« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

ヒュウガミズキ

   3月31日 (土) 荒れたお天気

 朝はザーザー雨で近くの山頂は雪で白かった。

午後3時過ぎには雨がやんだかの様に思ったが

夕方にはまた雨と風が吹き荒れた忙しい天気?

昨日一昨日のポカポカ陽気はどこに行ったのやら。

そんな中で、我が家の庭では黄色い花が咲き始め

「ちっとも見てくれないんだもの、咲くよって言ったよ」

「あっ、ごめんね。固いつぼみのままだと思ってたの」

改めまして 「ヒュウガミズキさん、こんにちは!」

今年は一段と寒い春で目覚めるの大変だったでしょう。

これからは毎日見させて頂きますからよろしくね。

ヒュウガミズキ

| | コメント (0)

天龍村紀行

   3月29日 (木) 快晴

 春を求めて『乗り鉄』デビューした日。

もう来た?と思ったら、反対側に行く電車だった。

自分たちが乗る時刻重視で他を確認する余裕無し

さあ、問題のワンマン電車が時刻通りにホーム着

何処のドア?ボタンを押して開く、足元注意で乗る。

トンネルふたつ

トンネルを抜けると、トンネルの繰り返し。

これが、また楽しみのひとつであった。

「してぐり」 「うぐす」

それにしても難しい地名、「してぐり」それから

「うぐす」昔から聞いているから読めるが書くのは

そう思っているうちに目的の伊那小沢駅に着いた。

河津桜カンザクラ

ほんとはカンザクラが目的だったがいざ観ると

河津桜の方が見頃で綺麗に咲いていた。

ウグイスの声が聞こえたが姿は見えないまま

メジロさんが咲き始めたカンザクラの枝で遊ぶ。

さあ帰る時間です。この電車で無事帰ってきた。

213系電車   

| | コメント (8)

座禅草

   3月28日 (水) 晴れ時々曇り一時雨

 本日はリハビリ通院でカメラはお休みの日。

昨日、昼過ぎから向かった阿智村原の平

ここが座禅草生息地として整備された頃

行ったままで、久しぶりでちょっと迷ってしまい

地元の親切なおじさんに教えて頂いた。

「座禅草まつり」の旗が風に吹かれていたが

例年より遅くてまだこれからと言う状況だった。

本来は雪の中で周りを溶かしながら出てくるが

今、顔を出しているのは別の過酷さを物語って

これからが、楽しみな座禅草群生地である。

ザゼンソウ

駐車場にあった桜の木には「もう少し待ってて」

と大部ふくらんできた花芽があった。

| | コメント (0)

晴れたから

   3月27日 (火) 快晴

 雲ひとつ無い澄み切った空に誘われて…。

行ってしまいました、ビューポイントへ

駐車スペースに車をとめて一歩外へと

そこには霜柱がびっしりあって寒かった。

でも、しっかり着込んで行ったから大丈夫!

誰も来ないと思ったら、知り合いと少年が

「あれ~、誰かと思ったら」とお互いに挨拶

少年は途中見かけた自転車でやって来たのだ。

この間の119系の撮影状況の説明をして

「あそこから撮ったの」「え~、あんな後ろで?」

そこへ電車登場、これは顔では無く後ろなのだが

アルプスがここまですっきり見えたのは初めてだ。

線路の軋む音が時々聞こえて、とても新鮮だった。

保線の作業員の方たちが点検して通って行ったり

いろいろな場面に出会って楽しいひとときだった。

上りの313系

| | コメント (6)

いざ阿智村へ

   3月26日 (月) 晴れ時々雪

 この頃は雪が舞う日が続いて驚いている。

お彼岸も過ぎて気分転換の為に出かけた。

「良し阿智村に行こう!」目的はふたつあった。

中馬ぬくもり街道ひな祭り(4月3日まで)開催の

レトロな銭湯の見学と「うどんやこいけ」さんの

ジビエうどんを食べに行くことであった。

まずは、ちょっと足を伸ばして水辺の風景を眺め

Uターンで駒場(こまんば)84件にて展示中!!

レトロな銭湯

ここは41番の銭湯や玉のゆさんである。

壊されなくて良かったとつくづく思う懐かしの空間。

全部廻れば良いのだが、午後は予約診療の日。

さあ、お昼は先日テレビで紹介されたジビエに挑戦。

「ぼたんつけうどん」時間短縮の為に着く前に電話

でオーダーしてお店に向かった。春休みだから

小さな子供さんたちも食べにきていて満員だった。

イノシシの肉とは思えない柔らかさで美味しかった。

TV取材記念品

ぼたんつけうどん

「また行きますね」今度は何を食べようかなあ。

| | コメント (0)

ミツバチさん

   3月23日 (金) 雨

 一日中雨で、散歩には行かなかった日。

昨日出会ったミツバチさんはどうしてるのかな?

沢山の花粉を集めて足が重そうなほどだった。

そしてオオイヌノフグリの花に頭をつっこんで

お腹いっぱい蜜を吸えたのでしょうか?

今日は雨でオオイヌノフグリの花もお休み

ミツバチさんもお休みしているのかなあ。

花とミツバチ

| | コメント (0)

これからも

   3月22日 (木) 晴れのち曇り

 119系の電車はもう走っていない…。

撮り鉄熱も冷めるのかと思ったがそうでも無い。

だって、まだ走って来そうな気も残っているのだ。

313系も213系もステンレスでちょっと雰囲気が。

119系は全体入れなきゃ失敗写真と思って撮った。

今はその辺は気楽になって、脇役になってもらう。

桜が咲いたら、電車と桜の写真が良いかもと

練習のつもりで梅の枝の間に入って電車を待つ。

来ました213系、以前の名残か同じ色のラインが

何となくほっとする。乗務員さんたちは相変わらず

頑張っているのだから、やっぱり撮り続けるね。

春の213系

| | コメント (4)

興奮冷めやらず

   3月21日 (水) 晴れ

 先週末の日帰りツアーのこと。

「雨にも負けず」ずっと長靴のままで…

リハビリ靴は布製で水がすぐ染み込むから

ほんの5ミリの水たまりでも通行不可である。

おしゃれな靴を履くとつま先に力が入り痛くて

おまけにつんのめる感覚で立っていられない。

だから、旅には行けないと思ったりもしていた。

だが、家族一緒に2009年ディズニーランドに

行って車椅子無しで、歩いた一万六千歩。

ちょっと自信が付いたのも事実である。

今回のなばなの里のツアーも誘いがなければ

知らずに過ごしていたであろう旅であった。

不安が無かった訳ではないが、行って来られた。

違う角度からの灯り

このイルミネーションの色の変化が数え切れない

ほどあるように、人の気持ちも七変化することが

あって良いのだと、でも、ずっと変わらないのは

「あきらめない」病には負けずに闘い続けること。

| | コメント (2)

春分の日

   3月20日 (火) 晴れ

 『暑さ寒さも彼岸まで』と言うが寒かった。

風も吹いていたが、昼前の散歩道周辺の

花があるところでは、ミツバチさんの羽音の

大合唱が聞こえて、にぎやかだった。

畑の一角では菜の花が咲き始めたばかりで

つぼみのような花に潜り込んでいるミツバチさん

「美味しいですか?」「今は忙しいから話せない」

花から花へと飛び回ってお仕事中失礼しました。

菜の花とミツバチ

| | コメント (8)

日帰りの旅

   3月18日 (日) 雨のち曇り

 旅慣れない者がツアーに参加した昨日のこと。

2月23日だった?日帰りツアーに参加しないかと

カメラ仲間から連絡があったのは…「行きたいけど」

の返事で、すぐいっぱいになりそうだから申し込んだと

そんなものなんだと思って、家族の承諾を得て待った。

どうもお天気が雨模様の予報から変わることなく…。

「徳川美術館となばなの里」に向けて雨の中を出発!

高速道路からの名古屋城も霞んで見えただけだった。

美術館はカメラ禁止で、集中してゆっくり見学できた。

さて、目的はなばなの里のイルミネーションなのだが

午後4時に予定通りに到着、早夕食のレストランの中で

池を眺めながら、4人のテーブルで歓談して時を待つ。

点灯は6時15分、バス出発は7時半、時間があると

思ったのは気のせい?あっと言う間の観賞だった。

四季の桜・春

音楽が流れる夕闇で、色が変化しながら迫ってくる。

人の流れに合わせながら撮影するのは難しいものだ。

明るいうちに下見したポイントもいっぱいになり…。

チャペルを望む

ああ、もっと観ていたいと思う気持ちを抑えながら

15分前にバスが待つ駐車場へと向かった。

傘は持っていたが、いつしかやんで何よりだった。

| | コメント (6)

紅梅

   3月16日 (金) くもり

 暖かくなると思っていたが寒いばかりである。

期待した分、余計に寒く思えてしまう昨日今日。

我が家のロウバイは霜にあたり凍えてしまった。

散歩道の終点にあるお宅の紅梅を何回か訪ねたが

3回目の昨日2分咲きくらいになって上の方が花が

多く咲いているのは、お日様が良く観てるからかな?

今日も訪ねてみたが、ほとんど変わっていなかった。

家の方は「あんまり綺麗に咲かんのな」と言ったが

この濃いピンクは、此処でしか観ることができない

立派な紅梅だと思うから、毎年歩いて観に行くのだ。

紅梅

| | コメント (2)

咲いた、咲いた。

   3月13日 (火) 晴れ

 寒くても元気いっぱい晴れ渡った青い空。

いよいよ本格的に花が咲いている梅畑。

気温は低かったがお日様がニコニコ顔で

春の気配を感じながらの散歩道だった。

線路際にある梅畑の花を電車の車窓からも

楽しめるほどの白い花に小鳥さんやミツバチ

さんたちが我先にと遊びにきていた。

元気いっぱい咲く梅の花

| | コメント (2)

ありがとう!

   3月11日 (日) 晴れのち曇り時々雨

 「ありがとう119系」引退記念の臨時列車撮影。

昨日に続いて走ったが最終日ということで…。

友と予定した通りの人気のポイントへまっしぐら。

通過予定の1時間半くらい前に着いたが、先日の

下見とは全く違って、車と人でいっぱいだった。

近くで撮ろうと思ったが、奥の方にズラリと並ぶ三脚

これは、前に並べる訳が無い。邪魔にならないで

撮れる所を探していると初めてと分かったのだろう

地元のカメラマンが声をかけてくれて「あっちの方へ」

と教えて頂いて、間も無く通過の313系の電車を

試し撮りしてから、教えて頂いた奥へと向かった。

313系とカメラマンの列

そして、しばらく待つ時間までにもどんどん増える

カメラマンがあちらこちらに「え~、そこで撮る?」

黙って居られる訳も無い風花は近くに居合わせた

皆さんとお話ししながら、刻を待ったのである。

「カン、カン、カン」わ~来る~、「パシャッパシャッ」

あれ~、後ろが切れてる。こんなものです。ハイ。

幸せの青い電車

さあ、帰ろうと車に戻ろうとした時にもう飯田駅に

向かう臨時列車を撮る体勢の列ができていた。

「凄い」の一言です。まだ2時間以上前ですよ。

| | コメント (10)

119記念号

   3月10日 (土) 雨のち曇り

 飯田線119系の引退を知ったのは、ついこの間。

それからは、電車の時刻表とにらめっこの日々だった。

だけど…走る幸せの青い電車を見たのは2回だけ。

そして、今日明日のイベントを迎えてしまったのである。

もう30年も走ってたんだって知らなかったなあ。

前日までは停車しているのより走ってる姿をと思ったが

2月の「駒ヶ根トレイン」の教訓ありで確実に残そうと

青色と白色が並ぶ駅構内に向かうことにしたのだ。

引退の車両

何年ぶりになるのか?いや初めての入場券購入で

ホームに入ると、思った通りの撮り鉄さんが勢揃い

「線路に降りないで下さい」の声が聞こえていた。

仕事で来ている報道キャメラマンさんたちや知り合い

のカメラマンも何人か出会った。あっ、ゆるキャラの

「ぽお」ちゃんもやってきた。「こっちを向いて!!」

ぽおちゃん

只今仕事中

近くの山には雪がうっすらと積もっているのが見えた。

明日も、同じ様に大勢の人でにぎわうことでしょうね。

夕方のニュースでは100人位集まったと言っていた。

| | コメント (2)

ロウバイ(蝋梅)

   3月 6日 (火) 雨から晴れのち曇り

 この頃は雨が多く、めまぐるしく変わるお天気で

何となく身体が付いて行けない季節の変わり目。

きっかけを無くし撮りそびれていた我が家のロウバイは

満開の時を迎えて、近くに行くとつぼみが沢山散らばり

これは、もしかして小鳥さんたちの仕業かな?

このロウバイの花は横から見てるともう終わったかの

ような静かな花だが、下から見上げると素敵な表情が

見られる。初めてこの花を見た時の感動が忘れられず

10年位前に知人の家にあるのを見て分けて頂いた。

早く大きくならないかと待った時もあったが、今は立派に

育って剪定しないと屋根に当たってしまうほどになった。

ロウバイの花

| | コメント (2)

誰かな?

   3月 4日 (日) 雨時々曇り

 気が付けばもう雛祭りの時期だが…。

この辺では、一ヶ月遅れの4月3日になるから

ピンと来ないのだが、弥生三月が良い響きである。

何か忘れていることは無いかと心配になったり

「大丈夫」と自分に言い聞かせてみたりする。

雨の合間に散歩に行ってみたが紅梅はまだ固い

つぼみのままだった。やっぱり遅れているのだ。

あれ?誰かが見ているのかとガクアジサイの小枝を

見ると、「あらまあ、こんにちは!」いつからでしょう。

ずっと居たのですよね。何人の人を見かけましたか?

バイクや自転車、ワンちゃんにネコちゃん大勢の人が

通るのただじっと見ていたのですね。ご苦労様です。

小枝に顔あり

| | コメント (0)

いちご狩り

   3月 1日 (木) 晴れ

 先週から予約していた「いちご狩り」に行った。

このグループでは毎年企画されていたようだが

初めてお誘いがあったので、参加を決めていた。

喬木村の大きなビニールハウスに車4台で向かう

ご一行様は30名ほどでにぎやかで楽しかった。

いくつ食べられるかと思ったら、丁度年の数だけ

一番多い人は108個でまだ余裕といった感じで

その後、お腹いっぱいと言っていた人も昼を食べ

キャベツ用のドレッシングの試食会で解散だった。

時間制限なしと言うのが、気楽でゆっくりできた。

目の前のイチゴ

5月31日まで、開園しているからまだまだ

これからも甘くて大きなイチゴが食べられる。

| | コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »