眺めて見たアルプス。

桜はいつもどんな気持ちで眺めているのかなあ。

丘の上から望む

| | コメント (6)

春の競演

   4月6日 (月) ポカポカ陽気の晴れ

 春本番の気分の風景に出会った。

菜の花と山間の谷にそびえる枝垂れ桜。

下から見上げればすごい迫力でしょうけど

この急坂はちょっと無理だから土手の上の

畑から眺めることにした。

空には白い雲が優しく流れて行くのが見える

カメラのレンズでは入りきらない大きな風景。

菜の花を主役にしたり、桜を主役にしたり

だけど、やっぱりここにあるもの全部見たいから

両手いっぱい広げても抱えきれない春の野山。

山道の向こう

| | コメント (4)

桜のカーテン

   4月5日 (日) 曇りのち晴れ

 きっと今が満開であろうシダレザクラ。

昨日と今日はこの桜の回りはおまつりで

駐車場もいっぱいになるから行けません。

だから平日である金曜日に行ってきたが

マイクロバスも来ていて思った以上の人だった。

自分が近くで撮っていると邪魔になってはいけないと

気を使いながらもじっくり眺めたい見事な一本桜。

ちょっとの合間をぬって「パチリ」ああ、撮れた。

人が見ている所も良いのだが肖像権の問題は

避けたいから桜のカーテンみたいに撮ってみた。

昔は小学校だった木造の校舎もみんなを迎えて

子供たちがにぎやかに遊んでいた頃を思い出して

いるのではないかと思う。春うらら。

舞台桜

| | コメント (2)

初ドライブ

   4月4日 (土) 曇りのち雨

 1日は「マイカー」で通院リハビリに行ってきました!

エイプリルフールではないですよ。ちゃんと帰ったし。

今日は久しぶりの雨になったけど桜は大丈夫かな?

傘をさしながらのお花見も良いよと見上げているのを

想像しながら…ちょっと振り返ってみる。

一昨日は知人の車でお花見できたけど

やっぱりもう一度同じ桜でも見たいなあと思って

昨日は桜の元で待ち合わせの約束して運転したよ。

ここは何処でしょう。有名な老木の桜と建物の所で

にぎやかな表と違って静かな裏側にも桜がある。

メジロさんが行き来しているこの場所に来たかった。

何だか裏側だけど都会っぽいでしょ?私だけかな?

夢中になって気が付くと日焼け顔になっていた。

桜の花を見上げていると時間を忘れてしまう美しさ

そして存在感の大きさの中にも健気さを持っている。

だから見ている人はみんな笑顔パワーをもらってる。

コンクリートの壁と桜

| | コメント (2)

美味しいね。

   4月2日 (木) 晴れ

 桜の枝がちぎれそうなほど揺れる時。

メジロさんはしっかりとつかまり花をついばむ。

舗装のしていない地面は砂が舞い上がるが

メジロさんまでは影響がなく「いつものことさ」と

こちらのことも気にせず枝から枝へと遊んでる。

いえ、真剣なお食事なのかも知れないけれど

春を追いかけて動きまわるのはみんな一緒だね。

桜をついばむメジロ

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »