« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

ラベンダーの香り

   6月29日 (月) 晴れのち雨

 蒸し暑い日々ですがいかがお過ごしですか?

先日ラベンダー園に行って摘み取った後のこと。

そのまま花瓶に差しても長持ちしないから

ドライフラワーにしながら飾りのスティックに決めた。

随分前に教えてもらったので忘れかけてて

記憶をたどりながら作ってみました。

早くしないと乾燥してからでは上手く曲げられません。

作りながらもラベンダーの香りがしてイライラ解消。

やっとコツが分かったのは作り終えた時でした。

リボンでまとめた飾り

| | コメント (3)

紫陽花

   6月25日 (木) 晴れ

 太陽の顔が見え出したのは遅い朝。

アジサイが見頃かと出掛けたがまだつぼみで

一週間くらい後の方が良かったのかな?

と思ったが早めに咲く珍しい種類に出会えた。

これがアジサイ?と思う花の形状や色。

これは一週間早かったのではなくこの花に会う為に

今日という日に行けることになったのでしょう。

初めての出会いは想像もしてしていない感動がある。

この写真のアジサイは何年か前から見てるけど

ここでしか見たことない可愛い色のガクアジサイである。

「ねえ、あなたの名前はなんて言うのですか?」

薄ピンクの縁取りの紫陽花

| | コメント (2)

ササユリ

   6月24日 (水) 雨のち晴れ

 こんなに暑いと今朝はザーザーと雨が降ってたこと

なんて忘れて、晴れって書きそうになってしまう。

ところで、近年保護活動がさかんになってきた植物で

ササユリと言う花がある。雑木林の中にあるのだが

人気があってなぜか掘って行かれてしまうのだ。

高山植物からはじまって自然の中にあるその姿が見たい

というのが一般的と思うがそれでは気がすまないのかな。

このササユリのある所も茎は残っていたものの折られて

花がないのが何本かあって残念な気分になった。

獣が茎をかじる?そんなことないよね。

緑の森の中でひっそりと咲いてるササユリが良いのだけどな。

6月23日のササユリ

| | コメント (2)

ラベンダー園

   6月23日 (火) 晴れ

 ちょっと疲れモードの今日この頃。

先週の金曜日の午後行って来たラベンダー園。

ここは午前中の陽差しの方が気に入っているから

もう一度来ようと思っていたが昨日は雨だったからね。

さて何時に行こうかと思っていたら、知り合いから

「今日はどこかに出掛けるのかな?」と連絡あり。

保存会の当番のおばさまに「また来ました」のあいさつ。

協力費の百円を払って6種類のラベンダーのある畑へ

雨上がりの畑には先週見かけなかったチョウが飛び交う。

100g200円でつみ取りもできて開園期間は7月5日まで。

以前はポピーと時期が一緒の時もあったけど今年は

間が空いてしまったがその分、風が気持ち良い吾妻屋で

ラベンダーグッズの香りに包まれてリフレッシュできる。

おにぎり持ってのんびりして行く人もいるのだそうです。

ここは縄文の丘公園とも呼ばれ、トイレも完備されて

みんなのいこいの場所になっています。

見頃のラベンダー

 

| | コメント (2)

梅雨の風物詩

   6月22日 (月) 雨

 雨が降ったりやんだりの日。

こんな日はカタツムリさんたちが動き出す。

紫陽花が見頃になっているが何を食べているのかな?

コンクリートの塀にはずらり並んだカタツムリたち。

実はこのコンクリートをあの小さな柔らかそうな体で

音をたててかじってるって知っていましたか。

紫陽花の花の方が似合うと思うけどなあ。

だから、家の中に連れて来ちゃったよ。

動きが思ったより早いからあじさいの花と

にらめっこしながらカタツムリさんを追いかけっこ。

運動していないのに汗が顔を伝って流れて行く。

すっごく運動した気分になっちゃった。フー!!

白い紫陽花とカタツムリ

| | コメント (0)

ベニシジミ

   6月20日 (土) 

 お久しぶりです。こんばんは。

写真を撮っていたけれど、更新できなかった。

蝶が舞う姿をあまり見なくなったなあ。

そんな風に思っていたら、「ここにいますけど」。

とベニシジミさんが目の前に現れてくれました。

はじめは、撮られるのはやだよとカメラを向けると

舞い上がって少し離れた所に行ってしまった。

心の中で「もう一度ここに来てくれないかなあ」と言ったら

「仕方ないなあ、撮っても良いけどポーズは勘弁してね」。

わかりました!次に会った時はしっかりポーズ取ってね。

クローバーとベニシジミ

| | コメント (2)

スイレンの池

  6月16日 (火) 曇りのち雨

 昼前には雷が静かに鳴り渡っていた。

散歩は曇っているから歩きやすいと思っていたが

少しの時間で雷が遠くで響きポツポツと雨。

これは大変と退散して家に戻るが降る気配なし。

おどかされた昼間だったが夕方にはザーザー降りで

あっという間に水たまりだらけになってしまった。

先週土曜日に行って来たスイレンの花が咲いてた池。

水が好きなスイレンはどうしているかなあ。

白と赤が咲いてた池の上段には黄色と桃色もあった。

昨年増設された池

| | コメント (0)

水田

   6月12日 (金) 晴れ

 一週間の疲れが出そうな金曜日。

昼近くになって外に出ると青空いっぱいの白い雲。

これは散歩に行かないともったいない気分だった。

午後もどこかに行ってのんびり空を見ていたいなあ。

段々気温が上がって来て家の中が得策かと思いつつ。

夕方になって再び散歩に出た。散歩道の両側に広がる

田んぼには稲の苗が育ち緑が濃くなって来ていた。

緑色は目に良いと言われているけれど心にも良いね。

いっぱい深呼吸してから家路に、また振り返り深呼吸。

苗が育つ水田

| | コメント (4)

梅雨入り

   6月10日 (水) 曇りのち静かな雨

 梅雨入りが発表されました。

診療とリハビリで朝から留守してたけど会計済ませて

病院から一歩出たとたんに雨がポツポツ降り出した。

ガソリンが底をついていたからスタンドに寄って

「スタッフ給油」3月末から2回目の給油。

何だかひと仕事に感じるのはなぜ?

ガソリン代がかかるから?濡れたタオルを渡されるから?

水が苦手な身体になって今時期はガラス拭けるけど

冬は持つと手がこわばってしまうから持てない。

いっぱい、いっぱい歩いているけど雨の日はお休み。

こんな日にリハビリがあるとラッキーと思うのだ。

家に着いてから遅いお昼を済ませ庭を眺めると

軒下近くにあるコバンソウ。知らない人から見れば

ただの草でしかないけど「小判草」の名前が良いでしょ?

揺らすとカラカラ、シャラシャラと音がするのです。

梅雨入りの時期が刈り取り頃のコバンソウ。

ドライフラワーにして部屋の中で見ていられるのです。

コバンソウ 6.9撮

| | コメント (0)

オカトラノオ

   6月9日 (火) くもり

 我が家の庭が草いっぱいになって伸び放題の大きな

樹木は自分で手入れ出来ないから昨日造園しさんに

お願いして切って頂き、換わりに花の咲く木を植えた。

せっかく大きくなって頑張ってくれていたのにごめんね。

ところで、草も取った庭で目立っているのはオカトラノオ。

これは知り合いの山から分けて頂いた野の花である。

ひとつの花の大きさはほんの1センチそれがいっぱい

連なって「虎の尾」と言われる形の白い花。

「増えたら、引っこ抜いてね」と言われて増えては来た

けれど邪魔になんてならないからもう少し自然に

そのままにして置きますね。

オカトラノオ

| | コメント (0)

ディズニーランド

   6月7日 (日) 夏日の晴れ

 昨日から本日のことですがもう思い出になりました。

夢の国ディズニーランドですからほんとに行って来たの?

広いなんてレベルではない規模でもう行けないと思ってた。

午前4時に集合場所を出発して帰りは日が変わった午前1時

と言うことで9時前から21時までディズニーランドに居ました。

あいにくの雨でリハビリ靴には撥水加工がしてあっても無理で

どうしようも無く靴下を脱ぐ訳にもいかずペーパーを忍ばせ歩く。

パレードは1時間以上前から並んでいる人たちを横目に

アトラクションを楽しんだ。さあパレードと言う頃には

歩く余裕が無く良いポジションは取れないが列に加わった。

それにしても通路を守る係のスタッフは見学する人たちを

管理してしっかり仕事に徹していたのは10年前と変わらず

こういう人たちがいて演じる側も見る側も気持ち良く見られる。

子供たちだけではなく大人も魅力を感じる所だと思う。

大勢を相手に怒らせないで誘導させている姿を見ていると

いろいろと考えさせられる場面があってとても勉強になった。

楽しむだけじゃない思い出深い旅だったことは言うまでも

ないが夕方になって青空になり夜のパレードの時に月が顔を

のぞかせて「無理しましたなあ」って言われちゃった!!

パレードのピーターパン

| | コメント (3)

梅雨の気配

  6月5日 (金) 雨

 あ~あ、の雨でした。

ちょっとは用事があったけどずっと家の中に居た。

最近は出掛けてばかりだったからお休みしないとね。

寝むた~いと思ったけど来客ありで玄関でお話。

一休みと思ったら配置牛乳の見本置いて行かれた。

一歩も出なくても雨が降ってもみんな動いているのね。

今日はカメラ持たなかったけど昨日の朝の露の写真

クモの巣に水滴がくっついていたのはUFOみたいでしょ?

すごい群団だけど、透き通っていて葉っぱが映ってるよ。

これからシモツケの花が咲いたらきれいになるんです。

クモの糸に付いた水滴

| | コメント (2)

ポピー園その2

   6月4日 (木) 曇り空

 先週訪ねたポピー園に行くことにした。

お花畑は大勢の人が来て切り取って行っても

先週より沢山咲いてあざやかに思えた。

大きな花びらは明日にはさよならするけれど

その後に種を育てる為の実が姿を現している。

傘のような帽子をかぶった可愛い顔に思える。

いろいろな形をしている実が背くらべしたり

こっちは丸くていっぱい入っていると自慢大会だ。

ポピーは咲く前の毛深い下向きのつぼみから

しわしわになったまま咲いて風にヒラヒラなびく花びら

そして空に向かってまっすぐに伸びて実りを待つ時と

長く楽しめるポピー園は6月14日まで切り取れて

閉園するけど種が実るまではずっとここにある。

ポピーの実

| | コメント (0)

6月です。

   6月1日 (月) 晴れ

 電波の日。写真の日である。気象記念日もね。

若かりし頃アマチュア無線の国家試験を受けるが

電気のことを何も知らないから問題集を必死で読み

回答欄を隠しながらのほとんど暗記で合格した。

試験には関係ないのにモールス信号も覚えてた。

写真はと言うと同じ頃興味を持った。

二年間働いて貯金して念願の一眼レフを買い求め

三脚は次のお給料が出てから買い足して

その次はストロボと増やしてカメラ雑誌とにらめっこ。

お休みの日に無線機持ちながら写真を撮りに行った。

当時月曜日が休日の生活をしていて団体行動が

出来なかったから一人では淋しいし、不安でしょ?

あれから○十年カメラはいつも手元に置いてある。

無線は顔を見た事がなくても声だけで友だちになれた。

今は無線機は飾り物になって電源も抜いたままである。

写真は撮る時に見えていない物がいっぱい見えて来る。

だから植物もゆっくり観察して名前を調べられる。

写真を見ただけでその時に戻れることもあるのだから

「バラが綺麗だったね」で終わらないでいつまでも

散らずに見ていられるのは幸せってことですものね。

花フェスタのバラ

   

| | コメント (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »