入院生活

号外!!

   3月11日 (金) 晴れのち曇り

 今朝は晴れて綺麗な青空と雲が見えていた。

朝食を済ませてもう一度外を見ると山は白く

霞んで見えなくなっていた。つまんないなあ。

     ・・・それは置いといて・・・

さて、順調にリハビリが続いておりますが

明日の土曜日の午後と日曜日はリハビリは

お休みなので、私も病院はお休みと言うことで

二日とも午後の半日家に外出してきます。

時間があれば更新したいと思っております。

以上、お知らせまで。

| | コメント (2)

いろんなお仕事

   3月 8日 (火) 晴れ

 昨日は朝の雪のおどろきに始まり。

何事も変化なく終わった病院の一日。

3日の朝入院した時は全く落ち着かず血圧上昇。

点滴が徐々に体に入り始めた頃、お掃除のお姉さん

それもとっても若いお姉さんで可愛いんです。

そしたら・・・今度は病院中のカーテンの取替えの日で

若いスタッフが手早くカーテンの金具をはずし高い脚立に

登ってあっという間に「失礼しました」きゃ~早い!!

初日にはみんな忙しいさわしい日だったが自分はやる事が

無く拘束されてちょっとだけ痛い思いをしただけだった。

三日間の治療の点滴の跡が残る手が気になってはいるが

お薬の威力はすごいもので今まで以上に握力が上がった。

さあ、どこまで自分の物のできるかそれが課題である。

日曜日はお掃除もお休みだったけど昨日確認したら

制服が違い昨年の春から業者が変わったからであった。

| | コメント (4)

退院を前に

9月24日 (水) 秋晴れ

お久しぶりです。

今週の土曜日には退院します。

九月になってからあっと言う間に過ぎてしまいました。

もう少し自由に動けるまでと思ったのですが期限付きで

これ以上は気持ちの上でも限界が来そうで帰ります。

今日の秋風は少し冷たいけど・・・。

やわらかい雲が西から東へゆっくりと流れて行きます。

さっきまでボーっと眺めていました。

こんなにのんびり高い所から見られるのも数日です。

また現実に?今も現実ですけど仮の居場所ですものね。

何だか複雑な心境で、歩けないわけではないけど

こんなもんだっけなあ。元の自分を忘れてしまっています。

| | コメント (8)

窓辺の訪問者

9月10日 (水) 快晴

何となく秋めいてきた昨日の朝のこと。

やって来ました!昆虫が一匹スイッチョンかなあ?

どこを見ているのかな? あれれぇ~。

大きな後ろ足が、片方ないではありませんか。

ここが病院と知って助けて下さいと来たのでしょうか。

ごめんね、中に入れてあげられなくて。

ここまで飛んでこれたのだから仲間の所まで行けますか?

おいしいものを食べて元気でいてね。

| | コメント (10)

夜の訪問者

9月2日 (火) くもり

昨日ったらね。

早い夕食を終えて窓の外の街灯りを

ぼーっとながめていたらね。

窓ガラスにぴたっとくっつく茶色の物体あり

こんな高いところまでやって来たコカマキリさんです。

何か探しにきたのかな?

隠れる所は無いから、鳥さんに食べられてしまうよ。

素直に受けます。風花に会いに来てくれたのね。

こんなに暗いのに部屋の明るさでわかったのですね。

今度は風花が会いに行きますから待っててね。

| | コメント (4)

つばめさんのあいさつ

8月30日 (土) うんざりの雨模様

夜中の雨が子守唄になれば良かったけど

各地で集中豪雨に被害が出ているから大変です。

朝の六時近くになっても暗かったがそっとカーテンを開けた。

どんより雲の白い空を見ているとこの所見られなかったツバメさん

おや?何か伝えに来たのかな?

そんなに早い動きではモデルになる気はないみたいだしね。

みんな元気ないから、「お~い、がんばっているかい?」

それを言いにきてくれたの?こんな雨なのに。

雨が滴る電線を見ると十羽を越えるツバメさんが並んでいる。

望遠レンズに換えてもまだそのままで居てくれた。

すると、目の前に一羽が雨宿りに飛んできた!

あら、撮って良いのかな?「何か?」と小首をかしげた。

雨に濡れてたつばさがひときわ輝きを見せていた。

やっとアップで撮らせてくれましたね。

雨の日の朝。心踊りカメラを構えてハッピーでした。

| | コメント (2)

夏の終わりに

8月28日 (木) 晴れのち曇りのち雨

日が短くなって、秋の気配を感じてきましたが

昨日の外は30度を越える夏日でした。

いつものリハビリはおいといて病棟で夏まつりが行われた。

まずは水風船のヨーヨー釣り、これをオタマですくう。

次は箱からいろんなお宝を床に輪投げで景品取りだ。

あら、ジグソーパズルはクリスチャン・ラッセンだ!

やる気がなかったのに車椅子で前へ出てすぐゲット。

病院にいて、何がめでたいのかと思った時もあったけど

職員の方たちが浴衣に変身した姿にう~ん、素敵。

紅白のちょうちん、ここいらでビールで乾杯といきたいが

スイカ割りした後のスイカを食べながらいつもは飲めない

甘いりんごジュースにゼリーまであり夏まつりを味わった。

みんなの笑顔が見られて、ああ良かった。

勿論、ちょっとだけ写真も撮らせていただきました。

| | コメント (2)

夜中の涙

8月22日 (金) 飛行機雲はえる晴れ

誰のために、何のために?

誰にわかるのこの気持ち。解ってもらいたい人にも

伝わらないこの気持ち。この身体自分だって

解らないのに誰に言っても無理なこと。

にぎりこぶしを振りかざしても人をたたく訳にもいかず

ベッドの白い鉄柵を思いっきり三度たたいた。

う~ん痛い!生きているんだから痛いよ。

手が暑いよ。人をなぐると罪になるけど

柵をこわさなければ良いんだよね?ネ!

| | コメント (6)

病と闘う友へ

8月11日 (月) 晴れてるけど夕立くるかな?

『なってしまったら仕方ない』 なんてその人にしか解らない

苦しみに耐えてるあなたに泣かないでとは無理なこと

それを言う権利はないものを

泣きたい時は思いっきり泣いてと言いたいんだけど

あふれ出る涙を受け止める器も力もない私。

涙は心の汗とかっこ付けてもさらっと流せる場所もない

ひとり静かにすすり泣いてる背中。

ただそれを見てるだけしかできなくて、ごめんね。

| | コメント (4)

のんびり生活

7月31日 (木) 7月最終日の晴れ

五月から、入院生活をしていても慣れる事無く。

朝起きて、カーテンを開けてくれるのを待って

顔を洗うでもなく朝食を食べて作業のリハビリで

戻るとすぐ昼ごはん、フルーツだけは楽しみで

午後はいよいよ歩行訓練のリハビリ開始。

痛い痛いと言いながらも「良くなっていますね」。と言われ

部屋に戻り、痛いところをほぐしてもらって終了。

しばし、外をボーっと眺めて雲の流れや車の動きを見る。

ああ、こんなので良いのだろうか。

外ではみんな忙しく汗をかきながら仕事に励んでいるのに

こんなにのんびりな生活していて、余計になまってしまいそう。

身体の治療中とは言えども、普通の生活に戻れるのかな。

またもや「浦島太郎」になってしまうんだなあと思ったりして

まだ回復していないのだが、治るまでなんて甘えていないで

やっぱり、早く帰った方が健全なのかとふと思う朝であった。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧