« ラベンダー | トップページ | いざ、松本城 »

日帰りの旅

   6月 4日 (火) 晴れ

 「そうだ、京都に行こう!」では無いが…。

良く有るお買い物ツアーの無料招待状が届き

同伴者も決まったから、行ってきました!!

今朝7時ちょっと前に家を出て、夜8時半まで

長時間のバスの旅はちょっと眠たかった。

分かってはいたが、肝心の平安神宮の参拝は

買い物含めて40分、バスから歩く距離もあり

早足で向かって旗も見えない位後を追い掛けて

晴れたから歩けたけど、もしも雨だったら…ネ。

ちゃんと、奥まで参拝に行った方も居たが大急ぎ

「早く、買い物行くよ」の知人に「先に行ってて」と

約5分、数回シャッターを切るのがやっとだった。

勿論、買い物もしましたよ。美味しいお漬け物を。

平安神宮

京都は毎日観光客が多いから静かそうに

撮るのは難しいものである。

この行程は一部で、他に2ヶ所のお買い物と

清水散策も有ったが、ご想像にお任せします。

|

« ラベンダー | トップページ | いざ、松本城 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バス旅行って、もしかしたらうちの会社でやったのですか?
今日お客様から電話があって、バスがオンボロだったとか、ちょっとお小言を頂いてしまいましたが、風花さんはどうだったでしょうか?
昨年、お世話になって申し込んだ伊那谷五十人展の案内をいただき、正式に申し込みを済ませました。
忙しくてあまり撮ってないし、気に入ったのはいくつかの村のフォトコンに出すので、あまりこれといったのがなかったのですが、先月久々に早起きして荒田の踏み切りへ行った時に、近くで撮った風景を出してみます。
またよろしくお願いします。

投稿: クツ次郎 | 2013年6月 5日 (水) 20時13分

クツ次郎さん、こんばんは。

はい、お世話様になりありがとうございました。
多分同じバスですね。「あれっ、これで大丈夫?」って感じでした。無事帰って来られましたから、運転手さんと添乗員さんに感謝です。

伊那谷五十人展は私もギリギリまで迷って申し込みました。ほんとは新鮮なのを思いましたが、以前個展でご覧頂いた作品を四つ切りから半切にプリントし直そうと思っています。
クツ次郎さんは飯田線かな?楽しみにしています。

投稿: 風花 | 2013年6月 5日 (水) 21時04分

やっぱりそうでしたか。
バスの傷は、前日にイノシシが衝突してできた傷で、車両本体には異常がないので・・運行したそうです。
出展する写真、私も元々は以前撮ったものから選ぶつもりで、候補も決めてあったのですが、早朝の南アルプスが見える風景ということで、とりあえず出すことにしました。電車を撮りにいったのですが、電車は写っていません。
いいかどうか自分でも判断が迷うところですが、まあ見てのお楽しみというところですね。

投稿: クツ次郎 | 2013年6月 5日 (水) 21時21分

クツ次郎さん、ありがとうございます。

バスは明らかな傷で、説明があれば良かったですね。
それにしても、イノシシとはねえ。
写真…私も実は決めてあったのですが、家族からダメ出しがあり変更に数日間悩んだ末の結論です。
さあ、半切に耐えるかどうか?それが問題です。

投稿: 風花 | 2013年6月 5日 (水) 21時47分

風花さん> こんばんは。。

京都旅行・・自身のところにも無料招待券が届きましたが・・
仕事やプライベートなことで、参加できませんでした。。
初夏の京都・・・魅力的ではあったんですけどね(苦笑)

バスにイノシシですか(笑)  自身の軽トラ君には「鹿さん」がぶつかってきたそうで、その傷あとがあります。。
弟曰く、国道でいきなり飛出してきて、避けようがなかったそうです。。 どちらにしても南信州は、人間より動物に注意ですね(笑)

PS 今年も「人形劇フェスタ」に出演します(演劇で?)
詳しいことが決まったら、自身のブログにアップしますが・
見に来て頂けるといいのですが・・

投稿: 舞姫 | 2013年6月 8日 (土) 20時42分

舞姫さん、こんばんは。

京都一緒に行けたら良かったですが、それぞれ用事がありいざと言うと難しいかも?
京都はずっと行きたいと思っていましたが、昨年までは日帰りも無理かとあきらめかけていて応募もしなかったけど、ちょっと勇気が出て挑戦してみました。
イノシシは、曲がれないから突進するしか無いみたい。
「鹿さん」は列車にもぶつかって遅れる事がありますね。動物と話せれば良いのかなあ?
演劇楽しみにしています。決まったら即アップしてねhappy01

投稿: 風花 | 2013年6月 8日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラベンダー | トップページ | いざ、松本城 »