« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

編集作業

   2月28日 (月) 雨

 シトシト降る雨の日。

構想2ヶ月・仕上げ一日の強行作業。

何かと言えば今流行の「フォトブック」である。

手始めに1月中頃に「ミニミニ」を一冊仕上げ。

さて本番となるとオリジナルにこだわりを持ち

台紙の色から取っ替え引っ替えやってみた。

雨でも訪問販売員が来たり、もろもろありで

手を休めてばかり、15分ごとに「保存しますか」

とコメントが出て、ブログみたいに時間切れは

無いから安心して放って置けるのはありがたい。

夕方やっと完成し、確認を何度もしてからいざ送信

と言う時にログインから「確答するお店がありません」

次へ進めない「え~、何で?今日締め切りなんだよ」

冷静に住所確認合ってるけど半角にしていなかった。

もう一度、あっ反応した!初めてじゃないのに焦った。

また運動不足になりそうだから、背筋を伸ばして

それからスクワットで、後は出来るの待てば良い。

只今編集中

| | コメント (2)

紅梅

   2月27日 (日) 晴れのち曇り

 昨日の青空は何処へやら、上空にはあるはず。

また天気が崩れると、重たい足を引きずり…

そんな気の重たい話は置いといてですねえ。

散歩道の最延長地点とでも言いましょうか。

ここにお邪魔すると「一年ぶりにやって来ました」

「元気だった?今年は遅いからまだ撮る所無いら」

「ひとつでも咲いていたらと思って来たから大丈夫」

この場所を知ってから、毎年交わす言葉である。

花を選んで撮ることは出来なかったが濃い紅色が

「ああ、ここまで来れて良かった」と思わせてくれて

これから、どんどん咲いて行くのが楽しみである。

0227_4085

| | コメント (6)

蝋梅咲く

   2月26日 (土) 晴れ

 雲ひとつ無い青空が広がった日。

「まだかなあ」と待ち続けた我が家の蝋梅の花

雪が降ったり雨が降ったり体調が思わしく

なかったりしているうちに咲き出していた。

家の裏手にあるから毎日見られなかったのだ。

蕾は沢山あったけど小鳥さんに食べられたね。

これも剪定していないから枝を選んで片付けなきゃ

ひこばえが一気に大きくなって蕾がちらほらだけ。

やることいっぱいの春になりました。

もう少しだけ待って下さいね。まだ力不足ですから。

ロウバイ

| | コメント (4)

過密スケジュール

   2月25日 (金) 雨のち曇り

 緊張から解き放たれて居ない朝は眠たい。

MRIがこんなに疲れるって忘れていたから…。

検査と点滴で出来なかったのを入れてもらってた

午後一時からのMRI検査の直前までリハビリ室に。

「今日も無事できるかなあ」と思いながら受付へ

本日は胸椎部だったから大きなお面は無くて

ちょっとすっきりしたドームの中でやっとCDから

コブクロさんの歌が聞こえて来た。これでなきゃ。

と思ったが、じっとしていないといけないと言う

異空間のトンネルの中に居ると言う意識だった。

「はい終わりました。動きますよ」45分過ぎていた。

喉が渇いてお昼を食べ始めたのは2時を回っていた。

それから…本日から始まった年に一度の展示会で

友の作品があり午後の当番と聞いていたので向かう

絵画、陶芸、木彫り、書道、生花と60のグループ展

建物いっぱいに一階から4階までそれぞれの力作で

友はフラワーアレンジメントの部屋に居るから奥まで

たどり着くのに時間がかかって着くと椅子をみつけて

座らせてもらった。お茶とお菓子も頂いて一休み。

ハードだったけど花の香りに包まれて幸せ気分に

訪れた人がみんな笑顔になって、春満開になった。

明日は、のんびり過ごしたいものである。

展示会場の花

| | コメント (4)

検査2日目

   2月24日 (木) 雨

 昨日夜から降り続ける雨になった。

これは…珍しく昨日洗車したからかな?

何となく間が持てない気分の雨模様だったが

予定時刻より15分前に受付と記載されている

MRI検査であるが早めのつもりでも20分前到着。

待合室の中には前の患者さんが居るのが見えて

ドアが開いているけど、どうしたのかな?

閉所恐怖症で検査が出来なかったとショック顔で

「大丈夫だと思ったんだけどなあ」着替えて退室。

予定時刻を待たずに「どうぞ」の声でもう一度

金属についてのチェックを受けて中へと入った。

「今日は首ですから、喉仏動かさないで下さいね」

えっ、ゴックン出来ないの?ずっと鼻だけで呼吸し

終わるのを待った。「汗が出るくらい暑くなるかも」と

言われていたが、それほどでもなく無事?終了。

昨日お願いして置いた「写真撮っても良いですか?」

ドアから離れて「これくらいなら、大丈夫ですから」と

これも本日最終撮りだったから実現出来たことだが

ちょっと前に自分がお世話になった検査室である。

MRI

| | コメント (5)

長い一日

   2月23日 (水) 晴れ

 さて点滴最終日。今日はゆっくりでOK!

覚悟して行くと本日は時間に忠実な看護師さん

3回もチェックに来て「少なくなると圧が下がるから」

点滴しながら、診察に主治医の先生が診てくれて

「昨日より良くなってるようですが来週も診ますから」

昼は丁度知り合いが来たので一緒にうどんやさんへ

「天ぷらと味ご飯は終わってしまいました」「あらまあ」

おろしうどんに決めた。辛味大根が美味しいのね。

3時過ぎにMRI室の前で待つ、ちょっと緊張してきたが

この病院は自分のCDの持ち込みOKだから夕べ好きな

コブクロさんの曲ピックアップして「これを使って下さい」

だけど、本日頭頸部のMRIだからあまり聞こえず終い。

「ゴンゴン、ガンガン、コトコトコト」を聞きながら頭の中を

空っぽにしてみようと「無」になった。するとなぜだか

あれ?何か笑ってるように口元が動いたかも?

病になってから5年ぶり?の5回目のMRIは怖く無い。

最初はこの病院にまだMRIは無かったから他の病院の

2カ所で撮ってもらったり2時間も入っていたりした。

だから本日の30分は短いものだったがお疲れさんの

ご褒美に売店でミニマスコットまた買ってきちゃった。

昨日の予定のガソリンスタンドでは満タンで洗車も追加

やあ~さっぱりピカピカ、リフレッシュして家に着いたが

お天道様は「さよなら、明日ね」の挨拶のみだった。

カエルさんとパンダさん

| | コメント (4)

怒ってる?

   2月22日 (火) 晴れ

 何を置いても点滴治療2日目。

血管が出にくいから手首より先っちょにチクン。

昨日より遅いから「もう少し早くても」と言ったが

「滴数チェックしてるからこれで様子見て下さい」

と却下され、自分の感覚でそろそろ一時間では。

違う看護師さんに「今何時ですか」と一時間十五分

過ぎた時間だった。でも半分以上残ってる~。

2時間の予定で記されているのになあ。「あの~」

急に早くは出来ないから微妙に早くしてもらって納得

すると隣のベッドに入った患者さんに「5時間だでな」

「え~、そんなにかかるの」とただ事では無い声がして

結局2時間半で本日の点滴終了。これでまっすぐ

帰れないのがいつもの事で母親世代のおばさんに

「5時間は大変ですねえ。びっくりしましたねえ」

すかさず「顔色良いのに何処か悪いの?」と聞かれ

5分位かな?しばし会話に没頭。私にとっての

救世主現るの気持ちで2時間半でイライラしてる

場合じゃないよって教えてもらったからね。

「下から見てると減って無い気がするけど」の問いに

「大丈夫小さい一滴だけどちゃんと落ちてるでね」

人には言えても自分も同じ気持ちで分かり過ぎだ。

外来フロアーに出ると遠くの椅子にポツンと座る

知人を見てまっしぐら「どうしたの?」隣に座って

しばらく話がはずみ点滴後の一休みとなった。

何やってるんだろうなあ。

昨年のうちに剪定出来なかったキハダの枯れ枝を

角にして「にらみ顔?」してる庭の主あり…。

怒ってる?剪定してたら君の顔見られなかったよ。

キハダの節の顔

| | コメント (2)

春になれば…

   2月21日 (月) 晴れ

 久しぶり~の午前散歩に行った。

午後は予約診療でどうしても歩いておきたかった。

休み休み行った梅畑の中にも咲き始めた花があり

良くしたもので、ミツバチさんが来て近くを飛び回り

「ブ~ン、ブン僕の方が先に見つけたんだよ」って

やっと外を歩く気分になれたけど、午後の診察で

「調子悪そうですねえ」歩き方で一目瞭然バレバレ

即点滴、血液検査とMRIの予約入れて処置室へ

我慢し過ぎたかなあ。2時間の点滴の一滴一滴が

3日間続く、早くしてとは言えない大事な一滴だ。

ゆっくり身体に入って早く馴染みますように…。

今週はずっと毎日病院に通う事になるからリハビリ

変えてもらわなくちゃと報告に「皆勤賞ものだよ」と

時間給でも貰えたら、張り切っちゃうんだけどなあ。

今日のミツバチさんのように花が咲いたら活動開始!

私はミツバチさんでは無かったね。「人間だもの」

いろいろあるんです。身体も心もね。

梅とミツバチ

| | コメント (4)

愛しのサボテン

   2月18日 (金) 晴れ

 数日前に会ったサボテンさん。

トゲはとっても痛そうだけど可愛いね。

花火がいっぱいの様な白い毛玉が暖かそう。

そのトゲの中には幾つかのつぼみが隠れてる。

もうすぐぬくっと出て来てパッと花が咲くのですね。

また会いたいな、暖かい温室の中のサボテンさん。

サボテンのトゲ

| | コメント (6)

風花の雑談

   2月15日 (火) 晴れ

 昨日ほっとなうどんやさんでしっかり温まった。

しっかり充電出来たのに一日で使ってしまった。

何か、自分に過大なストレス掛けたでしょうか?

やっぱりこの寒さに参って身体が悲鳴をあげてる。

どうやったら、元気いっぱいに動いてくれるの?

絶対に必要なお薬倍飲んだら、「よ~し!」って

成ったらとっくにやってるけど…違うしなあ。

歩く歩数は全然足りていない洗濯機まで行ったり

来たり、廊下をモップで行ったり来たりしても

足りないよ~。外の散歩に行けないのが響いてる。

転んだことがあるから、怖くなって余計な力が全身

に入って歩幅も細かくなる一方の悪循環である。

この間見たワラ細工の大きくて立派な湯屋守様。

ちょっと違うかも知れないが身体ごと頼ってみても

良かったかもね。顔の中央部にお金をはさんだ

人も居たようだったが守ってくれているかなあ。

「きっと守っているに違い無い!」そう思った。

湯屋守様

| | コメント (4)

寒い日は…

   2月14日 (月) 曇りのち雪

 午後から雪の予報はあったけど…。

先週から決めていた予定の昼食のこと。

中馬ぬくもり街道のおひな巡りの阿智村の

入り口にあるうどんやさんに着いたのはまたも

寄り道してたから昼はとっくに過ぎていた。

「こんな時間から良いですか?」「どうぞ」と

昼の営業は2時半までとなっているからね。

さて、前回は田舎うどんを食べたから何にしよう。

釜うどん

釜うどんは可愛い手まりの様なのがふたつ入って

つゆも暖かくて薬味はねぎとゆず胡椒でちょい辛

ほんの少しで心も体も温まるのには充分であった。

店内のおひなさま

来た時も雪は降り出していたが、お雛様越しに

見えた外は重たそうなボタン雪が降りしきっていた。

入り口にうどん神社がある仕事熱心な店主のお店。

| | コメント (6)

雪の華

   2月11日 (金) 雪

 先日の雪予報は雨で終わったが

今度こそは一日中細かい雪だった。

屋根の上に積もった雪は風が吹くと

舞い上がるほどの小さな結晶の雪で

一歩も外には出られなかったのである。

夜になってから「そうだ雪だるま作ってない」

冷たい雪にはさわりたくないのだが…。

庭のユリの種がこぼれた後に雪が積もり

やっと雪の花が咲いた。題して「雪の華」

このために片付けないで置いといた物だから。

雪の華

| | コメント (6)

骨董のお雛様

   2月 9日 (水) 雨上がりの晴れ

 ちょっとご無沙汰してしまったパン屋さん。

リハビリ帰りに遠回りして寄ってみると

時代物のおひなさまが壁際のタンスの上に

飾られていた。そこにはパンも納められて

ここにしか無い光景となっていた。

昨年秋に写真展でお世話になった玄パン

工房「BAOBAB」さんである。

この冬の寒さはパン作りにも影響があった

と言いながらもいつもの笑顔は変わらない。

雛飾りの短冊には「中馬のおひなさん」と

書かれその下にはネズミさんが寄り添う

絵があり現代の愛嬌も添えられていた。

おひなさま

| | コメント (2)

南国気分

   2月 8日 (火) 晴れのち曇りのち

 昨日予定したお宅へ訪問。

勿論、カメラを持っておじゃました。

目的はサボテンの花を撮るためだった。

着くとすぐに温室へと案内してもらった。

一歩入るとそこは別世界の南国気分になり

初めて見る珍しいサボテンがぎっしりと並ぶ。

まだ花は少なかったがそれよりここで育って

いることに感動し愛情が無いと出来ないと思った。

いかにも多肉植物と言う物からトゲ~の物まで

数え切れない種類が揃っていて想像を遙かに

越えていた。みとれて居る内に汗が流れ出して

ハウスを脱出、種で育てることも初めて知った。

美味しい手作りパンを頂いてそれがお昼となった。

三穂の柿さんおじゃましました。そしてありがとうね。

もうすぐ咲くサボテン

| | コメント (4)

今時の…

   2月 7日 (月) 晴れ

 これって今日の夕暮れの写真だけど色が?

ずっと一眼レフカメラで撮り続けて来たが

近頃のコンパクトカメラの多機能さを知りたくて

結果、液晶モニターを見ながらの撮影はちょいと

苦手で不安定さを感じた。やっぱりカメラに顔を

近づけてファインダーを覗く方が合っているかも。

編集ソフトが無くてもカメラの操作次第で画像が

変わるとは…使ってみないと分からないものだ。

で、これはポップ調に設定して撮ってみた一コマ。

実はフイッシュアイ(魚眼)が欲しかったから

一眼レフ用はとっても高い値段がしてるからね。

真剣に「お遊び」するのも有りかなあって

コンパクトカメラの説明書を真面目に見ている。

試し撮り

| | コメント (2)

文化祭

   2月 6日 (土) 晴れのち曇り

 昨日の夕方にも開催されていた地区の文化祭。

公民館の部屋いっぱいに展示された作品があり

保育園の園児たちが作った鬼のお面が迎えてくれた。

外では和太鼓が響き、委員の方たちが作ったおしるこ

甘酒、豚汁、おにぎりにお漬け物がならんでいた。

お昼少し前に行ったが豚汁は最後の一杯だった。

テントの中で食べていると「豚汁もうないの~」と親子の

声に、食べられて良かったと思うと同時に申し訳ないと

言う気持ちで複雑になったが美味しく頂き嬉しかった。

しばらくぶりの見学に「久しぶりだったなあ」と年配の

方々に声を掛けられてここの住民で良かったと思った。

来年は久しぶりに展示の仲間に入れてもらおうかなあ。

文化祭あれこれ

| | コメント (4)

雛のつるし飾り

   2月 4日 (金) 晴れ 立春

 寒さは峠を越し今日は3月の陽気とか。

より温もりを求めて「中馬ぬくもり街道」へ

来月になると展示が200カ所になる

ひなまつりが開催されるが一足先に

2000体のつるし雛が展示される場所。

能舞台がある温泉郷のお宿である。

温泉の守り神の湯屋守様を中央に

「でんでんだいこ」「お月見うさぎ」「亀袋」

それぞれに意味があり一針一針作られている。

昼神温泉能舞台

宿のお客様がゆっくりくつろげるように配慮して

一般の方は午前十時から正午まで無料で観られて

スリッパを脱げば舞台にのぼることも可能である。

ちょっと横から一枚撮ってみたけれど正面からが

一番だ。是非行って観賞して頂きたいものである。

| | コメント (4)

秋の忘れ物

   2月 3日 (木) 晴れ 節分

 冬枯れの何も無い散歩道。

脇の水路は水がかすかに流れている。

昨日見た時は何も無かったが「あれれっ?」

もみじの葉がデコボコ水底に張り付いている。

夕べはそんな強い風が吹いていたのかなあ。

何処から、どうやってここに来たのかなあ。

鳥さんが運んで来たのかなあ。いや、違うなあ。

水の中に押し花したみたいだね。

綺麗な川面じゃないけれど、キラキラ光ってた。

これで水が増えたら何処かに行ってしまうのね。

水中のモミジ

| | コメント (4)

空を見上げて

   2月 2日 (水) 晴れ

 寒さの記録更新は何とかストップした。

久しぶりの青空を眺めながらの散歩道。

毛糸の襟巻きはなくても大丈夫の気温で

昨日の暗い気分は何処かに消えて行った。

真っ青なだけでは無くいろいろな雲があり

それを見ているだけで良かった。

高い空では風が吹いているからどんどん

変わって行く雲の形を見ているだけで充分

リフレッシュ出来た。お日様は左のほほを

ずっと照らし続けて「元気になった?」と言った。

雲が踊る空

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »