« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

三文の得?

   8月30日 (火) 晴れのち曇り

 今朝は早朝に目が覚めた。

もう一度横になろうかと思ったが…。

平日だけど早朝散歩に行こうと決めた。

日の出前で、ツユクサもまだ目覚める前

稲穂の露は風に吹かれると散って行った。

頭上に何か?あれ~、シラサギ群団だあ。

シラサギの群れ

分かっていれば真上で撮れたかも知れないが

ちょっと遅かった。何処まで行くのだろうか。

見られただけで、嬉しくなったから充分である。

いつもの午前散歩では、先日見られなかった

エルタテハの鱗粉模様もカメラに収まって

エルタテハ

これは「早起きは三文の得」ってことなのかな。

| | コメント (4)

これなあに?

   8月29日 (月) 晴れ

 この頃は野菜や果物を頂くことがある。

一昨日の夜に北信の中野で取れたという果物を

頂いたが、ネクタリン?大きくて綺麗な色である。

中は黄色でタネの形は桃と同じであった。

まだ幾つかあるから、毛糸で出来たのマスコットの

ボストンテリアくんたちに見てもらったけど…。

食べたこと無いから分からないんだってさ。

それから、みんな同じだと思ってた桃を切って

びっくり、白桃しか食べたこと無かったが黄桃だ。

黄桃って缶詰で食べたことあるだけだったから

何かひとりで感激しっちゃった!!

フルーツとマスコット

右側に居るボストンテリアさんは新入りです。

本日の予約診療は着くとすぐ呼ばれて診察室から

出た時間が予定の時間で気を良くしたものだから

売店に寄って購入したって訳です。ルンルン気分。

| | コメント (2)

ホソバテッポウユリ

   8月28日 (日) 晴れのち曇り

 我が家の庭で一番目立っているユリの花。

タカサゴユリとも言うそうなのだが、台湾原産で

大正12年に観賞用として輸入されたようである。

近年、増えてあちらこちらで見られるようになった。

元々あったテッポウユリは葉の幅が広くて花時期が

少し早くて花も真っ白なのだが、タカサゴユリは

花びらの外側に赤みのある筋があり花粉もやや

赤みをおびているらしいのだが、我が家のは白くて

花粉も黄色で、葉が細いだけである。う~ん。

調べて見たら、タカサゴユリとテッポウユリの雑種

「シンテッポウユリ」もよく見かける。と記載があった。

へえ~、この花付きが良いのはそういうことなの?

22日頃から咲き始めて25日には雨にぬれながら

雨の中のユリ

今日は全部の花が開いた午後だったが…。

満開のユリ

この写真を撮って1時間後にはふたつの花が

暑過ぎて、疲れ果てたようにめしべを残して

するりと抜けてユリの花は終わりの時を迎えた。

花がひとつだけのは茎が細くて倒れそうだが

さすがに10個以上の花を持つこの茎は丈夫で

風が吹いても雨が降ってもまっすぐに立っている。

きちんと責任を持って花を付けて咲かせてすごい!

| | コメント (4)

エルタテハ

   8月27日 (土) 晴れ一時雨

 お昼を美味しく食べるために午前の散歩。

ちょっと遠回りをして畑の端っこにあるニラに

2匹の蝶がいたがなかなか羽を広げてはくれず

羽の裏側の地味な色だけみていた。

見るとすぐ分かってしまうエルタテハであった。

それは…近づいて見ると「L」の文字があるから

羽を広げるとオレンジ色にヒョウモンチョウの

ように黒い斑点があるのだが、本日はカメラに

納めることなく、飛び立って行ってしまった。

チャンスを待つことにして追い駆けるのはやめた。

ニラに来たエルタテハ

| | コメント (2)

時には…

   8月26日 (金) 晴れ

 写真とは、今はカラーで綺麗な色表現。

その昔はモノクロで暗室でフィルムに光が

当たらないように…大変な作業だったと思う。

それが、今では明るいお店の中で写真が

出て来て、乾かすことなくすぐ持ち帰れるのだ。

昨日雨が降ってユリの花が地面に着きそうに

なっていたのを数本切り取り玄関に飾った。

花瓶に挿してから部屋に戻ろうと振り返ると

シルエットになったユリが新鮮に見えた。

本日は二日目で花びらが透けそうになったが

今日は今日の写真を撮って置こうと決めた。

玄関の中で

| | コメント (5)

スケッチ展

   8月25日 (木) 雨・時々曇り

 先月に風花が写真展示をした喫茶でのこと。

遅くなったけど、今月末まで素敵な作品展示中!

お盆前にも観に行ったが、カメラを持って行かず

紹介できなかった。かづちゃんの心のスケッチ展3

第一回目は昨年大きなギャラリーをひとりで一杯に

してすごいなあと思った。それが出会いであった。

そして、2回目は今回と同じ喫茶「ゆいま~る」で

あれから一年、この場所での開催と頑張っている。

クレヨンでダイナミックだけど優しさいっぱいの絵は

木の枝で囲んだ額で独自の雰囲気を醸し出している。

黄色いペンギンさんやワンちゃん、ゾウさんも描かれて

モモやナスといった食物もかづちゃんの手に掛かれば

深みのある味わいになって、楽しさいっぱいの和の心

一度足を運んで観て、実感してもらえたらと思う。

31日最終日は9時から2時半までだからよろしくね。

花火の絵

定休日は日曜日で後5日間観られます。

| | コメント (0)

ニラ

   8月24日 (水) 曇りのち晴れ

 あちらこちらでニラの花咲く季節になった。

我が家にも少しだけ咲きはじめているが

今朝はカタツムリさんが散歩にきていた。

毎年何気なく、いいえ、一生懸命見ていたが

今日のニラは一抱えの花束に見えたのだ。

今までは、ラッピングが無かったような?

やっぱり気が付かなかっただけだったと思う。

毎年、毎日同じ物を見ていても分からないことも

段々、見えてくることもあるのだと知った日。

植物の造形美はバランスがとれていると思う。

咲き始めのニラ

| | コメント (4)

どちらへ?

   8月23日 (火) 曇りのち晴れ

 さあ、久しぶりの散歩道です。

暑さと雨で草花もちょっぴりへたばっているから

何を撮ろうかと進むと頭の上に気配がして

数羽のツバメさんが電線にとまっていた。

右を向いたり左を見たり、まるで誰かが

指示しているかのように同じ方をみている。

誰からともなく飛んで行ってしまったが

最後の一羽は、私が見ているのもかまわず

大きな口を開けて発声練習のようなことも

そして、羽を何度も整えてから思い立ったように

飛んで行った。あれ~、もしかしてデートかなあ。

おしゃれなツバメ

| | コメント (4)

蓮の気持ち

   8月22日 (月) 晴れのち曇り

 曇りの朝と思ったが、お日様が顔をみせた。

ハスに会いに行きたい気持ちがいっぱいになり

即実行!会いたい一心でよそ見もせずに着いた。

ハスはそんな気持ちを知ってか知らずなのか

そっぽを向いて「知らない人が来た」と言うのか

実までみんなで知らんぷりである。

こんな姿も良いかなあと思いシャッターを切った。

ひまわりは東を向いて咲くことが多いのだが

ハスはどの方向を向いていたくて咲くのかなあ。

やっぱり東 の朝日を見るのが好きなのかなあ。

あっちを向くハス

| | コメント (4)

雨…

   8月21日 (日) 雨

 雨ばかりだとお日様に会いたいなあ。

この厚い雲の上にある青空が見たいなあ。

木の葉が一枚雨のしずくを携えて宙にいる。

こんな光景は雨降りでないと見られない。

数え切れないほどの葉がそこにあるけど

同じ様にはならないんだろうなあ。

散りゆく葉

| | コメント (2)

ひまわりさ~ん

   8月20日 (土) 雨

 お盆を過ぎると一雨ごとに涼しくなると言うが

今日は雨降りで、そんな気配を感じている。

先日訪ねたひまわりさんたちはどうしているかと

思ったら、雨でしょんぼり下を向いているそうだ。

畑も多分足元がぬかるんでしまうから静かかな?

この雨でしっかり水を蓄えて、今度太陽が照らす時

今まで以上に元気に咲いているのが観られる。

そんな願いを込めて絵はがきを描いてみた。

平石農場のひまわりさん

| | コメント (6)

ヨンちゃんと

   8月18日 (木) 晴れのち曇りのち雨

 行きたい所がいっぱいあるけど…。

8月初めに案山子が立てられた棚田に行こう。

田植えが終わった頃に行ったままだったが

いつの間にか新しい道が出来てちょっと近道に

その周辺はまだ工事中でゆっくりと通りぬけた。

信号がひとつも無い山道は街場に出るより早く

棚田百選に選定されているよこね田んぼに着いた。

先客ありの百枚以上ある棚田を守る案山子がある。

案山子の行列

そこで案山子コンテストが行われている。

どれを気に入った?とかよこねに合ってるのは?

住所と名前を書いて手作りの投票箱に入れたら

抽選でよこね田んぼで収穫されたお米が当たるかも?

今日はヨンちゃんも一緒ヨンちゃん登場

帰りに見かけた天竜舟下りのご一行様。

オレンジの救命胴衣が見えないと思ったら

ブルーの色に変わっていて皆さん両肩に

しっかり着けられて安全に川の流れに乗り

楽しんでいるのを見送って家路に着いた。

波が光る川下り

| | コメント (4)

売木から阿南まで

   8月16日 (火) 晴れのち曇り一時雨

 昨年初めて訪ねた売木村の蓮の池。

昨年は下見と言うことでほとんど咲き終わっていた。

今年は8月初旬から咲き始めた情報があったが

予定が付かず、やっと行くことができた。

道は迷うことは無かったが来た人は「遅かったな」

とちょっとだけ見ては帰ってしまうのだが、せっかく

だからと私たちはじっくり眺めて後にした。

ぎっしりの蓮池

Uターンで向かったのは広~いひまわり畑である。

行く時は遠いのだが帰り道は少し早く感じながら

たどり着いた12万本のひまわりが立ち並ぶ畑。

いつも迎えてくれるおじさまが「まだ来ないなあと

思っていたんだに」と待っていてくれたのだ。

汗びっしょりになりながら、通路を歩いて行く。

休憩のテントの中で冷たい麦茶を頂いて春に

菜の花畑だった時に撮った写真を渡したり

地元の奥様たちに「元気だったかな」とお話し

して暑さも疲れも飛んで行く笑顔になれた日。

ひまわり通路

協力費の200円も納得の竹の大きな貯金塔へ。

| | コメント (4)

ひとりカフェ

   8月15日 (月) 曇り時々晴れ一時雨

 皆さん、お盆はどうお過ごしですか?

ちょっとだけ時間が空いたので、癒しの場所へ

以前から聞いていた詩の展示が始まっているのだ。

22日までだが、中々行けなくてやっと一歩中へ

ここは Cafe & Esthe Fukuumeさんである。

入り口から展示スペースの通路いっぱいに広がる

ペンネーム:nozoMi さんの心に響く詩に誘われる。

想像していた以上の大作の展示の数々が壁に

和とは言い難い麻の布に貼られた詩と絵が灯りに

照らされて「これを観て」とばかりに浮かびあがる。

そうかと思えば丸いザルの中に納められていたり

楽しい、nozoMi さんだけの空間を創っていた。

気取らない素直な言葉に「そう、そうなのね」と

声に出しそうになりながら、心の奥底からの詩と

出会えたことを嬉しく思った。しばらく観てから

カフェの扉を開けて階段を降りると広大な景色が

目の前に広がる。今日はりんごジュースで景色と

乾杯して喉を潤して、また帰りの通路をゆっくりと

全部は覚えられないから、また訪ねたいと思った。

奥の展示スペース

明日の火曜日は定休日だからお間違いなくね。

| | コメント (4)

暑すぎて…

   8月11日 (木) 晴れ

 知り合いが所属している写真クラブの

年に一度の写真展が開催されている。

初心者からベテランの方まで20人の作品

それぞれ4点ずつがずらりと並んでいた。

一通り観てから、ちょっと一休みしようと

談話室へ行くと外にグリーンカーテンの朝顔が

この暑さで水不足になり伸び悩みしていた。

誰か水をあげないと元気が無いですよ。

東側の朝顔さんは幾つもの花を咲かせているが

南側は陽当たりが良すぎてヘタバッてるよ~。

張り巡らされたネットいっぱいに朝顔さんが

成長できることを願って、また観に来るからね。

シルエット

| | コメント (4)

平谷村へ

   8月10日 (水) 晴れ

 ちょっと遠出の午後の旅。

今日しか無いと決めて行ってきました!

今が見頃のひまわり畑は午前中が良いが

運転していた知り合いも私も午前中の予定を

早めに切り上げておにぎり車中で食べながら

着いた時はカンカン照りのP感だったけど…。

ひまわりさんの顔を見るには逆光だったけど

そんなことは言ってられないから、それなりに?

県外からのカメラマンもやって来て、合い言葉は

「難しいねえ」「暑いねえ」だけど家の中で蒸し

暑い思いをしてるより元気になれるよねえ。

ちょっとだけお話しして後は真剣にカメラ構えて

無言で「夢中」って感じは同じだったなあ。

ひまわりさん、暑いから誰も来ないって思って

いたのかなあ。私たちが行ったらみんな笑顔で

迎えてくれた8000本のひまわりさんありがとう。

平谷のひまわり

| | コメント (2)

夏野菜

   8月 9日 (火) 晴れ

 今日は「夏野菜を描いてみよう」の日。

絵手紙は大胆に描いてこそなんだけど…。

う~ん、どうしても写実的になってしまう。

色を入れるのも隙間が無く塗ってしまう。

先生に言われてふと気付くのだが…。

先生の様には描けないから生徒なのだ。

言うこと利かない頑固な生徒になった日。

スイレンの池に浮かべたら涼しいかなあ。

ゴーヤの苦さはどうやったら美味しくなる?

煮ても焼いてもゴーヤらしさは変わらない。

ゴーヤの絵手紙

| | コメント (0)

食事中!

   8月 8日 (月) 晴れのち曇り

 最高気温34.0度の日。

水辺でオオイトトンボさんに会った。

飛んでる姿が何か重たそうと思ったら

何かをくわえているところだった。

近づいて見るとそれは「ハエ」であった。

へえ~、ハエを食べるんだね。

「どうぞ、お腹いっぱい食べて下さいね」

オオイトトンボ

| | コメント (0)

虹色ファンタジー

   8月 6日 (土) 晴れのち雨

 只今の室内温度30.2度である。

ほんとかな?と何度見ても同じである。

最高気温は31.8度あったのだから暑い!

これじゃあ、熱帯夜で頭が回らなくなる訳だ。

午前中は昨日約束したお宅へ花の写真を

撮りに行って、そこで出会ったものは…。

花を撮ってる時に遭遇したが後にとっておいて

向き合うと、風が良い感じに味方してくれて…。

太陽の光が良い感じの角度から差していて

やっと捉えたこのリズミカルな虹色のプリズム。

滅多にお目にかかれない場面だったから

夕方からは突然の豪雨になったのかなあ。

この雨が降らなければ明日も見られたかも?

だけど、もう消えているだろうなあ。

虹色の糸

| | コメント (16)

やっとこさ

   8月 5日 (金) 晴れ

 昨日までにやっておけば…。

今日はやろうと毎日思いながら出来なかった。

何だろうなあ。めっきり筆無精にもなっている。

何か変な自分に気付く。急にイラっとしてみたり

こんなんじゃあ。と思えば、思うほど余計進まず

今日は重たい腰を上げて本腰入れて取り組む

それほどでも無いのにそんな気分だった。

5時までには投函したいものだが、トホホ。

2ヶ所に同じ様な事をしなければもう限界。

4時半出発で気をつけながら車を走らせる。

一軒目あ~開いてた。間に合った。セーフ。

それから郵便局までまっしぐら、開いてて

良かった。筆無精が急に手紙書きたくなっても

困らないようにまとめて切手を買ってきた。

これで大丈夫!いつ手紙書きたくなったとしても。

さて、これで集中して自然と向き合えるから

この間のスイレンの花にまた会いたくなった。

スイレンの花の中へ

| | コメント (2)

アブラゼミ

   8月 4日 (木) 晴れ時々曇り

 声はすれども姿は見えず…。

この夏、我が家の庭でみることがなかった

セミたちだが本日は声は無いが姿があった。

暑いから木陰で休んでいたのかなあ。

ビクともせずに木の枝につかまっているから

どうしたのかと心配していると左の前足をゆっくり

動かして「大丈夫!」と言っているようだった。

アブラゼミ

| | コメント (4)

水玉模様

   8月 3日 (水) 晴れのち曇り

 朝の青空を見た時は何処かに行きたい

衝動に駆られたがリハビリ通院の日だった。

昼過ぎには雲が広がって今はどんよりの空模様。

3時のおやつの時間にふと思いついてカメラを

持ち出し水あそび、これは大げさであるが…。

少し前からチャレンジしている水玉遊びである。

これは風花の気持ちと自然が作るアートの世界。

ブルーの水玉

水玉の中に見えるのは心優しいヒゲおじさんかも?

| | コメント (4)

睡蓮と蓮の池

   8月 2日 (火) 曇り時々晴れ

 夏になるといつも行っている素敵な場所。

春にはスイレンが咲き始めて秋のハスの実まで

ずっと楽しめるように吾妻屋やトイレも完備され

本日はその管理人であるご主人にやっと会えた。

いつも見させて頂いていると挨拶を交わすと

「思う存分撮って行ってや」と仕事を終えて帰った。

ここは水が豊富でいろいろな生き物がいる。

キイトトンボ

黄色のキイトトンボさんが仲良く産卵の準備をしていた。

しばらく追いかけっこをしてから一段下の池には桃色の

スイレンが集まって歌を合唱するかの様に咲いていた。

桃色スイレン

そして、また一段下の池には白いハスと

桃色のハスが咲いて八重咲きのハスもある。

白い八重咲きのハス

大きな葉っぱに隠れるように咲いているハスの花

ミツバチやカナブンも花のおしべに頭を突っ込んで

みんな、ここの花が好きだから集まるのである。

| | コメント (2)

夏の花火

   8月 1日 (月) 曇り時々晴れ

 夏と言えば、花火が思い浮かぶが…。

三脚担いで、夜の人混みは行けなくなった。

それでも花火の音がすると心が躍ってしまう。

いつもの散歩道を歩いていると、花火が見えた。

まず、百日草の咲き始めはとても雰囲気がある。

百日草

それから、少し先にあるヒマワリの花の花芯も

良く見ると小さな花がいっぱい思いっきり開いて

これも花火の様である。格好つけて「華火」とか題を

付けるところだが、今日は「花美」としておこう。

ヒマワリの花芯  

足元が明るくて青空でも「はなび」は見られる。

音はしないが何処かで「ヒュ~ン、ドンドン」。

| | コメント (4)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »