« 人形芝居 | トップページ | 中川村探訪 »

続・人形芝居

   11月 7日 (月) 晴れ

 雨上がりの暖かい朝ではじまった。

昨日の人形芝居公演の続きのことだが

中学生の舞台が終わって静かに幕が開くと

傾城阿波鳴門 順礼歌の段と言う演目で

赤そばの里がある所の古田人形保存会である。

これは別れた我が子が巡礼で訪ねて来るが

母と名乗れぬ辛い、涙を誘うものであった。

親子対面の時

そして、最後の公演は地元の黒田人形保存会で

御所桜堀川夜討 弁慶上使の段がはじまった。

これは五段物であるが、此処では三段目だった。

夜討ちと言うくらいだから、これも涙を誘うのである。

主役の弁慶

みんなの息を合わせた人形芝居を堪能して

観る側も、身が引き締まる思いの日であった。

機会があったら、また観たい人形浄瑠璃である。

|

« 人形芝居 | トップページ | 中川村探訪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

残念、観に行けませんでした。
黒田人形座の太夫さん、男の方でしたよね、きっと。
三味線が年配の女の人だったら知り合いの人だと思います。

投稿: そらか | 2011年11月 9日 (水) 21時49分

そらかさん、こんばんは。

黒田人形は太夫さんも三味線の方も年配の
男の方でした。
来春の公演か秋の第30回の公演を
観に行きたいですね。
この日は森林公園では初のもみじまつりも
開催されていたから、忙しかったのでは?

投稿: 風花 | 2011年11月 9日 (水) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人形芝居 | トップページ | 中川村探訪 »