心と体

治療の日々

   4月30日 (日) 晴れ

 昨日まで、何と連日5日間の病院通いをしていた。

まず、火曜日に当日診療のMdrの受診で体調を言う。

すると、他の病の疑いもあるので、MRIで頭部検査と。

水曜日に予約が入って、30分の「ピーピー、ガーガー」

あっ、知っていますか?MRIの検査の時自分のCDを

持ち込んで良いって!リチャードクレーダマンのピアノ曲

聞きながら受けました。すぐ流れてこないから忘れられた

と思ったら5分くらいで、聞こえてきて「ホッ!!」

そして木曜日Udr登場で頭部は異常無し、軽い再発と。

ミニパルス療法の点滴3日間も即決で「今から準備して」。

初日の2時間の点滴終了、後2日も点滴2時間横になる。

昨日の最終日、休診で静かなロビー退院の方が一人いた。

受付に待たされること5分までは「まあ、まあ」と我慢したが

8、9、10分一端医事課の中に入った職員さんが他の方と

笑いながら、出てきたのだ。そこでキレてしまった!!

「笑ってる場合じゃないです。受付待たせ過ぎです!!」

精一杯の声で叫んでしまった。その後の反応が凄かった。

怒ってはいけない病気だと知りつつも、身体中がズキンズキン。

やってしまった!!治療に行ったのに、ああぁ。

落ち着いてから、点滴のベットに案内されて看護師さんと話す。

怒った分ゆっくりの点滴

お休みにきているから、色々あるのでしょうと。

こちらも真剣に覚悟して治療に通ってるのだ。

入院の話も出たが通院外来をお願いして終了。

握力が落ちてしまったのと、歩きが上手く出来ない恐怖

から、やっと開放されて魔法の薬は怖いが仕方無い。

維持して行く方法があることに感謝する日々である。

| | コメント (2)

曇りのち雨

  5月26日 (月) 曇りのち雨

 週のはじめから、予約診療の通院日。

年に数回の血液検査があり、一時間前に来院と

早目に向かう。車のガソリンは往復ギリギリの残量。

ガソリンは高くなるばかりで、気分はダウン気味である。

さて、病院に着いて受付を済ませ、少し待って処置室へ

「今日は4本摂りますね、ちょっとチクンとしますよ」と言う。

4本とはまあ、しっかり色々診てもらえるなら良いと堪忍する。

順番が来て、診察室の中へ恐る恐るの結果は異常なし。

照会の表の数値のところには主治医の赤鉛筆でOKの文字。

そして、「そろそろ胃カメラやっておきましょうか」「そうですね」

今日は予約センター前での待ち時間が長かったが、知り合い

に会ったので、久しぶりにお話することができた。薬局に寄り

家に帰ったのは、家を出てから4時間あまりが過ぎていた。

遅い昼食を食べる頃には雨の気配が、そして本降りとなった。

雨にも負けず、咲いている除虫菊の白と黄色が目に止まった。

雨にも負けず

| | コメント (0)

病は気から?

   11月20日 (日) 晴れのち曇り

 この頃は、ちょっと気力が落ち込みがちに

寒くなって来たことや長い間飲んでいる薬の

副作用の関係で血圧がどんどん高くなってる。

血圧の薬も飲み始めたらずっと続けると聞いて

いるから、薬は増やしたくないと拒んでいたが

肩こりや頭痛があり、心配になってきてしまった。

昨日、自分から受診して急に高くなってきたから

他の病気の疑いもあると言われて採血をした。

すぐ済むと思い、処置室に向かうと「30分休んで」

え~、そんなに大変なんだ。と仕方無く横になる。

以前なら、血管が出にくくて看護師さんが悩む所が

あっと言う間に、何本もの血液が採られていた。

あっそうだ。血圧が高いってことは血管出てる?

肩こりには葛根湯が良いかと飲んでみたりした。

滅多に無い頭痛が2日間あり、自分で病気かと

思い込んでるような気がして来た。

今日は一日家の中でのんびりして夕食を早めに

食べていたら、頭痛が遠ざかって行ってくれた。

「休カメラ日」もあったし、検査の結果は来月に

ならないと分からないから、それまで考えるのは

止めて、処方された血管を拡張して血圧を下げる

薬を飲むことにしよう。3日くらいで変化があると

主治医の先生が言ったが、夕べから少し下がり

「気分で効いてる?」と思ってみたりしている。

まあ、悩んでみても仕方ないから「何とかなるさ」の

気分取り戻して、明日はカメラと共に出かけよう。

「落ち込んだ気持ちよ、飛んで行け~」おっとっと

皆さんの所へは飛んで行かないようにあっちの方へ

一昨年の今日はこんな空を見ていました。

「幻日」ちょっと心が和みながら、休むことにします。

虹色の幻日

| | コメント (4)

風花の雑談

   2月15日 (火) 晴れ

 昨日ほっとなうどんやさんでしっかり温まった。

しっかり充電出来たのに一日で使ってしまった。

何か、自分に過大なストレス掛けたでしょうか?

やっぱりこの寒さに参って身体が悲鳴をあげてる。

どうやったら、元気いっぱいに動いてくれるの?

絶対に必要なお薬倍飲んだら、「よ~し!」って

成ったらとっくにやってるけど…違うしなあ。

歩く歩数は全然足りていない洗濯機まで行ったり

来たり、廊下をモップで行ったり来たりしても

足りないよ~。外の散歩に行けないのが響いてる。

転んだことがあるから、怖くなって余計な力が全身

に入って歩幅も細かくなる一方の悪循環である。

この間見たワラ細工の大きくて立派な湯屋守様。

ちょっと違うかも知れないが身体ごと頼ってみても

良かったかもね。顔の中央部にお金をはさんだ

人も居たようだったが守ってくれているかなあ。

「きっと守っているに違い無い!」そう思った。

湯屋守様

| | コメント (4)

誰にも分からない

   11月19日 (金) 晴れ

 こんな天気の良い日は何処か撮影に

とは思ったが布団から出たくない方が優先だ。

どうも身体のパワーが足りないと思ったのは

一昨日のいつもの散歩でしゃがんで立とうと

「あれ、身体が重過ぎて脚力だけで立てないよ」

手を自分の靴の上に「よいしょ!」立てたあ。

寒くなったからと思い込んで様子を見た。

お皿を洗う時「お皿こんなに重たかったかな?」

こりゃあ、違うなあ気のせいでは無い!!

車のドアキーが回せないやばい、病院へ行こう。

予約無しの診察は良く知ってる内科の先生だったが

説明しても、ちんぷんかんぷんで「わからんなあ。

ちょっと待って神経内科の先生に聴いてみるでな」

もう30分待っていれば来てくれるからと待合へ

主治医登場で「何だって?」とカルテと話とで本格的

な診察が始まった。今日から三日間の点滴決定!

すべり込みセーフと言ったところだろうか。

見た目には全く分からない症状で歩きにくいとは

どういうことか想像もできないだろうなあ。

あちこち痛いってどんな痛さ?わかんないよね。

こんな時はこの間見た絵を見てたら良くなりそう。

絵本の挿絵額

| | コメント (10)

物は思いよう

   9月1日 (火) 晴れ

 九月になったと言うのに残暑です。

先日24時間テレビでイモトアヤコさんが完走した。

長~いフルマラソン3本分の快挙だった…けど。

感動と言うよりは「無理し過ぎだよね」。

イモトさんだから、多少の遅れでたどり着けたのだ。

気力で走っている彼女を見ていたら「人って何でもできる」。

と勘違いしてしまいそうになった。

走ることを忘れてしまった自分でも一緒に走れると思った。

ところで、食欲のないお昼前散歩に行った。

こんな真昼時のP感にカメラなんてと思うけど昼には昼しか

撮れないシーンがあるのだ。それも夜に見えるシーンである。

いっぱいの宝石のような、無数に輝く星のような夜を思わせる。

眩しいだけの小さな川の流れだけれど、フィルター付けて

水にさわらなくても、水遊びができて楽しいものである。

光る川の流れ

| | コメント (0)

桜もいろいろ

   4月16日 (木) 晴れのち曇り

病院に向かう道沿いの公園で咲き始めた八重桜。

時間に余裕はないから、明日にでも撮りに来ようと

思いながら到着。まずは採血「ちょっと痛いですよ」と

言う看護師さんに限って痛くなく「ああ、良かった」。

検査室のある二階に行くと長椅子に座りきれない人

「混んでますねえ」が合い言葉であったが呼ばれる

までの時間は短く感じた。そして一階のレントゲン。

診療時間丁度になって、いざ結果を聞くと大事な薬の

影響もあって血管年齢と言うのを初めて聞いたが

実年齢を遙かに上回ってちょいと落ち込み気味に

やっぱり今朝見た桜をゆっくり見に行こうと決めた。

家に帰ってお昼を済ませ写真クラブの例会に行き

さあ公園へ、半日過ぎただけで随分咲いて重たそう。

桜もめまぐるしく咲くから自分も一緒に動いている。

ハードスケジュールで悩んでる暇はありませんね。

ショウゲツ(松月)

| | コメント (2)

敏感

   2月11日 (水) 晴れ

 建国記念の日で皆さんお休みでしたか?

あ~あ、また家の中で一日過ぎちゃった。

昼間は晴れていたけど夜になったら頭が重たいなあ。

もう少しで痛くなりそうと思ったら雨が降って来ました。

「なあんだ雨のいたずらでしたか」。

と思うと少し気が楽になるのだけれどね。

昨日から鼻の下がムズムズして手で触っていたら

ばい菌が入って吹き出物がひとつ出来上がっていた。

知らず識らずのうちに爪で引っ掻いていたんだね。

昨日すごく迷ったんだよね。外に出て闊歩するべきか

風邪でもひくと困るから出ない方が良いのかって。

それに、仏滅だったから何かあったら…なんてね。

妙に気になる時は止めといた方が得策だよね。

誰か噂してくれたのかな?くしゃみが出たけど。

明日は一日遅れのリハビリでやっと朝から動きます。

診療予約もあるからシャキッとしないとね。

| | コメント (2)

たからもの

   2月5日 (木) 晴れ

 立春になったけど風が強くて寒かった散歩道。

ちいさな小指の先ほどのおじぞうさまをポケットに忍ばせ

記念撮影はどこが良いかなあ。

風の強さに花びらを開ききれないでいるオオイヌノフグリが

ふたつ寄り添って咲いている。「ここで良いですか?」

このおじぞうさまを創ったのは90歳になると言うご婦人で

今年になってお会いできてちょっとだけお話できたのだ。

「片目はもう見えないのよ。見える方も0.09なの今は

主人が調子が悪いから私が元気で居ないとね」。

確か息子さんは障害者だと聴いていた。

「もう手押し車がないと歩けないけど階段は大丈夫よ

気力で生きているからね」と階段が苦手と言った私に

勇気を下さった。何事も気力と言うのは納得のこと。

90歳までには道のりしっかりあるものね。

ここでへこたれている訳にはいきませんよ。ファイト!

オオイヌノフグリとお地蔵様

| | コメント (4)

こっちを向いて!

10月20日 (月) 晴れ

あら、こんなところで何してるの?

葉っぱの上に小さなカタツムリとツユムシがいた。

めずらしい出会いだった。「ねえ、聞いてくれる?」。

いきなりで悪いんだけどさあ、

4年前に突然病気になってね。ひどかったから

歩くのは難しいかも知れないって言われたの。

だけどね。負けるもんかって思ってね。

寝ていても痛いから、動かした方が良いと思って

リハビリの誘いに「お願いします」。と始めたの

肋骨から下は全部しびれて痛かったけど

膝から下の神経が上手く繋がっていない足で

杖をついて歩けるようになったの。

およそ1年休んでた車の運転も出来るようになって

治療の副作用で手までしびれているんだけどね。

あっそうだ顔もね。左半分が顔面麻痺だったの。

顔は見た目では治ったんだけど、しびれというおまけ付き。

もう聞きたくないよね。ごめん、ごめん。

1020

| | コメント (0)

より以前の記事一覧