« ツマグロヒョウモン | トップページ | 蕪の額 »

ツマグロヒョウモンⅡ

   7月 8日 (木) 晴れたり曇ったり

 昨日我が家の庭に遊びにきたチョウがいた。

なかなか羽を広げているところは撮れなかったが

舞い上がる時にメスと確認することができた。

そして本日、家のすぐ近くでオスのチョウを見た。

その名の通り羽の先であるツマに模様のある

ツマグロヒョウモンのオスに出会えたのである。

日本の国蝶であるオオムラサキに代表される

メスの方が色が地味でオスの方が鮮やかだ。

メスの方が一回り大きかったりすることもある。

気を引く為とか言われるがこれは同じ仲間

じゃなくて敵に狙われないようにメスを守る為に

「こっちだよ」とオスが主張しているんだよね。

ミツバチと一緒に

|

« ツマグロヒョウモン | トップページ | 蕪の額 »

風花のひとりごと」カテゴリの記事

コメント

よッ!風花さん、おっはよー!
早速見つけてアップしたね。
オイラも、メスとオスの写真、何度も見比べさせてもらったよ。
なるほどオスのほうが目立つね。
人間はメス…おおっと、女性のが目立つのにね。
ははは!

投稿: 寅 | 2010年7月 9日 (金) 10時44分

お久しぶりです(^^ゞ 風花さん、蝶々のとまっている紫の花の名前は何ですか? キ○ヤに安く出ていて、飾っています。(^-^)この時期、いつも出回りますね。

投稿: momo | 2010年7月 9日 (金) 18時46分

寅さん、こんばんは。
見かけても撮るには至らないことが多いのですが
割と長い時間居たので撮れました。嬉しかったです。
私たちは人間を基準にしますが、チョウからすれば
人間はどうして?と思っているかも知れませんね。

投稿: 風花 | 2010年7月 9日 (金) 20時23分

momoさん、こんばんは。
お久しぶり!忙しいのにありがとうございます。
花の名前は「リアトリス」です。
キリンギクとも言われるそうです。
北アメリカのミシガン州が原産地で日本に来て
からも園芸品種が作られて紅輝(こうき)・白鳳
などあり、夏の暑さにも強い花ですね。


投稿: 風花 | 2010年7月 9日 (金) 20時41分

風花さん、こんにちは。

「ツマグロヒョウモン」雄雌が撮れて凄いですね。
蝶の撮影は難しそうです。

小学校の頃蝶の採集に夢中になってましたが、ツマグロヒョウモンは知りませんでした。その頃にはこのあたりにはいなかったのですね。鱗粉転写して大学ノートに貼って楽しんでいました。

投稿: いしあたま | 2010年7月11日 (日) 15時22分

いしあたまさん、こんばんは。

蝶の姿にあこがれて、やっとお友だちとして
認めてくれたのかなあと思っていますが…。

夏休みの宿題に標本を持って来ていた昔でしたね。
お店には昆虫採取のセットがありましたよね。
今では、モンシロチョウでさえも少なくなって標本は
研究の為だけに許されるくらいに減りました。
鱗粉転写もしましたね。アゲハは可愛そうで
私は「ガ」の分厚い鱗粉転写をしていました。
親には「ガ」の鱗粉は毒だから触るなと
言われたような?


投稿: 風花 | 2010年7月11日 (日) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツマグロヒョウモン | トップページ | 蕪の額 »