« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

年の終わりに

   12月31日 大晦日

 いろいろなことがありました。

悲しいことも嬉しいことも…。

そして、いろいろな出会いがありました。

泣いても笑っても一年の節目になりました。

一部ではありますが、ブログ登場の大集合。

アップ画像の集合

大変お世話様になりありがとうございました。

| | コメント (4)

年の瀬

   12月28日 (水) 晴れ

 今年、最終のリハビリの日。

珍しく駐車場にすんなり駐めることができた。

いつものように理学療法の訓練を終えて

作業療法の部屋に向かうと何やら人だかり

あらまあ、杵と臼を使ってのお餅つきだった。

作業の担当の方がお休みだったので見学して

出来上がったお餅の写真を撮らせてもらった。

勿論、お餅つきのも何枚かありますよ。

杵でついたお餅は良く伸びて大歓声だった。

つきたてお餅

リハビリ終えて外来フロアーまでの通路には

お正月を迎える壁飾りがあった。

これは臨床検査課の方の手作りだと言う。

ちょっと豪華に勝手に額を付けてみました。

正月飾り

note もういくつ寝るとお正月♪ですね。

| | コメント (0)

色紙に。

   12月27日 (火) 晴れ

 寒~い一日だったね。

忘れていた訳では無いのだが…。

納期は無いと言って渡されていた色紙がある。

有名人でも何でも無い私だけれど…。

自己紹介を色紙一枚に描いて現して欲しいと。

ずっと考えてはいたが、年を越す訳にも行かず

本日やっとペンを走らせてみた。

下書きは無用だから帽子の線がゆがんでしまった。

それにしても、何処で展示されるのだろう。

届けてから聞いてみると、何と千葉県の某所だと

誰か見かけたら、教えていただけませんか?

森の中の風花

| | コメント (0)

冬の流れ

   12月26日 (月) 晴れ

 昨日は寒くて家から、一歩も出なかった。

新雪を撮っておこうとも思ったのだが…。

少しは山の頂きに雪があればと散歩に出た。

日陰の地面はしっかり凍り付き、今舞ったかと

思うような雪の結晶がパラパラと散りばめられ

それでも、日差しは濃くなったり薄くなったりして

川の流れに反射していた。「あっ、何か落ちてる」

空き缶であるが、流れるほどの勢いは無いから

きっと、この場に捨てられたのだろう。

青い缶がゆがんで見えるが、誰も拾わない…。

手が届かず、私もじっと見てるだけですみません。

光る川

| | コメント (6)

ホワイトクリスマス

   12月24日 (土) 晴れのち雪

 雪が降ったら車を運転しないと言っていたが

今日は忘年会に参加の夫を送っていった。

スタットレスに替えておいて、修理も終えたばかり。

どうせなら、このままイルミネーションを見に行こう。

雪が舞って、道路の日陰にはうっすら白く積もって

いる中をブレーキングとコーナーリングに注意して

ひとりラジオを聞きながら旧測候所へと向かう。

車は一台も無いから、ゆっくり駐めることができた。

カメラを持ち出した頃の雪は気になるほどでは無く

その内に車や人がどんどんやって来た。クリスマスに

親子連れ、カップル、年配のお母さんと娘さん等々。

誰もが「わあ~、綺麗だね、すごいなあ」と声が出る。

この「ラブチェア」(先日は知らずにラブラブベンチと)

いろいろな人が訪れて写真を撮っていた。

「みんなで見なきゃ、もったいないね」の声も聞こえて

「そうですね」と言わずには居られなかった。

顔が見えなくても、見に来てる人は皆友だちだね。

ラブチェアと人影

| | コメント (4)

小さなクリスマス

   12月23日 (金) 快晴

 空高く澄み切った青空の日。

愛車は車屋さんに昨日朝から預け中!

中古で購入して頑張って走ってるから

部品取り替えしないとオーバーヒートになって

しまう寸前だったから、大きな部品一個と

小さな部品いっぱい交換して夕方仕上がり

家族の車に乗せてもらい取りに行ってきた。

ショールームにはクリスマスツリーが飾られて

受付カウンター近くには緑いっぱいの額縁風

植え込みが大きなキャンバスに乗っていた。

雪のイメージだと思うが私にはクリスマスとしか

思えなかった。クリスマスイブ、イブの夜だもの。

小さな庭園

| | コメント (2)

今日の一枚

   12月21日 (水) 晴れたり曇ったり

電車の絵

何か変って言わないで…ただの絵ですから。

| | コメント (0)

忘年会

   12月20日 (火) 晴れ

 澄み切った青空は何処か探検に行きたいが

朝一番に免許証を受け取りに行ってきた。

とっくに誕生日は過ぎているから忘れそうだった。

駐車場の車に乗ろうとした時に空を見上げたら

大きな五葉松の枝が青空に栄えて綺麗だった。

そして、昼はふたり忘年会と名うって予約のランチ

最後のデザートはイチゴのショートケーキだった。

これからクリスマスだものクリスマス会で良かった?

気が早かったかなあ。でも年末は無理だもんね。

思わず「家でクリスマスケーキ食べなくても良いね」

家ではこんなに綺麗にトッピングしないから贅沢

夜だったら、こうは行かないよ。千円でリッチ気分!

イチゴのショートケーキ

| | コメント (6)

イルミネーション

   12月18日 寒い日曜日

 昨日の続きのイルミネーション

ここは旧測候所で街側からは工事中で

通れないが運良く「本日通行可」だった。

昨年より一段と多くて、ラブラブベンチは

移動してハートがふたつ増えていた。

それと山の中のトナカイさんがいっぱい

昨年はひとつだけがジャンプしてたなあ。

これだけ居ればいろいろな家に行けるね。

おやおや、サンタさんが居ないよ~。

もしかしてクリスマスの頃には現れるかも?

ラブラブベンチには誰が座るのだろう。

寒い夜でもふたりなら暖かくなるのでしょう。

トナカイさんがいっぱい

(山頂はカットしてあるので、本物見て下さいね。)

| | コメント (7)

夜汽車

   12月17日 (土) 晴れ

 寒い日だったけどイルミネーション巡り。

厚着をしてホッカイロを腰に貼り付けて行ったが

車から降りるとすぐに冷えてホッカイロは何処へ

だけど、せっかく来たからゆっくり観たいのだ。

三番目に観たのはD51のイルミネーション

昨年も観にきたけど、同じでは無い電飾である。

黒いボディだから真っ暗な所に光るタイミングが

合わないとカメラに全体は写せないのである。

寒いけど、何度か見直しながらタイミングを計る

今度こそと思ってもやっぱり難しいなあ。

三脚立てて長時間露光すれば良いのだが…。

D51のイルミネーション

| | コメント (4)

ちょっとそこまで

   12月16日 (金) 晴れたり曇ったり?

 ちょっとした用事があったから今年の内に

と出掛けて行ったトンネルの向こうまで。

雲が多かったがまぶしい太陽光が顔に当たる。

目的の建物に着いた時は厚い雲に覆われて

短時間で済ませホールにあったクリスマスツリー

を見て入り口には大きな門松が飾られて

クリスマスとお正月の準備万端となっていた。

そして外に出ると今年初めて見た雪が舞って

帰り道のトンネルまで来ると雪はぱっと消えて

家に着くとまだまぶしい太陽光があった。

となりの村ってそんなに寒かったのですか?

夢みたいな不思議体験した日だった。

クリスマスツリー   門松

| | コメント (2)

豊丘村探訪

   12月15日 (木) 晴れ

 木々の葉も散って寒々とした季節。

この所、ランチするのが趣味のように多いが

半年ぶりくらいに会ったお友だちの案内で

初めての「そらくぼ」さんに行くことになった。

案内看板を幾つか見ながら登って行くと

そこにあるのは大きなログハウス風の家。

そらくぼ工房の陶器とガラスアクセサリーが並ぶ

初めてのランチは山菜おこわと角煮とサラダを

とっても美味しく頂きました。冬期は土日と祭日の

営業であるが、予約をしておいてくれたので外には

準備中の看板のまま入って行ったのである。

VIP待遇で良いのかなあと思ったが会計を済ませて

お話しをしていたら、とっても優しいご夫婦で

「こんな奥に住んでいるんですか?」と言われるとか

名前は知っていましたけど遠いからと来なかった

理由を言ったけど、春にはお花いっぱいの庭を

想像できる植物の葉があり、また行きたいと思った。

手作りのメニュー帳からも温もりがあふれている。

メニュー帳

| | コメント (6)

本日の一枚

   12月13日 (火) 晴れ

 霧が深い朝だったが、その後は青空に。

本日の撮影目的は2ヶ所あったのだが

途中休憩に立ち寄った駐車場から見えたのは

大空高く遊覧飛行するパラグライダーであった。

「寒くないのかなあ」と思って見上げていたが

実は望遠レンズ重たいからと標準しか持ってなかった。

風に乗ってゆっくり大きく旋回して降りる気配は無い。

気持ちだけは「大空を飛んでみたい」なんて言うけど

ほんとは怖くて飛行機にも乗ったことが無いのだ。

さあ、目的地まで行かなくちゃだから車に乗って

遠ざかって行く時も空にはまだパラグライダーが

ずっと、ずっと見えていた。気持ち良いのだろうなあ。

赤いパラグライダー

| | コメント (4)

お出かけ日和

   12月12日 (月) 晴れ

 この夏、公開された映画「大鹿村騒動記」

夏に観てからエキストラで出ていた知り合いが

3人居たことを知って「聞いていたらなあ」と思い

チャンスがあればもう一度観たいと思っていた。

そして今日はブログで知り合ったそらかさんと

一緒に観に行くチャンスに巡り会えたのだった。

映画のポスター

最初は主演の原田さんの訃報があって動揺して

見方が違っていたのだろう。今回はスムーズに

頭と心にストーリーが入ってきたのである。

余韻を残しながら、そらかさんお薦めのお店へ

向かうと、ワンチャンの絵がある看板前に着いた。

可愛いチワワが「キャン、キャン」とガラス越しに

迎えてくれてペットのワンちゃん同伴OKなのだ。

明るい店内にはペット用の可愛いグッズやお菓子も

日替わりランチはお皿いっぱいに並んだお料理で

何から食べたら良いのか迷うくらいで美味しかった。

ランチの一皿

食べ終わって帰ろうとしたら、一匹のチワワが

登場し初対面のご挨拶をして帰ってきた。

| | コメント (0)

フラワー

   12月10日 (土) 晴れ

 この花は何のために集められたのかな?

何人の人に見られた花だったのでしょうか?

これはね。本日の結婚式の会場に飾れた花。

我が家からはお祝いに行ってはいないけど…

なぜか、私の手に渡ってきたのである。

「花が大好き」って言っていたからなのかな?

寒くなってきたけど、う~ん、幸せ気分!

アレンジフラワー

| | コメント (0)

絵手紙って?

   12月 7日 (水) 晴れ

 絵手紙の基本は…。

実物を良く観察しながら、描いてみること。

だから…想像して描くのは本来の絵手紙と

しては成立しないものなのである。

何をやっても、好きなだけでは出来ないのだ。

…本日描いたのは、写真を基に略したもの。

言葉を添えてみたけど…イチョウの葉は

イヤになって散ることは無い訳で、だけど

栄養を葉に取られ過ぎないように木を守る

ために、「もう、良いよ」って役目を果たして

地面に落ちて、それがまた栄養になっている。

イチョウ並木の絵

| | コメント (0)

電車は走る

   12月 6日 (火) 曇りのち雨

 今まで谷の向こう側からばかり見ていたが

反対側の近い方から新しくなった電車を見た。

家を出る時から時刻表とにらめっこしながら

通過5分前に着いてアラームは2分前設定に

この2分が長いのだが、丁度の時間設定では

遅れそうで、どうしても早めにしてファインダーを

のぞき、半押しでピントとシャッター速度を確認

何だかワクワクするが中々来ない…。

すると、トンネルから「きた~」息を止めても

心臓の鼓動が、三脚を立てれば良いのだが

手持ちで連写する至福の瞬間であった。

トンネルから電車

| | コメント (2)

久しぶりの散歩道

  12月 5日 (月) 晴れ

 久しぶりになってしまった散歩道。

雨が降ったりして行かずじまいになっていた。

霜が来た日もあったから何も無いだろうと思い

ながら、ちょっと遅めの午後の散歩に行った。

3時55分の太陽を観て、白いお月様もあった。

この15分後には、太陽は山にかくれんぼした。

早いね。風が急に冷たくなったから帰りましょ!

ナズナ越しの太陽

| | コメント (2)

冬支度

   12月 1日 (木) 曇りのち雨

 いよいよ師走になってしまった。

今年は紅葉が遅くまだ晩秋と思っていたが

何度か行っている金野へ最終撮り納めと

訪ねてみるとまだ1割くらいの葉が残り

足元はフカフカの落ち葉のジュウタンだった。

今年は枯れ葉が多いようだが、綺麗なのもあり

その場にあるフキの葉の緑がとても新鮮だった。

落ち葉と枯れ葉

最寄りの駅に立ち寄ると、電車が停車する時間

ひとりだけ乗車する人がいたので車掌さんが

降りて対応、とても若い運転士さんであった。

見送って、帰りはこの夏知った「隠れ家」でランチ

入り口の立派な置物はサンタさんに変身していた。

サングラスをかけたサンタさんて中々居ないよね。

二人のサンタさん

トウガラシをお皿に乗せて「ようこそ、いらっしゃいませ」

| | コメント (8)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »