« 上伊那のカモ | トップページ | 駅まで »

船大工さん

   1月23日 (木) 最高気温8℃の快晴

 雲ひとつ無い青空が、広がった日だった。

昨年から船頭さんと約束していた場所を訪ねた。

舟下りが少なくなる冬期に大事な仕事があるのだ。

船大工に挑戦する若い船頭さんがいるのである。

初めて訪ねたひと際大きな建物の中では、船底の

形が造られて、最終の鉋かけをしているところだった。

その後は、淵のくぼみをノミで掘る音が響いた。

「トントントコトン、トットコトントントン」こんな風に聞こえ

棟梁のYさんと見習いのMさん揃って軽快な音だった。

二人の大工さん

春には、完成して天竜川を下って行くと言う。

大工道具の数々を見て懐かしいと思う物が有った。

鶴と亀をかたどった「墨つぼ」繊細ですよね。子供の頃

大工さんが家の近くに居て、図書の台本を作ってもらい

鉋くずが綺麗で、いつまでも見ていたことを思い出した。

|

« 上伊那のカモ | トップページ | 駅まで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上伊那のカモ | トップページ | 駅まで »