« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

真夏

   7月30日 (水) 晴れ

 連日暑い日が続いている。

このところ忙しかったり、暑い夜で熟睡できない日々。

突然だが、本日より以前仲間で写真展を開催した場所で

個展が始まったのである。今月半ばに打診があって即決定。

今回初めての試みで、依頼があってからテーマを夏の出会い

と決めたのだが、撮っている内にこれは全ての写真の題名が

「夏の出会い」と気付き、タイトル無しの撮影場所と撮影年月を

付けることにした。個展はこういう自由な発想ができるのである。

場所は高森町の農産物直売所の「安直や」さん内の「風と土」と

言うランチバイキングの店内キャラリーである。遅くなったけど

住所が分かる方には、これから案内ハガキを発送する予定。

ほぼ一ヶ月間、火曜日定休日以外はお盆も営業している。

広い店内で個展は無理と思っていたが、25点の展示となった。

芳名帳も予算削って、中身だけ購入して表紙は自分で作った。

プロフィールは私が答えたことを社長さんが素晴らしく作成して

何だか気恥ずかしい限りであるが、そこに嘘は無いのである。

ランチバイキングも美味しく食べて頂きたいのは勿論だが

営業時間内でランチタイム以外は写真だけ観るのも可能。

天竜舟下りさんの許可を得て最近の写真を展示している。

本日はリハビリ通院の後、時又港に行って到着する船を待った。

船頭さんも熱中症に注意して水分補給して、仕事に励んでいた。

到着後の補給

| | コメント (0)

花火

   7月26日 (土) 晴れ

 とても暑い夏になって、色々なところで花火大会。

夕暮れに今年の春先に約束した場所に、集合した。

とても眺めが良くて、望遠で無くても花火が撮れるとは

それに大勢でも、混んでいないところで三脚を立てられ

初めて花火の撮影に挑戦する知人と一緒で楽しかった。

水神橋納涼花火大会

近いので、番付けのアナウンスが聴こえて良かったが

カメラの角度を見極めるのは難しく「わあ~、入らない」と

声が飛び交うのも、打ち上げ花火ならではと思った夜だった。

| | コメント (2)

シオカラトンボ

   7月22日 (火) 晴れのち曇り

 三連休が明けて、梅雨も明けて夏本番。

メディアカードがいっぱいになっていたから

新しいのを入れて、気が大きくなり撮り過ぎた。

皆さんはそんなことはありませんか?

昔はお給料日は現金支給だったから、少ない

金額でも、何となく余分な買い物したりして…。

今はみんな振り込みだものね。お買い物も。

話がそれたけど、毎年今頃訪ねている蓮を観に

幾つか花が咲いていたが、遠過ぎて撮れない。

どうしたものかと考えていると、目の前にシオカラさん

もうすぐ咲きそうな大きなつぼみに止まっていた。

シオカラトンボ

| | コメント (0)

どうしたの?

   7月20日 (日) 不安定なお天気

 「あの~、カメラ故障しました」とカメラ店へ。

まだ購入してから一年も過ぎていない一眼レフが・・・。

電池OK.電源入ってる・メモリーカード入ってる。

色々それなりに点検したり、電池入れなおしてみたり

それでも、シャッターが反応しないと思ってお店に行った。

ボディーだけにして、修理に出すつもりで、お店にある

レンズを付けて、チェックしてみると「大丈夫ですよ」??

「もしかしたら、レンズじゃないですか?」と一端家に帰り

別のレンズに付け替えてみると、あれっ、シャッター切れる? 

そして、古い方のカメラに付けると「いや~、ピント合わない」

反応しないのはレンズの方だった。標準レンズが故障した。

身体が壊れるよりは良いと思ったが、ショックに変わりは無い。

またも、今度はレンズだけ持ってカメラ店に向かった。

修理は結構な金額が「同じ位の中古探しますか?」の提案で

「そうします」無いと困るから…壊れたレンズは持ち帰った。

昨日出会ったカエルさんも、どうしたのかなあと思ったかな?

アマガエルさん"

| | コメント (2)

みんなの写真展

   7月18日 (金) 晴れのち曇り

 6月1日写真の日の同じ時間に撮ったかざこしやま。

その写真展が飯田創造館で昨日から行われている。

第13回目を迎えた今年は日曜日だった為、それぞれの

予定があり、180点あまりの作品となっていた。

毎年参加されている方は、それぞれのこだわりを持って

家族と一緒にだったり、変わってしまうであろう道路とか

大勢の視点が一斉に観られて、郷土を知るきっかけにも

なっている。色々な想いが伝わってくるみんなの写真展。

会場の中で"

22日の火曜日まで。時間を作ってみてはどうでしょう。

| | コメント (0)

芸術鑑賞

   7月17日 (木) 晴れのち曇り

 蒸し暑い日が続いているが、友と一緒に芸術鑑賞。

古民家のご自宅で仏画の個展が行われている。

11日から始まっていたのだが、明日までの期間に

間に合い、おじゃますることが出来た。

優しい眼差しの「聖観音」作品があり、自画像かと

思われるような雰囲気に目をいえ、心を奪われた。

中央に展示された作品

仏画が多い宮井さんだが、季節の花や昆虫も得意で

うちわの両面に、変化する生き物を観た時は、思わず

笑顔になったりしていると、ネコちゃんが帰ってきて

「やっぱり我が家は良いな」と言っているようだった。

| | コメント (0)

カタツムリ

   7月13日 (日) 弱雨

 朝から降ったりやんだりの雨の日。

夜は寝苦しくて何度も起きたりして眠たい一日。

元気に動いているのは小さなカタツムリさんたち。

玄関先で、カメラを持ってにらめっこしていると

雨が降り出して、家の中への繰り返しの午後だった。

花の上のカタツムリ

| | コメント (2)

百日草

   7月12日 (土) 晴れ時々曇り

 ヒャクニチソウの種類は沢山あるのですね。

花火のように見えたり、ひとつの花の中に

幾つもの花のようなシベが現れたりしながら

お花畑で、毎日成長しているから楽しい散歩道。

百日草

| | コメント (0)

森林浴

   7月11日 (金) 晴れ

 台風一過の晴れだったが、とても暑かった。

いつもの散歩も良いが、ひとりドライブで向かう

ヤマアジサイが咲いている森の中だが、着くと

同じ考えの方たちが居て、ひとりでは無かった。

日影はやや涼しくて、のんびりモードになった。

緑がいっぱい

 

| | コメント (2)

四つ葉のクローバー

   7月 9日 (水) 晴れのち曇りのち雨

 先週の土曜日から、またもお休みしていたブログ。

写真は撮っているが、アップする気力が無かった。

アハハ、と笑って過ごせば良いのだが、そのスイッチ

が、みつからないまま時が過ぎてしまった。

「気にするな!」って言われても、簡単な事では無い。

まあ、悩んでも人間的に大きくはなれそうもないから

明日の検査結果を待ってから、どうなるか覚悟しとこ。

想定内を広げて置けば良いだけ…だよね。

夕方雷が鳴り始めてから、散歩に出て行くとありました!

『四つ葉のクローバー』これは、きっと良いことありそう。

並ぶ四つ葉

「雨が降ってくるに」と言われて濡れる覚悟で行ってきます

と強がったが、雨が大粒になる前に帰って来ることができた。

昨夜の停電後、踏み切りの警報機がずっと鳴りっぱなしで

特別列車が通過するのかと思ってみたが、いつしか夢の中。

| | コメント (2)

アマガエル

   7月 5日 (土) 雨から晴れそして雨

 今週は、月・水・木と病院に通った精勤賞もの?

ちょっとお疲れモードに成りつつのところだが…

昨日の時々急な雨降りの中を散歩に行った。

まだかと待っていたアマガエルさんの集団に会い

今年もこの時期がやってきたと、ほっとしたのだった。

今日も待ち人来足らずの場面を過ぎて、カエルさんの

居場所に向かうと、昨日と全く同じ葉の上でじっとして

居るものと、ひと気を察して隠れてしまうカエルさんも。

樫胡桃の大きな葉の上で、何を考えているのかな?

近くまで行っても、びくともせずに上を見つめていた。

そんなに考えなくても大丈夫だと思うけどなあ。

アマガエル

| | コメント (2)

ほっと一息

   7月 2日 (水) 晴れのち曇り

 午前も午後もいつもの病院のリハビリと外来があり

昼もそこそこだったが、短い時間のひと休みもあった。

最近オープンしたばかりのお店に友と待ち合わせて

久しぶりにレモンスカッシュを飲んでみることにした。

忙しい一日であったが、『初めてきてみたんな』と言う

知人に『おんなじだなあ』と会話をすること何と4人。

素敵な空間で素敵な出会いにぴったりの味だった。

レモンスカッシュ

そして、友は温かいコーヒーを、次はゆっくり食事したいなあ。

コーヒー

| | コメント (2)

あじさい寺

   7月 1日 (火) 晴れのち曇り

 毎年恒例となっているあじさい寺への訪問。

あじさいまつりまで、待てなくて出掛けて行った。

思ったより駐車場の車は多く、知り合いにも会った。

深妙寺は石臼寺としても有名で遠方からもやってくる。

週末には、見頃を迎えるであろうあじさいの花々は

色々な種類が有り、すでに見頃を過ぎたのもあるが

それぞれ名前が付いた観音様が静かに見守っている。

咲き始めたアジサイ

| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »