« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

安富桜

   3月31日 (日) 雨

 生憎の雨の日曜日だったが…。

さくら前線は待ってはもらえず行かねば。

午後は雨の中、近場を巡ってみたが、何せ

白い空では、さくらの花が綺麗に捉えられず

意を決して夜桜見物に出掛けて行った。

雨はすっかりやんでいたが、花冷えの夜は

寒かった。だが、大きな古木の桜を見上げる

時は誰もが、寒さを忘れてじっと見入っていた。

エドヒガン

| | コメント (2)

ふきのとう

   3月29日 (金) 曇り

 ふきのとうは昔からフキントウ味噌にしたり

天ぷらにしたりして、食べていた。

この頃は、見てるだけになっているが、先日

お彼岸で実家に行った時、母が作った天ぷらを

久しぶりに食べた。やっぱり苦かったのだが

子供の頃の感覚と随分違っていると思った。

春の新鮮な味わいに、感謝すら覚えたお年頃?

ふきのとうの花

ふきのとうの花、ここまで成長すと食べるのは…?。

| | コメント (0)

なかよし

   3月28日 (木) 曇り時々晴れ

 曇り空がほとんどであったが、気温は上がり

出掛ける時の身支度では、暑くなってしまった。

つくしの坊やとムスカリのお姉さんのなのかな?

「こんにちは」と言っているのか「どうしたの?」

って言っているのかは分からないが…。

今まで知らなかった。こんなに「なかよし」さん

だったとは、周りにもお友だちが沢山居ました。

ここは、植物たちの楽園に思えた春の土手。

ツクシとムスカリ

| | コメント (2)

今年も

   3月26日 (火) 晴れのち曇り

 今朝の凍みで、白木蓮は茶色に変化したが

昨日見た公園のサクラは、今日も健気に咲いていた。

ミツバチさんが、「ブーン、ブン」とやって来て

何処まで運んで行くのだろうか。

サクラの蜜は、さぞかし美味しいことでしょう。

サクラとミツバチ

| | コメント (0)

花めぐり

   3月25日 (月) 曇りのち晴れ

 曇り空で始まった朝だったが、あちらこちらで

花情報があり、見学だけでもと出掛けて行った。

昼を過ぎた頃から、青空になってきて「ウキウキ」

毎年早めに咲く正永寺の枝垂れ桜を観に行くと

正永寺の桜

あらまあ、こんなに咲いている。何分咲き?

古木で大部枝が減ってはいるが、花は健在。

続いて、このお寺のほど近くにある紅梅は

満開で地面には、花びらが散っていたが

まだまだ、良い色で楽しませてくれていた。

かのうやさんの紅梅

家に帰る途中にある公園では、これもまた満開

満開の山桜

白い花の山桜 、何だか大忙しの春本番である。

| | コメント (0)

ヒュウガミズキ

    3月24日 (日) 晴れのち曇り

 春の庭で、咲いているヒュウガミズキの花。

昨年とくらべると一週間ほど早い開花である。

街中でも、彼岸桜が咲き出していると言うが

彼岸と付くから、これが普通なのだろうか?

何だか、一気に気ぜわしくなってしまう。

あっちのもこっちのも見たいのだが、思うだけで

毎年、終わってしまっている。昨年行けなかった

場所に行って見れば良いのだが、同じ場所でも

行って見ないと気が納まらないから困ったものだ。

我が家の庭も、これからは毎日見ていないと「旬」

を逃してしまわないようにと、ひとりで焦る夜である。

 ヒュウガミズキ

| | コメント (0)

伊那小沢駅まで

   3月21日 (木) 快晴

 青い空が広がる良いお天気になった。

少し前に予定していた駅周辺の桜を見に行った。

交通手段は電車で、知人はメジロさん目的で

昨年の今頃も、数え切れないほど?のトンネルを

トンネルと鉄橋

抜けて、これから芽吹くであろう山肌の木々と

青空を眺めていると、時間が短く感じて駅に到着。

誰も居ないから静かだと思っていたら、次々と

人がやって来て、「晴れていて良かったですね」と

カンザクラと皆さん言う一番目立つ桜は河津桜で

河津桜

その近くにあるちょっと細かい花がカンザクラ

寒桜

カンザクラは満開でメジロさんが来ていた。

見られたが、撮るのは逆光等で難しかった。

| | コメント (4)

善心光梅

   3月19日 (火) 晴れ

 最低気温は5℃から最高気温20℃の日。

昨日の雨が一転して暑い日で上着は要らなかった。

この所、新聞やテレビ、そしてブロガーの皆さんから

紹介されている元善光寺にある梅の花を見に行った。

午後になってしまったから、風が吹いてアップで中々

捉えられず、風待ちしていると散歩にきたおじさんが

「もう咲き過ぎずら」と言ったが丁度八部咲きの見頃

昨日の雨で地面に花びらが落ちていたが初めての

私にとっては良い香りと何とも言えない優しい色で

観られた喜びでいっぱいだった。小学生の男の子も

花に近づき「良い香りだなあ」と通り過ぎて行った。

その名は「善心光梅」と4年前に命名されたのである。

善心光梅

| | コメント (2)

ひな祭り巡り

   3月18日 (月) 雨

 中馬ぬくもり街道ひな祭りが行われている阿智村へ

毎年行っているが、訪ねた所で「曽山に行ってみた?」

と聴かれて、「何処ですか?」パンフレットを開くと日曜

のみ可能と書かれてあったので、観られないと思ったが

そこは地元の強みで、電話をして開けてくれると言う。

着いた所は集会場で玄関を開けて待っていて下さった。

中に入ると、部屋いっぱいに飾られたお雛様の段飾りと

手作りの数々であふれていた。中央には明治のお雛様

可愛い手作り品は、お雛様の持ち主のあばあちゃんが

丹精込めて作ったと言う。売り物にと提案したが愛着

があるから手元に置きたいと、大切に並べられていた。

まだ沢山あったが、今日のレンズで広角いっぱいでも

これが限度で入り切らなかった。阿智村駒場では

4月3日までの開催だが、日曜日と祭日はあと3日だけ

「10時から3時まではお茶の接待があるから、来てな」

鍵を開けてくれた方に車が見えなくなるまで見送られて

雨にもめげず行って良かった。楽しいひとときだった。

集会所のお雛様

| | コメント (2)

梅香る

   3月17日 (日) 晴れのち曇り

 今朝は青い空が広がり心も晴れ晴れ。

白い梅の花にはミツバチさんが大忙しでお仕事中

やがて実が成って、竜峡小梅は収穫される。

青空と白梅

この先に歩いて行くと背の高い紅梅の木がある。

ここにもミツバチさんが来ているのかな?

高過ぎて、確認は出来ないがたまに小鳥が遊ぶ。

高い木の紅梅

梅の種類は、色々あるからこれからも楽しみである。

| | コメント (2)

一気に春

   3月16日 (土) 晴れ

 最低気温-2℃から16℃まで上がった日。

珍しく朝の散歩に出てみるとオオイヌノフグリが

霜の朝

霜で凍えているではありませんか。

帰りには、お天道様の陽差しで元気になって

改めて見ると、バラの花のように見えた。

昼頃には気温がどっと上がって、周りの花が

一気に咲き出したかのように春の香りがして

ミツバチさんが羽音をたてて飛び交っていた。

サンシュユとミツバチ

梅・桃・サンシュユ・サクラソウ・クロッカス

この日を待って、思いっきり春を実感している。 

| | コメント (0)

友へ

   3月12日 (火) 晴れ

 今日はずっと前からの友の誕生日である。

お互いの誕生日にメールするのが恒例だが

時にちょっとだけプレゼントすることもある。

今年は、自分の好みであるが「記念きっぷ」を

と考えてみたが、ほんとは今日届けたかった。

だけど、日付け印字は当日しか打ってもらえず

今は、まだここにある。遠い日に一緒に乗った

飯田線の切符を気に入ってもらえるかなあ。

このブログきっと忙しくて見ていないだろうな。

もしも、見てい たら、明日ポストに投函するから

待っててね。これっていつもの言い訳かな?

鼎駅の記念きっぷ

これは、健康と長寿を願っています。金運もね。

| | コメント (0)

イチゴ狩り

   3月11日 (月) 晴れ

 前から予約してあった「イチゴ狩り」の日。

昨日の霞んだ空とは違って気持ち良い青空で

喬木村のイチゴ農園の中に午前11時に入った。

ハウスの中は20℃で上着は要らない位であった。

入り口でイチゴの取り方の説明を受けて、スタート!

制限時間は無いけれど、10個ほど食べた頃には

総勢14名みんなが口々に言った「お腹いっぱい」と

大きなイチゴ「あきひめ」「ゆめのか」「紅ほっぺ」どれも

美味しくて、同じ品種ばかりより行ったり来たりして

時々違うのを食べるとまた美味しく食べられるのだ。

結果70個、うそみたいなホントの話でお昼はいらない

と思いながら、これが食べられちゃうから不思議だ。

撓わなイチゴ

これからも5月末まで行われる「イチゴ狩り」

白い花にはミツバチさんが来て受粉していた。

最後まで、甘くて大きなイチゴが揃うことでしょう。

| | コメント (2)

駅舎

   3月 7日 (木) 晴れのち曇り

 杉花粉が飛散し始めて視界がはっきりしないが

いつ行けるか分からないので、思い切って訪ねた

元善光寺駅。今度の時刻改正と伴に引退する

115系列車を待ってカメラを向けた。乗降客10名

ほどで、人を入れずに撮るのは困難であった。

列車を見送ってから、駅舎を外からみつめた。

4月から無人化になると、どう変わるのかと…。

中の掲示物が減って、近くの高校は統合して

別の場所に移ってしまうから、静かになるだろう。

今日電車を観にきていた男の子は4月から保育園

に入園と言うから、お休みの日にしか来られない。

駅員さんが居ないと乗務員さんたちは、忙しくなって

大変になることだろうと、要らぬ心配をしている。

元善光寺駅

| | コメント (2)

記念きっぷ

   3月 5日 (火) 晴れ

 最低気温-3℃から最高気温12℃の日。

穏やかな日和に誘われてひとりドライブ。

立ち寄ったのは「鼎駅」4月からは無人駅に

なってしまうのだが、鼎と言う名前に由来して

飯田線「鼎駅記念きっぷ」が入った絵馬がある。

ずっと前はこの厚い切符だったなあと思い出す。

鼎から秘境駅の「金野ゆき」と「千代ゆき」そして

「鼎駅」の入場券が納められている『合格祈願』

絵馬には桜の絵が描かれている。他2種類あり

皆さまの願いが「鼎」(かなえ)られますように

と書かれてあり、「どうか無人駅にしないで!」

ってお願いしたいくらいだが、ちょっと遅かった。

3月末までは、販売されているがこれもおしまい。

数に限りがあるので、売り切れたら終了と言う。

記念きっぷだから、今日の記念に購入してきた。

きっぷのセット絵馬

| | コメント (4)

梅香る

   3月 3日 (日) 晴れ

 ひなまつり…この辺は4月なのだが

3月になってやっと咲き始めた梅の花。

まだ、思いっきり花びらを開かないでいる。

オシベたちが、目覚めて背筋をグ~ンと

伸ばしたいと言っているかのようだった。

丸い梅の花

| | コメント (2)

オオイヌノフグリ

   3月 2日 (土) 晴れ

 雨上がりの弥生月である。

昨日の分までとは行かないが、散歩に出た。

あちらこちらに、パッと花を咲かせている

オオイヌノフグリさん、この冬はちょっと元気が無い

と思っていたが、3月となれば元気に咲いている。

ふたつ並んで、「こんにちは、今年は寒かったなあ」

などと、お話ししているかのように、楽しそうだった。

三寒四温で、まだ寒い日もあるから気をつけてね。

オオイヌノフグリ

| | コメント (4)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »