« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

そば処

   2月28日 (木) 晴れ

 最低気温-2℃から最高気温は15℃に?

上着を脱ぎたくなるほどの暖かい日だった。

久しぶりに知り合いに誘われて「そば善」さんへ

元善光寺の門前の小さなそば屋さんである。

ざるそばを食べて、店長さんお薦めのデザート

「そばプリン」を初めて食べると抹茶のソースと

あんこと干し柿がひとかけら乗っていた。

そばプリン

ざるそばを先に食べたのだが、お腹が空いて

写真を撮らずに、食べ始めてしまったので

細麺の紹介が出来ないのが、残念!!

お店の外から

今日のショーウインドウはこんな感じだった。

営業時間は11時から15時まで。定休日(水)

| | コメント (2)

桜の木

   2月26日 (火) 晴れのち曇り

 今年の桜の開花予報は平年並みとか?

ここまで寒さが厳しいと遅れるのではと思うが

3月末に暖かくなると一気に咲き始めるかも?

長いこと生きている木に会う時「何もかも知ってる」

教えて貰いたいと思うが、恐い目にも遭ってると

思うと聴かない方が良いのかとも思うのである。

静かな時を過ごし、4月には桜色の花を咲かせ

訪れる人の心を温めて笑顔にすることでしょう。

冬の桜の木

| | コメント (0)

植物の顔

   2月25日 (月) 晴れ

 今朝は台所の水道が凍っていた。

最低気温-8℃から最高気温は5℃では

寒過ぎて、とても春が来るとは思えない。

久しぶりにマクロレンズを付けて散歩に出る。

すると、ガクアジサイの節目に両手を広げて

「春よ来い、は~やく来い」と言っているかの

ような枝があった。葉の帽子は茶色だが

早くこの中にある若葉色が見たいと思った。

ガクアジサイの枝

| | コメント (0)

二千体吊し雛

   2月23日 (土) 晴れ

 ここは根羽村「ねばーらんど」である。

訪れた人たちが二千体飾りの下をくぐると

厄を払い多幸を願って頂けると言う特設会場。

他の場所には無いオリジナルの動物も一緒に

居るから、探すのも楽しみのひとつである。

通路の吊し雛

この吊し雛の向こうに、大きなお雛様があり

何と「トイレの神様」が居て、前にはお賽銭箱が

置いてあり、皆さんじっと、手を合わせている。

右手にバケツ、左手にブラシを持っている姿は

何とも言えず、そのお顔も何とも言えないのである。

トイレの神様

| | コメント (6)

ひと~り旅

   2月21日 (木) 晴れのち曇り

 思い立ったが吉日で、「乗り鉄」しよう!

何処に行くのかは、ここ数日考えてた「田切」

意気込んだのは良いのですが、何しろ素人で

いつもの駅は撮る時には誰も居なかったが

今日は10人以上列車を待っていて少々驚いた。

流れに乗って席に座ったが、切符が購入できず

途中で声を掛けると「後で来ます」の忙しい車掌さん

手にしたのは、高森町に入ってからだった。

さあ、これからとカメラを準備してまずは先日知った

ビューポイントのカーブ、ここもゆっくり走行である。

鶴部のカーブ

次は七久保を過ぎるとすぐのカーブに来た。

荒田にて

運転士さんが前方確認しながら快調に進み

目的の田切駅に時刻通りに到着した。

約1時間、近辺を散策してあっという間に過ぎ

田切駅の階段

この天空に昇れそうな長い階段を一歩一歩上り

ぎりぎりセーフと思ったら「6分遅れています」と

アナウンスが流れたので駅に置いてあるノートを

見て書き込みをしながら列車を待った。

元善光寺駅まで来ると1分遅れになっていた。

乗ってみると、車両によって走る音が違うと知った。

| | コメント (2)

「駒ヶ根トレイン」

   2月19日 (火) 雨一時雪

 先週末に行われた観光列車「駒ヶ根トレイン」

晴れたら行こうと、知り合いと約束の日曜日。

曇り空であったが、ビューポイントへと向かった。

雪が積もっていたが、長靴を持って行ったので

撮り鉄さんがいる所定の位置まで行く事ができた。

列車を撮る時にいつも思うのだが、ドキドキして

思っていた所でシャッターが切れないのである。

これが、この場所での最後の一枚であった。

急行列車373系

復路は違う所で撮ると言う撮り鉄さんの案内で

次のビューポイントに着いたが、追っかけながら

撮り続ける方も来られて、大勢になって行った。

案内して頂いたIさん、Hさんありがとうございました。

| | コメント (2)

信濃比叡

   2月18日 (月) 雪のち雨

 このところ、ブログ更新しない日の方が多いが

至って元気である。本日も雪が積もった朝であり

先週も雪の予報であったが、出掛けていたのだ。

毎年2月11日の建国記念の日に行われている

阿智村園原の信濃比叡の火渡護摩を撮りたいと

初めて思ったからである。「大火生三昧」と言う。

勿論、早めに行ったのだが、すでに車は満車で

少し離れた駐車場から、ちらつく雪の中を向かった。

いざ始まると、まともな雪降りとなってしまったが

場所を動く訳にも行かず、カメラにハンカチをかけて

ひたすら絶えていた。目の前で焚かれる火が救いで

除災招福祈願が行われる火渡りだから雪に降られて

濡れても風邪を引くことも無く(見て居ただけである)

無事帰ってきた。阿智村堺を超えると雪は無かった。

雪の中で

| | コメント (2)

彩りの空

   2月10日 (日) 晴れ

 久しぶりの散歩道で見上げた空。

午後3時を過ぎて、少し風が吹いていた。

小さな雲が、風に吹かれて形を変えながら

時々、ちぎれ雲が元気な太陽の光を受けて

緑になったり、桃色になったりしていた。

彩りのちぎれ雲

| | コメント (4)

出来あがり

   2月 6日 (水) 雪のち雨

 あっと言う間の一週間だった。

節分の日に地区の文化祭で写真展示。

「一週間のご無沙汰でした」って古いかな?

大雪と言ってたが、雨になってひと安心の日。

昨夜はリサイクル工作の牛乳パックの椅子に

キルティングの布でカバーを縫って仕上がった。

椅子の底と上の部分をぐるっとまつり縫いする

これが、結構時間がかかってしまった。

ひとつは正式な形の六角形ともうひとつは…

お尻の小さな人用?のやや小さめの椅子である。

二個の椅子

て言うか、早く仕上げたかったから小さめにしたのだ。

だけど、自己流はちょっと不安定になってしまい

慌てん坊は禁物と知った。さて、次に取りかかろう。

| | コメント (2)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »