鉄道

4月になりました。

   4月 7日 (金) 雨

 早いもので4月になってもう一週間も過ぎてしまった。

昨年はそこら中の桜が咲いて、大忙しの日々だった。

今年は3月後半になっても、寒気が激しく桜はつぼみ。

さて、そこで昨日はドクター東海さんの下り検測があり

今まで撮ったことが無いところで撮りたいと出掛けて行った。

為栗駅

秘境駅で有名な「為栗駅」が見える対岸で雨の中

しばらく待っていると、トンネルから出てきたドクターさん。

そして、間もなく鉄橋を通過する時は大きな音が響いた。

鉄橋を通過

そして、本日上り検測だったが、予想がはずれ早いお帰り

天竜峡にて

北に向かおうと準備していると、遠くで「ゴー」あれ??

急いで南へ向かって、天竜峡の駐車場に着いたとたんに

発車して行った。春まつりのテント越しで車の中から失礼。

それと、只今春の秘境駅号も運行されていて、いつも静かな

飯田線が雨模様でも、にぎわいの日であったと思うのは私だけ?

| | コメント (2)

伊那小沢駅

   3月20日 (月) 春分の日 

 昨日のことになってしまったが・・・。

カンザクラが見頃になった伊那小沢駅に

例年は列車の旅を楽しみながら行ったのだが

今年は初めて、車で主人とドライブで行った。

駅名看板

以前は漢字で鶯巣と中井侍だったような記憶があるが?

益々、漢字を忘れてしまいそうだ。

カンザクラと213系

列車の停車位置だと河津桜と一緒には撮れるが

ここは、カンザクラと合わせたいので停車前に撮った。

連休の中日とあって、見物に来る人は結構いた。

伊那路が通過するのも撮りたいと思ったが、主人とでは無し

それで、夜のキヤ95系が帰って行くのを一人待って出会えた。

ドクター東海さん

夜は久々に会えたから、良いことあるかも知れません。

| | コメント (0)

直虎号

   1月29日 (日) 晴れのち曇りのち雨

 いつものことながら、昨日のことになってしまった。

今、大河ドラマで話題の高森町にもゆかりのある

井伊直虎であるが、天竜浜名湖線ではラッピング

されている列車が運行されているのを知って「観たい!」

主人はあまり興味が無い様だったが、運行表を調べて

カモメが飛来することで、有名な佐久米駅に向かった。

着いて数分で列車が停車して、出会うことはできたが…

駅のホームは狭いので、車両全体を撮るのが結構難しい

駅を出る直虎号

ここにはカモメさんたちがエサを求めてくるのを見物にと

きている人たちが多いが、今年になって鳥インフルエンザ

の影響で、いつものエサやりの自粛をしていると言う看板が

あり、100羽以上は来ていたカモメさんの姿は数羽だった。

浜松では力を入れている直虎号、飯田線では無理かな?

少ない本数の飯田線、ラッピングがあったら乗り鉄になるかも。

| | コメント (2)

飯田線秘境駅号

   11月11日 (金) 晴れ

 昨日から、飯田線秘境駅号が運行されている。

横から見たら伊那路と同じ373系列車であるから

正面か後ろにあるヘッドマークが見えないと意味が無い。

それで、車で行ける近い駅である千代駅に行こうと決めた。

千代駅に停車

正面から撮ろうと思ったが、ホームいっぱいで線路脇には

「ここから出られませんので…」と乗務員さんが立っていた。

ここでは、私ひとりだけが列車に乗らず撮るだけなのだが

乗務員さんから「ありがとうございます」と言って頂いた。

上り列車はここで見送って、さて下り列車は何処にしようかと

唐笠駅通過

時間があるようで、行ける駅は限られているから

唐笠駅と決めて、回りの紅葉を見ながら向かったのである。

平日だからか少なかったが、明日と明後日は多いかな?

| | コメント (0)

秘境駅探検

   10月 2日 (日) 晴れのち曇り

 早いもので、もう10月も2日になってしまった。

昨日は雨の予報もあったが、雨は降らずにすんだ。

主人が突然、午後からドライブに行こうと言ったので

行ってみたいところがあると提案すると、OKが出た。

それで、ずっと興味があった天龍村の中井侍駅へ。

カーナビに案内された道は平岡駅を過ぎると急に

狭い道になり、ひたすら向かった。対向車が無くて

良かったのであるが、自分の運転ではちょっと無理。

駅のホームから飯田方面を

幅が狭いホームだが、長さはある駅であることが分かった。

ヒガンバナが咲き終わった後で、少々残念であったが

しばらくすると、ホームに213系列車が豊橋方面からやってきた。

駅から発車する213系

誰も降りず乗ることも無かったが、乗客の姿はあった。

対岸にガードレールが見えたので、皆さんはあそこから撮る

のだと思いながら、駅のすぐ近くにはトンネルがあり、以前

使われていた、もうひとつのトンネルも見えて良い探検だった。

| | コメント (2)

『無事通過』

   9月11日 (日) 晴れのち曇り

 9月9日には、JR東海のドクター、キヤ95系が帰った。

前日来たのは予定時刻より随分遅れていて見られず。

9日も、決めていた場所で撮ろうと出掛けようとしたら

「ゴー」あれっ、早い??それでダメもとで追っかけた。

天竜峡駅の手前を通過するのが、見えたので焦らずに

駐車場に車を止めて、大急ぎで向かい間に合った!!

天竜峡駅を出たキヤ95系

そして、今日は9月の秘境駅号が運行されている。

9日から12日の4日間、明日も用事があるからチャンスは

今日だけしか無かった。危うく時間を間違えそうになったが

これまた何とか間に合ったのだ。カメラを向けてから後に

列車の中の人たちに手を振ると数人が気付いてくれた。

秘境駅号通過

手を振り返してもらえてとっても嬉しかった日となった。

| | コメント (2)

ドクター東海さん

   8月11日 (木) 山の日 晴れ

 今日はカレンダーではお休みの日だが…。

我が家の面々は仕事の日である。

私も出掛けたい気持ちもあるが、のんびりしている。

そこで、一昨日のことになるが、飯田線を検測している

ドクター東海さんが帰って行くのを追っかけていた。

七久保駅手前で撮ることにして待っていると、313系の

下りの313系列車
普通列車が七久保駅に到着すると、すでに待っていた

七久保駅から上りのキヤ95系

ドクターさんが、登場するのである。ゆっくりと近づいてと

緑の中を走行する

思いきや、どんどん加速して目の前を通過するのは

あっと言う間である。後ろ姿が見えなくなるまで見送って

帰路に着くのであるが、幾つかの駅で停車するので

我が家に着いてから、ゴー!と音を響かせて帰って行った。

| | コメント (0)

初撮り飯田線

   1月 6日 (水) 曇り

 温かくてお正月気分も無いまま、あっと言う間に

気が付けば6日になってしまい今年初めてのリハビリ通院日。

数日カメラを置いたままだったが、今日は車に乗せていた。

もう間に合わないと思っていたが、撮って置きたい場所がある。

それは、飯田線の撮影ポイントである天竜峡から千代駅へ

向かう鉄橋を過ぎたところ。三遠南信道路の橋桁工事が

昨年から始まり、竹やぶが片付けられて、以前見えなかった

線路が見える様になっている場所をドクター東海(キヤ95系)

が独特な音をたてて通過して行った。千代駅は見えないが

今日はしばらく走り抜けて行く音がずっとずっと響いていた。

何だかゆっくりでもっと追いかけて行きたい衝動にかられた。

工事箇所を通過するドクターさん

川路側から橋が完成すると、どう変わってしまうのだろう。

色々な気持ちになりながら、家路に着いた午後だった。

| | コメント (0)

ゆりかもめが飛来する駅

   11月25日 (水) 曇りのち雨

 今日はいつもの通院と午後は愛車の点検があり

点検中行くところも無かったので、一時間あまり

滅多に読まない週刊誌を見ながら待って疲れた。

これは待ちつかれたではなく、読み疲れたのである。

それで、カメラもお休みなので、11月14日に訪ねた

静岡の天竜浜名湖線の佐久米駅での思い出の写真。

昨年、いいてつ倶楽部さんのブログで知り、今年2月に

初めて行ったが、この日は雨で期待のシーンは見られず

再挑戦したのである。奇しくも当日はまたも雨だった。

早目に駅に着くと、エサをもらえると思ったのか橋の向こう

から、沢山のゆりかもめさんが、ホームのすぐ近くまで来た。

そして、エサが無いと思ったら、飛び立って見えなくなった。

その後、毎日エサやりをしている地元の方がみえるとすぐに

100羽を超える鳥たちがやってきたので、色々お話を聞いて

列車の時刻まで待ち「こっちから撮ると良いに、もっとこっち」と

念願の列車が見えなくなるほどの乱舞を見ることができた。

天浜線のゆりかもめ

「いいてつさん、ありがとう!!」後で130羽は居たと聞きました。

| | コメント (4)

サプライズ

   9月 5日 (土) 晴れ

 この頃は、ずくが出なくて自分でも困ってしまう。

季節の変わり目のだるさなのかと勝手に考えている。

そんな時だが、昨日はあの場所で列車を撮りたいと

ずっと思っていて、天気はあまり良くなかったが出掛けた。

もうすぐ到着という時に線路を見ると、あれっ??

早目に来たから、まだ普通列車の時刻では無いが…。

遠くにみえるのは黄色い顔の「ドクター東海」さんであった。

車を止めて、カメラを出して、近づいてくる、行っちゃう~。

興奮の一時は過ぎてしまった。後でこう撮りたかったのに。

挑戦はまだまだ続くのである。

ドクター東海「CR2」

| | コメント (0)

より以前の記事一覧