« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

元善光寺駅周辺

   1月29日 (水) 晴れ

 本日はカメラを持つ時間が無かったから…

昨日また訪ねた元善光寺駅へ行った結果報告を。

飯田側からでは、後姿になってしまった115系列車。

今度は高森側の踏み切りの外から撮ってみた。

同じ時刻に出発した313系列車の後姿と115系列車

顔がどんどん近づいてきて、目の前を通過する。

元善光寺駅周辺

また、会いに行ってしまいました。

| | コメント (2)

体験学習?

   1月27日 (月) 晴れ

 いつも写真を撮らせて頂いている天竜舟下り。

昨年の秋頃から、乗船してみようと思っていたが

先週のうちに予約をして、本日を迎えたのである。

一人でもと思ったが、カメラ仲間を誘って相棒あり

10時の定期船には6名の女性が救命胴衣を付けて

乗り込んで、いざ出発!まず出会うのはトビの群れ

0127_2836

沢山やってくるが、前側扉の中からでは中々見えず

0127_2898

水しぶきがかかる湯の瀬を通過、冬期は水量が少ないが

上の方まで、しっかり水滴が飛んでいる。後ろの船頭さんも

0127_2904

進行方向だけでは無く、後方を見ながらも舵を漕ぐのだ。

0127_2883_5

いつもは遠くからしか見られないカモさんたちも寄ってきて

こんなに綺麗なのかと改めて思った舟下りの旅だった。

| | コメント (0)

駅まで

   1月24日 (金) 晴れ

 久しく会っていなかった115系の列車に会いたくなって

何処に行ったら会えるかなあと元善光寺駅に向かった。

元善光寺駅にて2

時刻表を見ると上りと下りが同じ時刻に出る列車があった。

少し時間があったが、もう待つことには慣れっこだから

そのうちに駅のホームには、大勢の人が列車を待つ姿。

そして静かに115系列車がホームに入って、数人が降り

次に上りの313系列車もやってきて、数十人が乗り込むと

115系の下り列車が出発し、どんどん小さくなって行く。

313系と115系

「さ・よ・う・な・ら」また会ってくれますか?会いに行きます。

| | コメント (0)

船大工さん

   1月23日 (木) 最高気温8℃の快晴

 雲ひとつ無い青空が、広がった日だった。

昨年から船頭さんと約束していた場所を訪ねた。

舟下りが少なくなる冬期に大事な仕事があるのだ。

船大工に挑戦する若い船頭さんがいるのである。

初めて訪ねたひと際大きな建物の中では、船底の

形が造られて、最終の鉋かけをしているところだった。

その後は、淵のくぼみをノミで掘る音が響いた。

「トントントコトン、トットコトントントン」こんな風に聞こえ

棟梁のYさんと見習いのMさん揃って軽快な音だった。

二人の大工さん

春には、完成して天竜川を下って行くと言う。

大工道具の数々を見て懐かしいと思う物が有った。

鶴と亀をかたどった「墨つぼ」繊細ですよね。子供の頃

大工さんが家の近くに居て、図書の台本を作ってもらい

鉋くずが綺麗で、いつまでも見ていたことを思い出した。

| | コメント (0)

上伊那のカモ

   1月21日 (火) 晴れ

 曇りの予報だったが、晴れていた。

昨日約束したカメラ仲間との今年初のお出かけ。

昨年も行った水辺のカモさんたちに会いに行った。

居るところには居るもので、だがオスは居なかった。

雪と氷と水面があって典型的な冬の光景があった。

冷たい風にカモさんたちはじっと耐えている様だった。

それにしてもオレンジの足が可愛かったなあ。

カモの群れ

| | コメント (0)

思案中

   1月20日 (月) 曇りのち晴れ

 以前にも紹介した天竜舟下りの「祝い舟」のこと。

船頭さんの背中の絵柄の宝船が、遠くからでは

良く見えないので、出航前の弁天港に行ってみた。

近くで見ると、背中いっぱいでそれは見事だった。

イケメン船頭さんの背中

舟の先に付いている縁起物の熊手も三種類あると判明。

冬の予約は少なくて…と聞いてはいたが、本日は遠く

和歌山県からの団体さんが三艘に分かれて出航した。

弁天港にて

冬期は午前10時だけが定期便として運航されているが

予約が無ければ、お休みとなっている。…それで…

思案中と言うのは、前日までに予約すれば一人でも

舟が出ると言うから、貸切で35分の船旅ができるのだ。

知らなかったなあ。「祝い舟」は今月末までと言う。

| | コメント (2)

雪だるま

   1月19日 (日) 晴れ

 今朝は玄関を開けると真っ白い雪が積もっていた。

夕べは風も強く、郵便受けの中まで雪が薄っすらと

これは、長靴で散歩に行かなくては…。

列車の時刻に合わせて、外に出ると遅れること無く

列車が通過の後には雪煙が上がっているのを見た。

真っ白な雪をみていたら、雪だるまを作りたいと思い

手袋の上にゴム手袋を重ねて、いや~、久しぶりで

こんなに大変だったかと段取りの悪さにがっかりした。

何とか出来上がる頃にはペンギンさんがやってきて?

えらく笑顔だと思ったら、鼻を付けて無かったのである。

雪あそび

| | コメント (0)

レインボー

   1月17日 (金) 晴れ

 光る水辺

晴れの日の太陽の光はこんな風に演出をしてくれます。

| | コメント (4)

南天

   1月16日 (木) 晴れ

 我が家の庭にあるものは…。

赤い実のナンテンが一本と

赤南天

白い実のナンテンが数本あるのだが…

白南天"

両方をひとコマに納めるのが難点である。

お粗末さまでした。ジャン、ジャン。

| | コメント (0)

新年の舟

   1月13日 (月) 晴れの成人の日

 冬の舟下りは少なくて、定期船は午前10時のみ。

中々チャンスが無くて、本日昼過ぎやっと会えた。

団体さんの予約で、二隻が目の前を通過した。

新年祝い舟と言うことで、船主に大きな熊手と

船頭さんたちが着る綿入りのハンテンの背中には

宝船の絵柄があり「祝い舟」にふさわしいと思う。

下って行く船を見ながら手を振るのならゆっくりだと

思うが、レンズ越しに構図を考えているとあっという間

に通り過ぎてしまい、船頭さんたちの格好良い漕ぎ姿を

撮ることが難しいのである。だから、また追いかける。

冬の舟下り

| | コメント (0)

夕暮れに

   1月11日 (土) 晴れ

 今日は何か記念日だったようなと思い出してみたが

そうだった。親戚のある方の結婚記念日だったこと。

それは、置いといて夕暮れ時に通りかかった場所で

大きな「おんべ」の準備がしてあるのを見かけた。

だるまさんが、沢山括りつけられて立派なものだった。

色々な言い方があり、「ほんやり」とか「どんど焼き」

「おんべ」とも言う。私的には「どんど焼き」がしっくり

なのだが、しばらく参加していない。参加している頃は

習字の長い紙も一緒に結わえて、高く燃え上がると

良い年になるとか?今は火の用心の為なのか見ない。

長い竹の先にお餅を差して、落とし合って真っ黒に

したり、まともに食べられる方が少なかった思い出。

昔は各家で、もち米をふかし臼と杵でお餅をついた。

現在購入しているお餅より、ずっと大きなお餅だった。

家族揃って、恒例の暮れの一大イベントだったなあと

自分も随分歳をとったものだと今更ながらに思う。

明日の早朝は、あちこちで、竹がはぜる大きな音で

目が覚めるのだろう。地元は正月明けに行われた。

仙丈ケ岳とおんべ

| | コメント (2)

キヤ95系

   1月 8日 (水) 曇りのち雨

 雨の予報は出ていたが、思ったより早目の雨。

いつもなら、リハビリ通院のはずだったが…。

所用で変更のお願いをしてあったので線路沿道へ。

滅多に傘を持っての撮影はしないのだが、本日は

特別の日との情報を受けて、ひたすら待ったのだ。

雨で遅れているのかとか、色々考えながら…

すると、独特の音がして、黄色い顔が見えてきて

ドクター東海さん登場の瞬間、ここからは忙しくなる

構図を決めて、3コマほど撮れば充分であるが、次は

いつ会えるか解らないと思うと欲が出て望遠でズーム

するから、定まらなくなったりして残念な結果になる。

何はともあれ、出会えたのには間違いないから良かった。

何回も出会って居るけど、あのドキドキ感は同じである。

ドクター東海さん
在来線設備の安全を守るため検測しながら走って行く。

| | コメント (0)

カモさんが飛ぶ

    1月 7日 (火) 晴れ

 今朝も冷え込んだが、水辺へカモさんに会いに行った。

昨年の今頃は、カモさんが群れになって飛ぶのが見られた

が…暮れから大きな群れは見られなくなっている。

まず、首元が綺麗な緑色をしたオスが居ないのである。

どこに行ってしまったのだろうか?居場所を変えただけ

ならば良いのだが、2羽が飛ぶのを流し撮りしてみたが

目まいがしそうな写真になってしまった本日の出会い。

 カモが飛んだ

| | コメント (2)

サザンカ

   1月 6日 (月) 晴れ

 新年の仕事が始まって、カメラライフも始まる。

我が家の白いサザンカは昨年の内に時期を終えた。

そして、今は真紅のサザンカが咲きはじめている。

外から見える側は、つぼみだけだが、軒下側の

下の方の枝には、幾つも咲いている。

誰に見せるでもなく、自分で咲いている感じである。

それにしても、今年は今までに無く花が多いのだ。

小さな枝がしなるほど、つぼみを付けている。

例年は玄関に飾る枝は無かったが、一輪挿しに

できそうな枝もあって、それだけで嬉しくなってきた。

サザンカ

| | コメント (0)

年のはじめに

   1月 4日 (土) 晴れ

 寒くて外に出られない時には写真の整理を。

すると、こんな写真があったことを忘れていたが

まだ産まれて五ヶ月も経っていない赤ちゃんの足。

いつになったら、最初の一歩を踏むのだろうか…。

いや、産まれた時が、もう歩み出ているに違いない。

誰もが、こんな可愛い足だった時があったことなど

忘れている。いや、自分のこの頃の足は見られないのだ。 

今更だが、人間とはすごい生命力を持っているのだと思う。

誰もがみんな悩んで、考えて、迷って大きくなって行くのだ。

赤ちゃんの足
だが…ちっとも大きくなっていないのはなぜ??

大きな心の持ち主になりたいと思うばかりである。

| | コメント (2)

2014年

   1月 3日 (金) 晴れ

 新しい年も明けて3日となった。

今思うことは、しっかり食べて重たくなった。

年末から食料品以外の買い物はしていなくて

午後3時過ぎてから、本屋さんに向かった。

家族からは、混んでるから入れないかも?

と言われたが、売り出しは本日までだから向かった。

店内では、長い行列の後ろで順番を待っていた。

帰ってきてから、今年初の散歩に行ってみたが

すぐに太陽は沈み夕暮れ散歩となってしまった。

今年も撮りたいものは、沢山あるから頑張ることにしよう。

夕焼け雲

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (2)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »