« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

今年の終わりに

   12月31日 (金) 晴れの大晦日

 来年の準備と言うか明日の準備だけど。

毎年恒例のおせちの三段のお重箱詰めて

年末は本来の家族で一緒に今年一年無事に

過ごせたことに感謝しながら食卓を囲んだ。

みんなお酒を飲むから私の運転で往復した。

だから、まだアルコール飲んではいません。

紅白歌合戦の途中で冷え切った車の運転

流石に静かな道を赤信号が長いと思いながら

以前は二年参りに行っていたけど、今年は

のんびり家で過ごすことに決めた。

これから年越しでゆっくり飲んじゃおうかな。

本年はお世話様になりありがとうございました。

おせちの一の重

| | コメント (0)

夢への架け橋

   12月29日 (水) 曇りのち晴れ

 今年はどんな年だったのだろうと振り返る。

いろいろな出会いがあり、それぞれ貴重な

出来事となって記憶に残っている。

虹を見たいと思ったら虹に出会えたことも

夢を持ちたいと思っていたらずっと持ち続けて

叶っていないから続けられるってことを知った。

ブログにコメント書き込みしたら返信コメントを

見た時の感激の数々、幸せ気分がいっぱい。

先週見ることが出来た虹は2本あり短かったが

「長くな~れ!もっと濃くなって!」と願ってた。

想うのは自由で誰にも迷惑かけてないし

誰にもじゃまされなくて良いなあって思った。

12/22の虹

| | コメント (14)

夢?

   12月26日 (日) 曇りのち晴れ

 クリスマスは過ぎたけど…。

プレゼントは何も届かないと思ったが

食品会社からもれなくのキャンペーンの

「ふきん」が宅配メール便で届いていた。

もう忘れていたからまた勧誘の封書かと思った。

夜はひとりになってしまったから出掛けちゃった。

ちょっとイルミネーション探しに近くのおばちゃまと

そしたら、「わあ、すごい夢の世界みたい!!」

カメラに納まらない電飾

とっても寒かったけどずっと見ていたかった。

| | コメント (2)

ホワイトクリスマス!

   12月25日 (土) 時々舞う雪

 夕べから雪の予想はしていたが…。

真っ白な雪で空はどんより雪の積もった山は見えず

昼には道の雪はすっかり溶けていたがとても寒い。

この間撮ったイルミネーションで元気になれるかなあ。

12/21イルミネーション

ワンコのサンタさんは寒さに負けずに

相変わらずのニコニコ顔で元気です。

雪の上のサンタさん

 

| | コメント (4)

メリークリスマス

   12月24日 (金) 雨のち曇り一時雪

 やってきました!ホワイトクリスマス。

そりは雪道の方が走りやすいけれど

何せ紙のトナカイさんは雪が苦手で寒がり

サンタさんも結構寒がりだから毛糸の手袋に

入って温まっています。

悩み多き人もいつも元気な人もみんな

み~んなハッピーなクリスマスになりますように。

ワンコサンタさん

| | コメント (4)

   12月23日 (木) 晴れ

 今日はカレンダーではお休みの祝日。

ちょっと気になっていた柿の実がある木に

会いに行く予定をしていたのだったが…。

電車が見えるポイントに寄って30分待ち。

時刻表より5分遅れて長~く思われて

もしかしたら来ないのかとまで思った。

柿の木まで行く手前にも行ったことが無い駅が

あり、あと一時間近くあるから「行ってみよう」

ああ、写真で見たことがある景色と駅舎だ。

ここは秘境駅ランキングには載っていないけど

ひとつ手前は13位このふた駅向こうは第4位

寒さをしのぐ駅舎は綺麗で時刻表を見てから

携帯のアラームにセットして周りを散策した。

やあ~、良い所だねえ。桜の木もあるし…。

春こそは電車に乗って来てみようかと思った。

アラームが鳴りトンネルの中から電車がきた。

乗降する人はいなかったが、電車の後方の窓から

安全をチェックしているであろう姿がずっと見えていた。

逆光の中の電車

| | コメント (4)

第3回サンタ会議

   12月22日 (水) 曇りのち晴れ一時雨

 もうすぐクリスマスになるから大集合。

「今日は2本の虹が見えたねえ」「そう、そう」

虹が見えると言うことは水分があるってことで

遠くは小雨が降っていたと思われるがカメラを

持ってポジション考えていたら、ポツポツと雨が

今日は昼間だからすぐ分かったけど屋根が無い。

上着の中にカメラを入れてお腹ポンポン状態で

帰ろうと10メートルも歩かないうちに雨はやんだ。

ほっとしながら我が家に帰るとにぎやかな声が、

おやっ、サンタさんが増えているではありませんか。

トナカイさんは子どもさんを連れて来ている。

これ以上は増えないよね、サンタさんとトナカイさん。

大集合の会議

| | コメント (2)

イルミネーション

   12月21日 (火) 曇り一時雨

 どんより曇りの一日だったが夕方の一人ドライブ。

各地区でまちづくり委員会が試行錯誤の活性化

ここは大正時代のモダンな建築様式の建物がある。

昨年は一週間だけで見に行くことはできなかったが

今年は一ヶ月と昨年の約2倍の2万5千個の電飾で

大勢の人が訪れるのを待っている。

数年前までここにある桜の木が開花宣言の標準木

があり、時代の流れで切られてしまうと言うから

「桜を切らないで、建物も残して!」と願った場所。

人はまばらではあったが「わあ~、綺麗だねえ」

「何処で知ったのですか?」と訪ねると暗闇から

「あの向こうの温泉から見えたから、来てみたの」

午後6時に雨がポツポツ、天気予報当たりました。

車に急いで乗り込むと5分ほどで雨は止み

家路に向かっているうちに水滴は乾いていた。

晴れていれば皆既月食が見られた日だったが

輝くLEDは満天の星のようにきれいだった。

輝く電飾

| | コメント (2)

影あそび

   12月20日 (月) 雨のち晴れ

 雨だと思っていたが晴れて暖かだった。

午後は電車の通過時刻に合わせゆっくり向かう。

この間立て替えた旗は鮮やかなオレンジ色が目立つ。

先週撮れなかった構図で数分待ち電車が無事通過

それから、いつもの道に歩いて行くと畑にきていた

近所のおばさまと少しの時間立ち話がはずんだ。

「あの、写真撮って良いですか」「え~、私なんか」

影だけだから大丈夫と並んで撮らせてもらった。

帰りにさっき採ったばかりのネギと春菊を頂いて

今夜の食卓におひたしで食べたら旬の味がして

とっても美味しかった。遊ばせて頂いたのに

野菜のお土産とは嬉しい午後の散歩であった。

足長族?

| | コメント (2)

くーちゃんを訪ねて

   12月18日 (土) 晴れ

 先日お会いした折り紙おじさんのこと。

友人が教えてもらいたいと言うから午後から

こども向けに行われている教室を訪ねた。

久しぶりに訪ねたこの場所は元高校があり

学舎の後にいこいの森としての大きな公園と

なり大人も子供も楽しめる遊具や建物がある。

この一画にあるなかまの館に居た工藤さん。

自分で持って行った折り紙が立体化したり

ハサミを入れて想像もつかない作品になる。

大勢に来てもらいたいから宣伝して!「ハイ」

そんな訳で笑顔のくーちゃんの登場です。

明日も朝から夕方5時まで教室開くそうです。

切り絵のくーちゃん

| | コメント (2)

銀河鉄道?

   12月17日 (金) 晴れ

 昨日に続いて寒かったがお日様は暖かだった。

夕暮れ時にどうしても行きたい所があった。

昨年から始まったイルミネーションがある公園。

蒸気機関車D51があり春は桜が咲く所である。

着いた時には真っ暗になってしまったけれど

数十年前からここにあり、サビついていた時期も

あったが綺麗に黒く塗られて走り出しそうなほど

手入れされ昨年からみんなが楽しめる電飾も。

さあ、二回目の今年はクリスマスのイメージで

サンタさんも大きな袋を持ってソリに乗っている。

道路に面して信号で止まる場所から良く見える。

夜汽車に乗って夢の世界へ行ってみませんか?

出発進行

| | コメント (4)

門松めぐり

   12月16日 (木) くもり

 寒い一日だったが作品展の会場へ向かい

書・写真・絵手紙・ちぎり絵などを観賞した。

一休みして午後から奥ちゃんのブログにあった

巨大門松を観に行くことに決めて助手席に乗る。

ありました!何処から観れば良いのかなあ。

車を邪魔にならない所に駐めて眺めるが

大き過ぎて広角でも入らないから道路の向かい側

に渡ってカメラを構えると通り過ぎて行く車の

運転手は皆ニコニコと笑っているから、お辞儀を

してからまた眺める「知ってる人?」と友が言うが

「いやあ、お邪魔してるから挨拶してるだけです」

「他は何処にあるの?」「いろんな所」と行ってみた。

夕方になってきたからめぐりきれなかったけど

最後に寄った「あしたむらんど下條」には中に

入ると大きな怪獣エルマーくんだっけなあ。

その陰に素敵なクリスマスツリーが飾られていた。

玄関出ようともう一度門松を見ていると

銀色の扇の裏は牛乳パックであった。エコ?

流石、匠の会の方々の工夫と労力に脱帽です。

四ヶ所の門松

| | コメント (2)

白いトナカイ

   12月15日 (水) くもり

 予定通りのリハビリに行ってそのまま

用事を済ませようとお昼のパンを買った。

談話室で食べようと思ったらテーブルの上

いっぱいに広がった折り紙の生き物があり

この間サンタ会議で言った「トナカイ」が居て

日本折り紙協会所属の工藤さんと言う方の作品。

折り紙作家の女性を知っていたから名前を

言うと、その一番弟子だと答えが返ってきた。

金と銀のハサミを使い分けて切り絵のような

細工がほどこされたアートの世界である。

赤いトナカイさんにまず目が行って「これ下さい」

そしたらおまけに白いトナカイさんをさっと仕上げ

広げたのをたたんでから「大事に持って行ってな」

今日はたたんだままのお披露目ですが当日は

動き出すかも知れない白いトナカイさん。

お話ししてる間もどんどん作品が出来あがって

これもどうぞ!ってほんの紙代だけだったのに

何だか工藤さんがサンタさんに思えてきた。

折り紙のトナカイ

| | コメント (4)

桜咲く頃

   12月14日 (火) 曇りのち晴れ

 あちらこちらで四季桜が開花している。

近くのも咲いていると聞いていたがやっと

訪ねて見ると早いのは咲き終わっていた。

昨年より花が大きく見えるのは気の牲かしら。

満開の四季桜

その帰りに電車を撮ろうと踏切まで来たら

いつものことだけど「一時停止」の旗が

ボロボロになって風に吹かれていた。

ボーっとしてるのもつまらないから月と一緒にcamera

お月様に向かって「お~い、見える~」と

叫んでいるのかと空想にふけっていたら

一台のワゴン車が到着して4人降りてきて

何と真新しいオレンジ色の旗に立て替えた。

それにしても電車はいつ来るの?

時刻表その都度見ても覚えられません。

舞うはぎれ

| | コメント (5)

クリスマスカラー

   12月12日 (日) 晴れ

 先日の霜の続きですが…。

ツツジの葉っぱって温かいのかなあ。

お日様の光が当たり始めるとすぐに

溶けてしまって優しい霜の画像しか無い。

だけど、紅葉は昨年より綺麗に思える。

クローバーのガチガチとは違って

規則正しく絵に描いたように霜が着くのだ。

白い霜とクリスマスカラーに想いをよせて。

今日12月12日は母方のお祖父さんの

誕生日なんです。99歳まで元気だった。

おもちゃも全部手作りでオセロゲームの

コマは細い枝を切って面を黒いマジックで

塗っただけで充分だったね。

ラジオを聴くのが大好きだったお祖父さん

子供の頃肩たたき百回で十円もらってた。

つるつる頭をたまにふざけてトンと叩いても

笑っていたお祖父さんお蚕様飼ってたなあ。

今は…何歳になっていますか?

120歳は過ぎているのかなあ。山からモミの木

ひと枝を切ってきて綿をいっぱい乗せてツリーを

完成していたのを思い出しています。

ツツジの葉の霜

| | コメント (4)

霜の朝に

   12月11日 (土) 曇り一時雨

 昨日の寒~い霜で真っ白な朝のこと。

意を決して、外に飛び出した。

大げさだなあ~って、それはそうだけど

早くしないと溶けてしまうんだもの。

まずは一番近くから、クローバーの葉っぱ。

霜柱がいっぱい不規則に並んでいるのを

息をかけないようにして近くでレンズをのぞく。

次の瞬間「ピキピキッ」「パリパリッ」そして

「ポヨ~ン」と氷から水になる音がした。

それは氷のトンガリから水の丸い顔になって

「おはよう!」って「えっ?」あいさつするより

初めての出会いにびっくりしてしまった。

これって霜から朝露に変身する瞬間…。

まだまだ知らないことが沢山あるんだなあ。

きっと幾つになっても新しい出会いはある。

出来れば、それを楽しい発見と思いたい。

霜から露へ

| | コメント (8)

第2回サンタ会議

   12月 9日 (木) 曇り

 さて、今日の議題はと…。

「ねえ、斎藤佑樹さんが入団記者会見

さわやかにやってたよねえ」

「あんまり野球に興味無くても気になるね」

はい、本題に入りま~す。

トナカイさんは何頭居れば良いですかねえ。

寒いからサンタの温かいブーツも要りますね。

では、次回までに準備して置きます。

寒いからこれで解散と致しましょうかね。

お疲れ様でした。おやすみなさい。

手の平のサンタワンコ

| | コメント (0)

白い花

   12月 8日 (水) 晴れ

 朝から晴れて近くの山も初冠雪の日。

だが朝から病院に行く予定があったので

記念すべき初冠雪の画像は残せなかった。

12月になってから、庭で白い色と言えば

さざんかの花が今日もひとつだけ咲いている。

ふと思うのは心もこんな白い色でいられたら

そして回りはほんのり桃色で柔らかな気持ち。

争いのない世界は理想でしか無いのだろうか。

誰かが勝ったら誰かが負ける。答えは一つ。

それが当たり前?10人10色では無いの?

負けるが勝ちって言葉もあるけれど…。

人生いろいろ、それで良いじゃないですか。

信じる者は救われる、何を信じて良いのか

わからなくなった日は白い心になってみよう。

たった一つの花

| | コメント (2)

第一回サンタ会議

   12月 7日 (火) くもり

 突然我が家で会議がはじまった。

Xmasに向けてパグとミニチュアダックス代表

もう古くなった松ぼっくりのツリーの横に集合だ。

「サンタは居ないって言ってる家に行ってみようか」

「何のプレゼントが良いかなあ」「う~んそうだなあ」

「僕たちがプレゼントって言うのはどうかなあ」

「じゃあ、大きな袋を用意しなくっちゃだなあ」etc

…なんでしょう?サンタさんはひとりじゃないの?

ワンコ会議

| | コメント (6)

夕焼け雲

   12月 6日 (月) 晴れ

 久しぶりの夕焼けを見た。

こんな時は独り占めって言いたいけれど

農作業に来ていたご夫婦と一緒に見ていた。

「良いの撮れたかな?」「はい、撮れました」

お話し出来るから楽しみが増える夕暮れ時

「おやすみなさい」って言ってからもう1枚

いつまでもきれいに輝いていた空だった。

夕焼けの空

| | コメント (6)

夕暮れ散歩

   12月 4日 (土) 晴れ

 撮り鉄ではないけれど…。

電車の顔 この頃は

電車を撮りたくなって時刻表とにらめっこ。

陽のあるうちにと向かったがあっと言う間に

遠い山の向こうにかくれんぼしてしまった。

雲が無い西の空は夕焼けは見られなかったが

東側の雪の帽子をかぶった仙丈ヶ岳はうっすら

赤く染まってきれいに見えていた。さあ、帰ろう。

夕暮れの雪山

| | コメント (2)

雨です。

   12月 3日 (金) 雨

 え~、もう12月3日?もう金曜日?

師走になったと思ったら早いなあ。

と思ったが外は雨…やっぱりのんびりと

過ごしているが気持ちは焦るばかりである。

秋のお片付けも冬の準備もしていない。

それでも、時間だけは正確に進んで行くのだ。

我が家の庭ではこれまでで一番の賑わいの

赤と白の南天の実が雨に濡れて光っていた。

南天と滴

| | コメント (6)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »