« ひと~り旅 | トップページ | 植物の顔 »

二千体吊し雛

   2月23日 (土) 晴れ

 ここは根羽村「ねばーらんど」である。

訪れた人たちが二千体飾りの下をくぐると

厄を払い多幸を願って頂けると言う特設会場。

他の場所には無いオリジナルの動物も一緒に

居るから、探すのも楽しみのひとつである。

通路の吊し雛

この吊し雛の向こうに、大きなお雛様があり

何と「トイレの神様」が居て、前にはお賽銭箱が

置いてあり、皆さんじっと、手を合わせている。

右手にバケツ、左手にブラシを持っている姿は

何とも言えず、そのお顔も何とも言えないのである。

トイレの神様

|

« ひと~り旅 | トップページ | 植物の顔 »

風花のひとりごと」カテゴリの記事

コメント

根羽まで行かれたのですね(^^)
この色とりどりが、春が来る事を感じます。
僕も行ってみようかな。

投稿: やや | 2013年2月24日 (日) 11時21分

凄いです!
たくさんの吊るし雛に厄払い、幸せを願って・・・
その先にトイレの神様?
なんとも不思議?
でも 行ってみたいと思ってしまう何かがありますね~

投稿: ペチャ | 2013年2月24日 (日) 20時35分

ややさん、こんばんは。

ここまでは、遠くて一人では行けないのと
寂しいから、知り合いに連れて行って貰い
たどり着くことができました。
老若男女を問わず、行かれることを
お薦め致します。
是非、行ってくぐってみて下さいね。
ここで出会えた方たちの笑顔で暖かい春を
迎えられそうな気持ちになれました。

投稿: 風花 | 2013年2月24日 (日) 20時37分

ペチャさん、こんばんは。

根羽村は土雛を古くから飾られていたのだ
そうですが、「中馬ぬくもりひな祭り」の
一環として4月上旬まで行われています。

「トイレの神様」を初めて見た時は、「??」
不思議な感じでしたが、パンフレットには
『世界でここしかない』と書かれてある通り
だなあと思いました。
県境にあるので、大勢の方が立ち寄る場所に
なっていて食堂や地元産の珍しい商品が並ぶ
売店もあって、家族連れで賑わっています。

ペチャさんの所からは随分遠いですが、来られたら
寒い冬でも、ホッとされることと思います。

投稿: 風花 | 2013年2月24日 (日) 21時01分

こ、これがトイレの神様!!(゚ロ゚屮)屮
トイレのおばちゃんに見えてしまうのは私だけ…?ヾ(´ε`*)ゝオイオイ
この数の吊るし雛は圧巻ですね!!

投稿: もちーず | 2013年2月24日 (日) 23時21分

もちーずさん、こんばんは。

頼りになるおばちゃんですよね?
ほんとにトイレの入り口近くにあって
他のお雛様が周りに飾られています。
ちょっと、遠出に成りますが、ここで
ゆっくり過ごすのも良いですよ。

色々な種類の吊し雛が有るから、クイズの
キャラクター探すのに、苦労しましたcoldsweats01

投稿: 風花 | 2013年2月24日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひと~り旅 | トップページ | 植物の顔 »